スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「私がフリーのサッカーライターを辞めた訳」(後編) 永田淳氏(元フリーランス/サッカーライター) インタビュー 

小澤一郎の「メルマガでしか書けないサッカーの話」第138号(2013年04月19日配信号)より抜粋※





写真提供:サッカージャーナリスト養成講座



<前編より続き>

――永田さんもメルマガを発行していましたが、永田さんくらいにライターとしての地位を築いていても運営は厳しいものですか?

永田 長く続けていけば読者も増えたかもしれません。しかし、いざ始めてみると「クラブに迷惑をかけた」ということで、考えていた形で続けることをNGとされてしまいました。私自身が伝えたかったものができず、クラブに気を遣って出すのであれば意義がないと感じたので、支持してくださった読者の方々には申し訳なかったですが、辞めることになりました。

――永田さんはメルマガの使い方をどのように思っていますか?

永田 会社から原稿料をもらって書く場合と違い、ニーズが違って書けないものを書く場所としては適していると思います。クラブのサポーターは、応援するクラブが好きになればなるほどよりディープな情報を欲するようになると思います。ですから、その需要と供給をつなぐコンテンツになり得ます。

例えば、「試合に出ていない若手選手がどんなプレーをしていて、何を考えているか」といったことは、メジャーな媒体での掲載は難しいですが、それを求めているニッチな層も必ずいるわけですから、そういった情報を発信していくにはメルマガは適していると思います。また、文章の量をそれほど気にしなくて良いので、対象クラブに関する大量の情報を配信することができます。そういう意味で、メルマガ運営時は他の媒体を圧倒する情報を提供できていたと自負しています。

――メルマガを休刊するときには読者からの反響も大きかったのでは?

永田 関東をはじめとした遠方のサポーター、普段練習を見られない方からは残念だという声をいただきました。クラブの考え方次第でどうにでもなる部分もあるので、難しいところです。クラブからNGが出ると、それに関連して他の内容まで飛び火することもあり得ますから。

――関西のスポーツ新聞では、Jリーグの情報はどれほど露出しているのでしょうか?

永田 ガンバには毎日のように記者がいました。J1になると、毎日記者が取材していましたから、それなりに取り上げられていました。やはり代表選手がいると扱いは大きくなりますね。ただ、チームの顔となる選手以外の情報についてはほとんど出てこないのが現状です。

サッカー専門誌についても思うことですが、今はJリーグクラブのサポーターの欲求を満たす媒体が本当に少ないのではないでしょうか。書店では、自分の好きなクラブ絡みの記事だけ立ち読みして、買わずに本棚に戻してしまうという光景をよく目にします。万遍なく網羅するのは読者からすればありがたいことですが、どんどんコアになっているファンの視点とはズレがあるのかなと思います。

――永田さんが注目するJリーグライターはどなたですか?

永田 島崎(英純)さんですね。彼の記事は読んでいてすごいと思います。浦和レッズに関する記事は誰にも負けませんし、サッカーだけでなく選手の内部までかなりの事情を把握していると思います。ピッチ内外の両面であそこまで深く入り込めるのは本当にすごいことです。

――Jリーグで働いている人はそれまでもサッカーの仕事をしてきた人たちなのでしょうか?

永田 バラバラだと思います。取材していたヴィッセルは特にそうでした。社長も全く異業種の人でしたから。

――Jクラブのゴタゴタを目撃してきたと思いますが、サッカーの知識もあり経営の能力もあるという人材が不足しているのでは?

永田 選手のことを考えると、やはり知識が豊富な人にいてもらった方が安心できると思います。元選手で色々な経験を積み、良い形でそれをクラブに還元できる人材が欲しいですね。例えば、宮本恒靖さんです。彼が帰ってきたときにどういった効果が現れるのか、非常に楽しみです。それで経営が上手くいくかはまた別問題ですが、そういったことがあって成熟していくと思います。

――出向社長はどのクラブにとっても厳しいでしょう。

永田 出向社長も、本社の方で本当に優秀な人材であれば派遣されないでしょう。扱いに困る人間がサッカークラブに派遣されていると考えると、いろいろと納得できることもあります。元々サッカー経験があったり、スポーツビジネスに詳しい人物でない限り、将来の幹部候補であれば本業に近いところに置いておこうと考えられるでしょうから。

