スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重ねてお願いです 

OCNスポーツの件ですが、下にも述べました通り私の方からこれ以上コメントすることはありません。重ねてお願いになりますが、事態沈静化に向けて皆様もご協力下さい。

また、すでに粕谷様からも謝罪メールをもらいましたし、担当者様からは何度も事情説明を頂いております。私サイドでは対応に対する不満は一切ありませんのでどうかご理解下さい。

以上、宜しくお願いします。

小澤一郎

スポンサーサイト

OCNスポーツの記事の最終報告 

すでにOCNスポーツのサイトに掲載されております通り、最終的な事実確認がとれました。

お詫びと訂正の記事(OCNスポーツ)

単純なミスが重なったようです。担当者の方から私にも説明がありました。

事実確認をしてもらい、お詫びと訂正をしてもらった以上、私からはもうこの件についてコメントすることは何もありません。

皆様にはご心配をおかけしたかと思いますが、今後とも宜しくお願いします。

小澤一郎

OCNスポーツの記事について 

ブログに頂いたコメントで初めて知ったのですが、OCNスポーツにある粕谷秀樹さんの「スペインの勝因」というコラムが先日私が書いたブログの記事と重複していたようです。

OCNスポーツ ESPORTE 「粕谷秀樹が語る、スペインの勝因」

私自身もこのコラムを読んで目が点になりました。どうなっているのか全くわかりません。

私はゴーストライターなわけでもなるつもりもありませんので、当ブログの記事をコピペされたというしか説明のしようがありません。

一応、私の方から事情説明を求めるつもりですので何かわかりましたらまた報告させてもらいます。

ご心配頂いたみなさん、ありがとうございました。




1つ事実確認ができまして、私がいつもお世話になっている携帯サイトとは何ら関係がありません。携帯サイト側の担当者様もこの事態に困惑されております。

残念ながら「OCN」の頭文字でつながりはありますが、OCNスポーツのサイトとは全く関係ありませんのでその事実関係はここで強調させて頂きます。

私個人の問題なら別にいいんですが、読者の方、携帯サイトの方に迷惑がかかってしまっているのでやはり困りますね。また続報が入りましたらご連絡させて頂きます。尚、皆様にお願いですが今回の件であまり過剰な反応やコメントはお控え下さい。何かわかりましたら、早めに続報は入れますので。何卒宜しくお願いします。

ミカエルさんのご冥福をお祈りします。 

1月31日、以前から紹介していたシュティーリケ監督の息子さんであるミカエルさんがお亡くなりになりました。心よりご冥福をお祈り致します。

元レアル・マドリーの選手ということでレアルの公式ホームページでもお悔やみの言葉が出ています。

23歳。あまりに若すぎます…。




2008年1月9日 マルカ紙に掲載されたシュティーリケ前コートジボアール代表監督の記事
【9日のマルカ紙に掲載されたシュティーリケ前コートジボアール代表監督の記事】

アフリカ選手権前となりましたが、こんなニュースをご存知ですか?

コートジボアール代表、大会直前で監督交代

2人目の息子であるミカエルさんが5日昏睡状態となりました。生き延びるためには臓器提供(肺)しかなく、その期間も「2週間以内」と言われています。

そうした状況の中、「今はサッカーは二の次」と言って監督を退任し息子を支える決心をしたシュティーリケ監督。

そんな彼とミカエルさんのためにもコートジボアール代表には頑張ってもらいたい。

妻、2人の息子、そしてあなた共に闘うことを決めた親父(シュティーリケ監督)のためにも、
「アニモ、ミカエル!!」

アブラモビッチオーナー、ピーテルマン化!? 

モウリーニョ監督を事実上解任(?)したチェルシーのアブラモビッチオーナーが「ピーテルマン化する」とスペインでは報じらております。

つまり「オレが裏の監督として現場の実権も握る」ということ。

まあ、アブラモビッチさんがサッカー好きなのはわかりますが、もしこれが事実ならそこまでやっちゃチームは崩壊するでしょう…。それこそ、ゲームの世界ですもの…。

いずれにせよ楽しみにしていた10月3日の対戦が少し味気ないものになってしまいました。とはいえ、選手やチームとしての質は最上級。こういう時こそ現場の選手やスタッフが奮起してバレンシアで良い戦いをみせてもらいたいものです。勿論、バレンシアは相手の状況がどうであれ関係なく叩けるものは叩きます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。