スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鈴木隆二氏による 「サッカーのためのフットサル講習会」 

【満員御礼】
定員に達しましたので、お申込は締め切りました。
(13年7月25日17時30分)
以後のお申込メールはキャンセル待ちとなりますので、
ご了承下さい。



    フットサル元日本代表・鈴木隆二氏による
     「サッカーのためのフットサル講習会」
 ~なぜ育成年代においてフットサルが有効なのか~


 フットサル元日本代表で、現在はスペインのバルセロナで選手、指導者として活躍する鈴木隆二氏が「サッカーのためのフットサル講習会」を緊急開催!フットサルとサッカーが共に世界最高レベルにあるバルセロナ(カタルーニャ州)における育成プロジェクトを例に、なぜ育成年代においてフットサルが有効なのかを具体的データと実践メニューを用いて説明予定。当日は、講義室での講義の後、屋外コートにおいて実技を実施致します。

【日時】
2013年7月29日(月) 19:30~22:15(受付:19:15~)
第1部:講義(90分)19:30~21:00/質疑応答:21:00~21:15
第2部:実技(45分)21:30~22:15 ※講義のみの受講可

【会場】
ボンフィンフットボールパーク落合南長崎4F・5F
最寄り駅:都営大江戸線 「落合南長崎」駅直結
住所:〒171-0052 東京都豊島区南長崎4−5−20 アイテラス4F(受付)
http://www.bonfim.co.jp/ochiai/

【対象】
性別、職業を問わず18歳以上で育成に興味を持つ人(主に育成年代の指導者)

【募集人数】 
30名程度(申し込み先着順)

【主催/協賛】
株式会社アレナトーレ(主催)/株式会社BONFIM(協賛)

【申し込み方法】
参加希望の方は、お名前・年齢・職業を明記の上、 event@allenatore.jp まで、
「7/29フットサル講習会 参加希望」の件名でお申込みください。
※「迷惑メール」「ドメイン拒否指定」等を設定しているお客様はお手数ですが「@allenatore.jp」の指定受信設定をお願い致します。

【参加費】※当日、会場受付にてお支払いください
・大人 4,000円

【持ち物】
筆記用具、実技(フットサル)ができる服装、シューズ(スパイク不可

【問い合わせ】
event@allenatore.jp (担当:浜田)までメールにてお問い合わせ下さい。


フットサル講習会(鈴木隆二氏)_1  フットサル講習会(鈴木隆二氏)_2

鈴木隆二(すずき・りゅうじ) プロフィール
1979年5月7日生まれ、東京都出身。読売SC、日産FCジュニアユースを経て、ブラジルにサッカー留学。ブラジルでは、ボタフォゴFCでプレー。帰国後、駒澤大学に入学し、サッカー部に所属。大学卒業後にフットサル選手に転向し、カスカヴェウ東京、ファイルフォックス、Casa de Espanha(ブラジル)、SLベンフィカ(ポルトガル。トップチームに3ヶ月間練習参加)、府中アスレティック、ASDローマ(イタリア)、名古屋オーシャンズでプレー。2009年にスペインに渡り、RAM LEON、FUCONSA JAEN FS、SALA 5 MARTORELL(2部から1部昇格)、SANT ANDREU DE LA BARCAを経て、2013-14シーズンはSALA 5 MARTORELL(サラ・シンコ・マルトレイ)に復帰。また、バルセロナにおいてスペインサッカー協会フットサル指導者資格レベル1取得。実際に現場でスペインのAlevin(10~11歳)を指導し、カタルーニャ州2部リーグ優勝、1部昇格。その経験を日本のフットサル、サッカーに還元すべく、バルセロナではスペイン在住の日本人サッカー関係者向けにカタルーニャ・フットサル協会のカジェ会長(Jose Miguel Calle)と共に「サッカーのためのフットサル講習会」をすでに開催している。

【鈴木氏の発言抜粋】
(サッカークリニック2013年2月号より)