小澤一郎の「メルマガでしか書けないサッカーの話」第138号(2013年04月19日配信号)より抜粋※


スポンサーサイト

「私がフリーのサッカーライターを辞めた訳」(前編) 永田淳氏(元フリーランス/サッカーライター) インタビュー @ichiroozawa 

小澤一郎の「メルマガでしか書けないサッカーの話」第137号(2013年04月11日配信号)より抜粋※

 編集部・澤山です。今週と来週にわたり、小澤一郎による元フリーライター・永田淳氏のインタビューをお送りします。
 
 永田氏はエル・ゴラッソ契約ライター、Goal.com副編集長としての仕事を始め多くの媒体で執筆実績を持ち、私から見るといわば「売れっ子」の範疇に入る実力者に見えました。しかし、そんな永田氏が昨年10月、6年半のフリーライター生活にピリオドを打ちました。
 
 これほどの実績を持つ永田氏が、フリーライターからの引退を決意した理由は何か? その理由を聞くに、単なる出版不況だけではないさまざまな要因があることがわかり、同じフリーランスの末席を汚すものとして身につまされるものがあります。それでは、どうぞご覧ください。






(c)Ichiro Ozawa



――サッカーライターを辞めるきっかけは何だったのでしょう?

永田淳(以下、永田) 簡単に言うと、将来的なことを考えてです。子どもが生まれ、このままの状況ではどうかと考えるようになりました。もちろん、可能性は無限にある職業で、これからあらゆる方向に転がっていくことが考えられます。


 しかし、現状を見ると、目の前を生活していく分には問題ないにしても、子どもが成長してお金が必要になってくると厳しいのではないかと思いました。家族とも相談し、まずはフリーで活動することを辞め、同じような仕事をやるにしてもどこかに所属してやることにしようと話しました。

――フリーで活動し始めて何年目での決断なのでしょうか?

永田 新卒で会社に就職し、そこを辞めたのが2006年の9月なので、6年半ほどですね。キャリアとしては会社員時代から並行していた時期もあったので、それも考えるとほぼ7年でしょうか。

――「フリーランスとしてやりきった」という手応えを残して辞めるのですか?

永田 やりきった感はないですね。ワールドカップの取材もしていないので。本当にさまざまなことにチャレンジさせていただいたとは思っていますが、「やりきった」とは言えません。あくまで自分と家族の将来を考えての決断です。

――フリーランスを辞めることを考え始めたのはいつ頃ですか?

永田 一人の社会人として考えた時に、ビジネスマンとしてのスキル、経験を積んでおく必要があるという薄々感じていたことはありました。フリーランスとしての活動でももちろん成長はできるのですが、去年の春から夏くらいに、会社員としてもう一度ビジネスに関わることも考え始めていました。もう一つは家族です。家を買うにしても、フリーのままではローンを組むことも簡単ではないですし、いろいろと負担が出てくるなと。一度組んでしまえばまたフリーに戻ることもできますし、万が一私の身に何かあっても家族は暮らせるので(苦笑)。

 最終的に決めたのは去年の10月です。去年の仕事の選び方を失敗したということもあります。先方からは他と並行しながら取り組めばいいと言われていましたが、実際に始めてみると別の仕事に手が回らない時期があり、そこで今の仕事に疑問を感じ始めました。

――6年半フリーランスで働いてみて、フリーランスのメリットとデメリットを教えてください。

永田 サッカーライターという職業自体はとてつもなく面白いと思います。自分でもサッカーが好きで、見たものを選手や監督に実際に聞けて、それを人に伝えられる。これはすごく楽しいですし、経験を積めば積むほど多くの選手、関係者と知り合い、仕事の幅も広がっていきます。私は環境的にも恵まれていました。はじめはエル・ゴラッソの契約記者という形でスタートし、そこから色々と広げることができました。

 難しいと感じたところは、フリーになれば毎月収入が違うところでしょうか。独り身ならまだしも、家族を持つとそれが不安になることもあります。例えばJリーグや日本代表のアウエーに取材に行くとなると、遠征費は基本的に自腹です。今までは自分で行ってその分他のところで節約すれば済む問題でしたが、嫁には言いづらくなったりもしました(笑)。経費も自分持ちということはその分の収入も必要になるので、カバーするのは簡単ではありません。

――結婚したのはフリーになった後ですか?

永田 そうですね。フリーになってからです。2009年3月に結婚し、子どもが生まれたのが2010年11月です。

――私も去年入籍し、6月に子どもが生まれることになりました。劇的な環境の変化は私も体感しているところです。フットワークも「重くなる」とまでは言いませんが、やはり慎重にならざるを得ません。

永田 結婚しない方が良かったとは絶対にいいませんし、子どもにも恵まれて幸せです。ただ、それなりの稼ぎがなければ支えていくのは難しいと思います。

――今後の職種はどういったものになるのですか?