今年の6月にカタルーニャ・フットサル協会のカジェ会長と私で『サッカーのためのフットサル講習会』をバルセロナで活動しているサッカー関係者向けに開催させてもらいました。その一番初めにカジェ会長は「現在、カタルーニャ州で取り組んでいる育成プロジェクトの中で、少人数制サッカーはしっかりと存在している。例えば『フットサル』は、『フットボール・シンコ(5人制サッカー)』と位置づけることができ、それをベースにフットボール・シエテ(7人制サッカー)、フットボール・オンセ(11人制サッカー)というふうに発展していくことができる」とカタルーニャにおける育成プロジェクトについて説明してくれました。そして、「なぜ育成段階で5人制サッカーからスタートした方がいいのか」というメリットを具体的な例を挙げて説明してくれました。日本でも今は、「フットサルがどうやらサッカーの育成にとっても役に立つようだ」、「スペインやブラジルの有名選手は幼い頃にフットサルをやっていたらしい」という情報が飛び交っていて、それもあってサッカー界の中でもフットサルという競技が注目されていると聞きます。しかし、トレーニング方法も含めて育成の段階で5人制サッカーをやることでどういうメリット、効果があるのかという具体的な説明はあまりされていないのではないかと思います。今後、私はそういう提案をしていきたいと考えています。

(小澤一郎の「メルマガでしか書けないサッカーの話」第128号より)
2人組、3人組、また組織というのは、1たる個を確立していかないと成立しません。スペインという国にきて学んだことなのですが、1は自分の個性からなるスタイルであり、そのスタイルに関しては敵味方が誰であろうが、試合の展開がどうであろうが、監督がどうであろうが崩れない。1の個としての基礎、それがあって初めて監督やチームメイト、戦術との組み合わせからなる創造的な新しいプレーの可能性や形、臨機応変に対応する能力というもがついてくるのだと思います。



フットサル講習会(鈴木隆二氏)概要PDF(Googleドライブ)

スポンサーサイト

【若干名追加】7/14(日)欧州スカウト来日セミナー③ 「欧州スカウト直伝 タレント発掘のための“試合観戦法”」 

7/14(日)欧州スカウト来日セミナー③
「欧州スカウト直伝 タレント発掘のための“試合観戦法”」


OML Sports Management



当セミナーは定員になりましたのでお申込を締め切らせて頂きます。(7月12日9時30分)

キャンセルが出ましたので若干名の追加申し込みを受付けます。(7月13日17時)



 スペイン、バレンシアに拠点を置く欧州エージェント会社のOML Sports Managementで国際部門スカウトの責任者を務めるファクンド・エルファンド氏が緊急来日。

 アルゼンチン出身の元プロ選手、年代別のアルゼンチン代表選手としてアイマールやリケルメらと親交が深く、スカウトとしてスペイン代表のジョルディ・アルバ(バルセロナ)、ブルーノ・ソリアーノ(ビジャレアル)といったタレントの発掘と契約締結に貢献した手腕を持つ同氏が欧州エージェント会社のスカウティング法と新たなタレントを見極めるための“試合観戦法”を伝授。

 また、当セミナーまでに視察予定のJリーグ3試合とユース年代の数試合を元に、日本のサッカー環境においていかにタレントを発掘・育成していくかという提言をまとめてもらう予定です。

 尚、同セミナーを皮切りに3回のセミナーを開催致しますが、全3回にご参加頂ける方には「3,000円」、2回ご参加頂ける方には「2,000円」の割引を適用致します。奮ってご参加下さい。

【日時】
2013年7月14日(日)19:15~20:45(受付19:00~)

【会場】
ボンフィンフットボールパーク落合南長崎 
住所:〒171-0052 東京都豊島区南長崎4−5−20 アイテラス5F
最寄り駅:都営大江戸線 「落合南長崎」駅直結
http://www.bonfim.co.jp/ochiai/

【内容】
第1部:欧州エージェント会社におけるタレント発掘のメカニズム
第2部:新たなタレントを見極めるための試合観戦法と日本サッカーにおけるタレント発掘について
質疑応答

【対象】
年齢、職業を問わずサッカーに関心を持つ人

【募集人数】 
25名程度(申し込み先着順)

【主催】
株式会社アレナトーレ

【協賛】
株式会社BONFIM

【申し込み方法】※メールのみ
参加希望の方は、お名前・年齢・職業を明記の上、
event@allenatore.jp まで、「7/14セミナー③ 参加希望」の件名でお申込みください。
複数のセミナー参加をご希望の方は、
件名に「7/12セミナー①、7/13セミナー②、7/14セミナー③ 参加希望」のように、
希望するセミナーを全て明記の上、1通のメールのみでお申込下さい。

※「迷惑メール」「ドメイン拒否指定」等を設定しているお客様はお手数ですが「@allenatore.jp」の指定受信設定をお願い致します。

【参加費】※当日、会場受付にてお支払いください
・大人 5,000円 
・学生 3,000円(※学生証提示の必要あり。当日お忘れの方は学割適用できません)

【問い合わせ】
event@allenatore.jp (担当:浜田)までメールにてお問い合わせ下さい。

<演者紹介>
Facundo Elfand
ファクンド・エルファンド(Facundo Elfand)
1979年3月、ブエノスアイレス(アルゼンチン)生まれ。名門アルヘンティノス・ジュニアーズの下部組織育ちの元プロ選手。U-17アルゼンチン代表として1995年にエクアドルで開催されたFIFA U-17ワールドカップにも出場するなど、年代別のアルゼンチン代表として41試合に出場。当時からリケルメやアイマールとの親交を深くする。プロとしてはアルゼンチン2部やイタリアのセリエCなどでプレーするが、怪我もあって若くして現役を引退。引退後はスペインに渡り、バレンシアCFのコマーシャル部門で4年間勤務した後、スカウトの道に入る。2008年からバレンシア州最大のエージェント会社の一つInterstardeporteに勤務し、育成年代のタレント発掘業務に関わり、スペイン代表のジョルディ・アルバ(バルセロナ)やブルーノ・ソリアーノ(ビジャレアル)といった有望株との契約締結に大きく貢献。その手腕とタレントを見極める眼を買われる形で2010年にはOML Sports Managementへ移り、育成年代のタレント発掘業務を担う一方で、現在は国際部門のスカウトとして欧州を中心に世界中を飛び回る。拠点を置くスペインはもちろんのこと、若手の育成と売却に定評のあるポルトガルやベルギーといったリーグのクラブ関係者と太いパイプを持つなど、今後の欧州移籍市場での活躍が期待されるスカウトの一人。
参考リンク:OML Sports Managementホームページ

通訳/小澤一郎 (おざわ・いちろう)
1977年、京都府生まれ。サッカージャーナリスト。スペイン在住歴5年。日本とスペインの両国で育成年代の指導経験があり、育成や戦術のテーマを得意とする。新刊に『サッカー日本代表の育て方』(朝日新聞出版)、『日本はバルサを超えられるか』(河出書房新社)、その他の著書として『スペインサッカーの神髄』(サッカー小僧新書)、『サッカー選手の正しい売り方』(カンゼン)、訳書に『モウリーニョVSグアルディオラ』(ベースボールマガジン社)、『SHOW ME THE MONEY! ビジネスを勝利に導く FCバルセロナのマーケティング実践講座』(ソル・メディア)がある。

7/13(土)欧州スカウト来日セミナー② 「スペイン、ポルトガル、アルゼンチンにおける選手の育成と売却システム」 

7/13(土)欧州スカウト来日セミナー②
「スペイン、ポルトガル、アルゼンチンにおける選手の育成と売却システム」


OML Sports Management

 スペイン、バレンシアに拠点を置く欧州エージェント会社のOML Sports Managementで国際部門スカウトの責任者を務めるファクンド・エルファンド氏が緊急来日。

 アルゼンチン出身の元プロ選手、年代別のアルゼンチン代表選手としてアイマールやリケルメらと親交が深く、スカウトとしてスペイン代表のジョルディ・アルバ(バルセロナ)、ブルーノ・ソリアーノ(ビジャレアル)といったタレントの発掘と契約締結に貢献した手腕を持つ同氏が特に精通するスペイン、ポルトガル、アルゼンチンにおける選手の育成と売却システムを独自の視点で解説。

 「育成大国」として知られる3カ国における各クラブの特徴や育成事情はもちろんのこと、タレント発掘のためのスカウティング網やクラブにおけるエージェントの使い方、そして売却を見越した育成システムと契約の手法や表には出てこないマル秘の付帯条項など余すところなく語ってもらいます。

 尚、7/12のセミナーを皮切りにファクンド氏のセミナーを3回開催致しますが、全3回にご参加頂ける方には「3,000円」、2回ご参加頂ける方には「2,000円」の割引を適用致します。奮ってご参加下さい。


【日時】
2013年7月13日(土)14:30~16:30(受付14:15~)

【会場】
信濃町外苑ビル 会議室 
住所:〒160-0016 東京都新宿区南元町19 信濃町外苑ビル402号室)
最寄り駅:JR中央・総武線「信濃町」駅 徒歩1分
https://r3c.jp/roomreserve/room_list/shinano/info/1