永田 商社に勤務します。以前働いていた会社でもう一度お世話になることになりました。

小澤一郎の「メルマガでしか書けないサッカーの話」第137号(2013年04月11日配信号)より抜粋※

「怒られまい」とプレーする子供たち 強豪・新座片山FCの現状 @ichiroozawa 

小澤一郎の「メルマガでしか書けないサッカーの話」第136号(2013年04月04日配信号)より抜粋※

 先週末に駒沢オリンピック公園で行なわれたダノンネーションズカップ2013決勝大会は、横浜F・マリノスプライマリーが優勝し、ロンドンで開催される世界大会の出場権を獲得した。決勝大会の取材には行けなかったが、24日に同会場で行なわれた東京会場予選の取材に行ってきた。

 取材目的は、『ジュニアサッカーを応援しよう!』の連載第1回で取り上げた埼玉県の街クラブ、新座片山FC少年団(以下、新座片山)の試合での様子を見るため。新座片山と言えば、周知の通り昨年8月に開催された第36回全日本少年サッカー大会で16年ぶり2度目の優勝を飾った小学生年代、第4種の「日本一」チーム。また、このご時世でも罰走、げんこつ当たり前の厳しい指導でも名を馳せるクラブだ。

 4チームによるグループリーグを難なく首位通過した新座片山だが、決勝トーナメント1回戦ではチャンスがありながらも得点できず、スコアレスドローからのPK戦で敗れてあっさり敗退したため、決勝大会進出すら叶わなかった。今大会でも新座片山のサッカーは際立っており、現代サッカーに逆行するようなロングボールとロングスローを多用するフィジカル重視のゴリゴリサッカー。

 特に、ハーフコートを超えたスローインは全てロングスローに終始し、新小学6年生にしては高身長のDFの選手を前線に上げ、その選手の頭めがけてひたすら放り込みを続けていた。確かに、この年代ではその攻撃が威力を発揮し、コーナーキックを含めてグループリーグではターゲットマンがバックヘッドですらしたボールやこぼれ球からの得点が多かったのだが、新座片山にPK勝ちしたチーム(Refino)はとにかくゴール前を固め、セカンドボールへの意識も強く何とか守りきった。

 「それもサッカーの一つ」と言ってしまえば確かにそうかもしれないが、個人的に新座片山のサッカーは「もったいない」の一言にしか映らなかった。前線にはスピード溢れるフォワードがいて、得意のドリブルのみならず決定力もある。彼の足元に丁寧なパスを付ければより怖さと厚みのある攻撃ができるところを、みすみす自陣からのロングボールでボール支配率を落としてしまう。

 ざっくり言うなら、「ちゃんとサッカーをしていれば相当強いチーム」なのだが、小学生年代で重要な「将来的ベースとなる」テクニックや戦術を度外視した場当たり的フィジカルサッカーで自分たちの能力、ポテンシャルを半減させるようなサッカーに終始していた。

 ただ、新座片山のコーチ陣からすれば、そのサッカーで昨年は街クラブながらJ下部の強豪チームを退けて日本一を獲得し、長年「強豪街クラブ」として全国に名を轟かせているだけにこの非科学的な指導法から脱却できないのであろう。実際、このダノンカップでの敗戦を受けて、代表である川原嘉雄氏が同クラブのHP上にある『鬼平「げんこつ」のつぶやき』という日記においてこのようなことを書いている。


 「ダノン、東京予選で負けてしまった。PK戦負けだが、負けは負けである。言い訳になってしまうが、今年のチーム、あまりに勝負運がない。実力はある。昨年の6年生のような絶対的エースはいないが、個々の運動能力は高い、チーム全体の力も昨年より上である。

 ところが、大事な勝負になると勝てない。新人戦の時も内容は悪くなかったが、結果、PK戦で負け、今回も試合内容は決して悪くない。こんな言い方は私らしくないが、新人戦も今回も負けた気がしない。PK戦と言え負けは負けで、結果を認めなければならないが、どうも気持ちが、不快である。あまりの運のなさに言い訳じみたことを書いてしまった。みっともない」(2013/03/26の日記、『負け神』より引用)