【内容】
第1部:アルゼンチン(南米)における選手の育成と売却システムのトレンド
第2部:スペイン、ポルトガルにおける選手の育成と売却システムのトレンド
質疑応答

【対象】
年齢、職業を問わずサッカーに関心を持つ人

【募集人数】 
35名程度(申し込み先着順)

【主催】
株式会社アレナトーレ

【協賛】
株式会社BONFIM

【申し込み方法】※メールのみ
参加希望の方は、お名前・年齢・職業を明記の上、
event@allenatore.jp まで、「7/13セミナー② 参加希望」の件名でお申込みください。
複数のセミナー参加をご希望の方は、
件名に「7/12セミナー①、7/13セミナー②、7/14セミナー③ 参加希望」のように、
希望するセミナーを全て明記の上、1通のメールのみでお申込下さい。

※「迷惑メール」「ドメイン拒否指定」等を設定しているお客様はお手数ですが「@allenatore.jp」の指定受信設定をお願い致します。

【参加費】※当日、会場受付にてお支払いください
・大人 6,000円 
・学生 4,000円(※学生証提示の必要あり。当日お忘れの方は学割適用できません)

【問い合わせ】
event@allenatore.jp (担当:浜田)までメールにてお問い合わせ下さい。

<演者紹介>
Facundo Elfand
ファクンド・エルファンド(Facundo Elfand)
1979年3月、ブエノスアイレス(アルゼンチン)生まれ。名門アルヘンティノス・ジュニアーズの下部組織育ちの元プロ選手。U-17アルゼンチン代表として1995年にエクアドルで開催されたFIFA U-17ワールドカップにも出場するなど、年代別のアルゼンチン代表として41試合に出場。当時からリケルメやアイマールとの親交を深くする。プロとしてはアルゼンチン2部やイタリアのセリエCなどでプレーするが、怪我もあって若くして現役を引退。引退後はスペインに渡り、バレンシアCFのコマーシャル部門で4年間勤務した後、スカウトの道に入る。2008年からバレンシア州最大のエージェント会社の一つInterstardeporteに勤務し、育成年代のタレント発掘業務に関わり、スペイン代表のジョルディ・アルバ(バルセロナ)やブルーノ・ソリアーノ(ビジャレアル)といった有望株との契約締結に大きく貢献。その手腕とタレントを見極める眼を買われる形で2010年にはOML Sports Managementへ移り、育成年代のタレント発掘業務を担う一方で、現在は国際部門のスカウトとして欧州を中心に世界中を飛び回る。拠点を置くスペインはもちろんのこと、若手の育成と売却に定評のあるポルトガルやベルギーといったリーグのクラブ関係者と太いパイプを持つなど、今後の欧州移籍市場での活躍が期待されるスカウトの一人。
参考リンク:OML Sports Managementホームページ

通訳/小澤一郎 (おざわ・いちろう)
1977年、京都府生まれ。サッカージャーナリスト。スペイン在住歴5年。日本とスペインの両国で育成年代の指導経験があり、育成や戦術のテーマを得意とする。新刊に『サッカー日本代表の育て方』(朝日新聞出版)、『日本はバルサを超えられるか』(河出書房新社)、その他の著書として『スペインサッカーの神髄』(サッカー小僧新書)、『サッカー選手の正しい売り方』(カンゼン)、訳書に『モウリーニョVSグアルディオラ』(ベースボールマガジン社)、『SHOW ME THE MONEY! ビジネスを勝利に導く FCバルセロナのマーケティング実践講座』(ソル・メディア)がある。

7/12(金)欧州スカウト来日セミナー① 「欧州エージェント会社の仕事と移籍ビジネス」 

7/12(金)欧州スカウト来日セミナー①
「欧州エージェント会社の仕事と移籍ビジネス」


OML Sports Management


 スペイン、バレンシアに拠点を置く欧州エージェント会社のOML Sports Managementで国際部門スカウトの責任者を務めるファクンド・エルファンド氏が緊急来日。

 アルゼンチン出身の元プロ選手、年代別のアルゼンチン代表選手としてアイマールやリケルメらと親交が深く、スカウトとしてスペイン代表のジョルディ・アルバ(バルセロナ)、ブルーノ・ソリアーノ(ビジャレアル)といったタレントの発掘と契約締結に貢献した手腕を持つ同氏が欧州エージェント会社の仕事内容や緻密な移籍ビジネス戦略を本邦初公開。

 弊社の「組織やチームの推薦枠に関係なく、全ての人に参加機会を提供する」というコンセプトの下、今回のセミナーにおいても日頃我々がアクセスし難い欧州におけるエージェント会社や移籍ビジネスの実情を広く、多くの人に知ってもらい、「日本サッカーのレベルアップ」につながる内容に落とし込みます。

 尚、当セミナーを皮切りに3回のセミナーを開催致しますが、全3回にご参加頂ける方には「3,000円」、2回ご参加頂ける方には「2,000円」の割引を適用致します。奮ってご参加下さい。


【日時】
2013年7月12日(金)19:15~20:45(受付19:00~)

【会場】
ボンフィンフットボールパーク落合南長崎 
住所:〒171-0052 東京都豊島区南長崎4−5−20 アイテラス5F
最寄り駅:都営大江戸線 「落合南長崎」駅直結
http://www.bonfim.co.jp/ochiai/

【内容】
第1部:欧州エージェント会社の組織と仕事について
第2部:欧州エージェント会社の緻密な移籍ビジネス戦略
質疑応答

【対象】
年齢、職業を問わずサッカーに関心を持つ人

【募集人数】 
25名程度(申し込み先着順)

【主催】
株式会社アレナトーレ

【協賛】
株式会社BONFIM

【申し込み方法】※メールのみ
参加希望の方は、お名前・年齢・職業を明記の上、
event@allenatore.jp まで、「7/12セミナー① 参加希望」の件名でお申込みください。
複数のセミナー参加をご希望の方は、
件名に「7/12セミナー①、7/13セミナー②、7/14セミナー③ 参加希望」のように、
希望するセミナーを全て明記の上、1通のメールのみでお申込下さい。

※「迷惑メール」「ドメイン拒否指定」等を設定しているお客様はお手数ですが「@allenatore.jp」の指定受信設定をお願い致します。

【参加費】※当日、会場受付にてお支払いください
・大人 5,000円 
・学生 3,000円(※学生証提示の必要あり。当日お忘れの方は学割適用できません)

【問い合わせ】
event@allenatore.jp (担当:浜田)までメールにてお問い合わせ下さい。

<演者紹介>
Facundo Elfand
ファクンド・エルファンド(Facundo Elfand)
1979年3月、ブエノスアイレス(アルゼンチン)生まれ。名門アルヘンティノス・ジュニアーズの下部組織育ちの元プロ選手。U-17アルゼンチン代表として1995年にエクアドルで開催されたFIFA U-17ワールドカップにも出場するなど、年代別のアルゼンチン代表として41試合に出場。当時からリケルメやアイマールとの親交を深くする。プロとしてはアルゼンチン2部やイタリアのセリエCなどでプレーするが、怪我もあって若くして現役を引退。引退後はスペインに渡り、バレンシアCFのコマーシャル部門で4年間勤務した後、スカウトの道に入る。2008年からバレンシア州最大のエージェント会社の一つInterstardeporteに勤務し、育成年代のタレント発掘業務に関わり、スペイン代表のジョルディ・アルバ(バルセロナ)やブルーノ・ソリアーノ(ビジャレアル)といった有望株との契約締結に大きく貢献。その手腕とタレントを見極める眼を買われる形で2010年にはOML Sports Managementへ移り、育成年代のタレント発掘業務を担う一方で、現在は国際部門のスカウトとして欧州を中心に世界中を飛び回る。拠点を置くスペインはもちろんのこと、若手の育成と売却に定評のあるポルトガルやベルギーといったリーグのクラブ関係者と太いパイプを持つなど、今後の欧州移籍市場での活躍が期待されるスカウトの一人。
参考リンク:OML Sports Managementホームページ

通訳/小澤一郎 (おざわ・いちろう)
1977年、京都府生まれ。サッカージャーナリスト。スペイン在住歴5年。日本とスペインの両国で育成年代の指導経験があり、育成や戦術のテーマを得意とする。新刊に『サッカー日本代表の育て方』(朝日新聞出版)、『日本はバルサを超えられるか』(河出書房新社)、その他の著書として『スペインサッカーの神髄』(サッカー小僧新書)、『サッカー選手の正しい売り方』(カンゼン)、訳書に『モウリーニョVSグアルディオラ』(ベースボールマガジン社)、『SHOW ME THE MONEY! ビジネスを勝利に導く FCバルセロナのマーケティング実践講座』(ソル・メディア)がある。

【緊急開催】『日本はバルサを超えられるか』出版記念トークイベント 

【緊急開催】『日本はバルサを超えられるか』出版記念トークイベント
―「育成」視点でザックジャパンを語る―

【募集締切のお知らせ】
大変申し訳ございませんが、40名の枠もすでに超えてしまいました。ここからご連絡を頂いた方は、キャンセル待ちとさせて頂きます。急な告知にも拘らず、本当にありがとうございます。

また、ご都合等で不参加となられます方はご連絡を頂けるようお願い致します。

6月17日21時
トークイベント事務局


『日本はバルサを超えられるか』表紙


日本はバルサを超えられるか ---真のサッカー大国に向けて「育成」が果たすべき役割とは

村松・小澤(『日本はバルサを超えられるか』)


 2013年6月18日に発売となる村松尚登(サッカーコーチ)、小澤一郎(サッカージャーナリスト)の共著本『日本はバルサを超えられるか』(河出書房新社)の出版記念トークイベントが6月24日に開催決定。今月に入り、5大会連続となるワールドカップ(W杯)出場を決め、現地時間15日に開幕するコンフェデ杯で強豪との対戦が続くザックジャパンだが、果たして「代表ありき」の今の日本サッカーで選手たちが口にし始めている「W杯優勝」を実現できるのか?真のサッカー大国となれるのか?

このトークイベントでは、本書の軸となった「育成」視点で異なる立場で育成に精通する二人がザックジャパンを語り、日本がW杯で勝つための方法を考える。日本中が注目するコンフェデ杯の話題はもちろん、“本に書けなかった”オフレコ話や執筆・取材のエピソードも披露予定で、イベント終了後にはサイン会も実施。乞うご期待!


【日時】
2013年6月24日(月)19:00~20:30(受付18:30~)

【会場】
セシオン杉並(杉並区梅里町1-22-32) 
http://www2.city.suginami.tokyo.jp/map/detail.asp?home=H0015a
丸ノ内線「東高円寺」駅徒歩5分、または「新高円寺」駅徒歩7分

【内容】
・「育成」視点でコンフェデ杯のザックジャパンを語る
・「育成」視点で日本がW杯で勝つための方法を考える
・質疑応答
・サイン会(※会場でも若干の部数を用意します/新刊本へのサインのみとさせて頂きます)

【対象】
年齢、職業を問わずサッカーや育成に興味がある人

【募集人数】 
30名程度(申し込み先着順)
40名程度に拡大決定
→募集は締切りました(キャンセル待ちは可能)

【主催】
株式会社アレナトーレ

【協賛】
株式会社 河出書房新社、株式会社アップルシード・エージェンシー

【申し込み方法】
参加希望の方は、お名前・年齢・職業を明記の上、 event@allenatore.jp まで、
「6/24出版記念イベント参加希望」の件名でお申込みください。
※「迷惑メール」「ドメイン拒否指定」等を設定しているお客様はお手数ですが「@allenatore.jp」の指定受信設定をお願い致します。

【参加費】
1,000円 
(※当日、会場受付にてお支払いください)

【問い合わせ】
event@allenatore.jp までメールにてお問い合わせ下さい。

<演者紹介>
村松尚登(ムラマツ ナオト)
1996年スペインに渡り04年にスペインサッカー協会発行の上級コーチングライセンス取得。FCバルセロナのジュニアスクール、FCバルセロナ福岡校を経て13年3月より水戸ホーリーホックの下部組織コーチに。
村松尚登(『日本はバルサを超えられるか』)

小澤一郎 (オザワ イチロウ)
2004年にスペイン移住。バレンシアCFに関するブログが話題をよびサッカージャーナリストとしての活動を開始。指導経験もあり、帰国後は「育成」を主軸に指導者目線の戦術論やインタビューを中心に活躍。著書多数。
小澤一郎(『日本はバルサを超えられるか』)


日本はバルサを超えられるか ---真のサッカー大国に向けて「育成」が果たすべき役割とは日本はバルサを超えられるか ---真のサッカー大国に向けて「育成」が果たすべき役割とは
(2013/06/15)
村松 尚登、小澤 一郎 他

商品詳細を見る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。