 続く28日の日記では、春の長距離遠征に向けてこうした内容を述べている。


 「片山が一番大事とする根性、古臭くて時代に合わない言葉だが、スポーツは最後まであきらめないで頑張ること、即ち、頑張る根性なくして勝負は勝てないである。この根性を身に付けるため、片山は練習でも、試合でも、試合の途中でも、終わった後でも、走って、走って、走りまくる。

 それを罰走と捉える保護者もいる。また訳の分らんチームの指導者も、ここぞとばかり批判している者もいる。どこが悪かったのか反省しながら走る。罰走と思いたければ、思えばいい。反省なくして成長はない。持久力も付けば、体力も付く、根性も付く、こんないい運動は他にない」(2013/03/28の日記、『うふ』より引用)



小澤一郎の「メルマガでしか書けないサッカーの話」第136号(2013年04月04日配信号)より抜粋※

【@ichiroozawa】「日本人の身体能力は低い」はあまりに安易な発想 三栖英揮フィジカルコーチ インタビュー(上) 

小澤一郎の「メルマガでしか書けないサッカーの話」第133号(2013年03月14日配信号)より抜粋※

――三栖さんの職業表記は「フィジカルコーチ」でいいのですか?
 
三栖フィジコ そうですね。日本だとフィジカルコーチというライセンスはありませんが、私はフィジカルコーチになりたくてスタートしているので、そういう考えでいます。
 
――「フィジカルコーチ」とはどういうものなのでしょう?
 
三栖フィジコ 何かをさせるというよりも、身体の準備をするための情報を与える人間です。筋力トレーニングをさせる人ではありません。スペイン語でもそうだと思いますが、フィジカルコーチとキーパーコーチは「プレパラドール(preparador)」と表現されます。例えば、ウォーミングアップを始めるタイミングなど、身体の準備をする情報をいかに与えていくかが私の仕事だと思っています。英語だとフィットネスコーチなどになりますが、サッカー圏の言語では「準備をする人間」という表現になります。
 
――日本では資格も概念自体もなく、今まで苦労もあったと思います。そういった環境の中でどのような取り組みをしてきたのでしょう?
 
三栖フィジコ 知識がなかったので、まずそこを増やそうと思いました。当時、専門書は限られていましたが、ひたすら本を読みました。他には何でも見に行きましたね。海外に行くことも考えましたが、それよりも知人のコーチから頂いたクルゼイロの育成年代のフィジカルトレーニングの資料や、当時多く出版されていたドイツの翻訳本に目を通していました。私たちが勉強しているのは、多くがアメリカのスポーツ医科学の情報です。それと比べてみても、原理原則は同じですが、方法論は全く違うものを感じました。おそらく、その国で置かれている状況の中でスポーツ医科学が発展しているので、こういった違いが出るのだと思います。それを見た時に、海外に行って学ぶよりも、今の日本の中でできることを探していかなければいけないと感じました。
 
 私はJクラブのアカデミーよりも学校体育の方に興味がありました。私自身、学校に行かないでブラジルに行ったことも影響していると思います。ブラジルの選手が何に困っているかというと、勉強ができないことです。プロまでいける選手が限られている中で、読み書きができないような選手もたくさんいました。
 
 では、日本の良さは何かと考えた時、学校の部活が整備されているところです。逆に一番不足しているのがハード面で、それはJクラブが補える範囲も限界が見えています。日本の中で一番ハード面が充実しているのは高校なので、部活を中心に見るようになりました。
 
 しかし、私自身も部活の経験がなく、周りも否定的に見る目が多くありました。それでも私は部活が日本の良い面だと考えました。なぜなら、そこにもっとスポーツサイエンスを整備する方法を探っていく方が、日本の良さがもっと伸びると考えたからです。部活の中でのフィジカルコーチというスタイルを作れば、日本全体のベースアップになると思います。
 


 

(c)Ichiro Ozawa


――専門学校で取得した資格はどのようなものですか?
 
三栖フィジコ 日本には(日本体育協会公認の)アスレティックトレーナーという資格があり、この資格は幅広い分野をカバーしますが、どちらかというとメディカルの側面が強いものです。当時トレーニング専門の資格はなく、トレーニング系はほぼ独学ですね。日本で受験ができる アメリカの団体のライセンスもありましたが、トレーニングやコンディショニングについて専門的に学べる環境は少なかったように思います。やっと少しトレーニングについて勉強する環境が整ってきたように感じます。
 
――独学で進めていくしかない中で、影響を受けた人はいますか?
 
三栖フィジコ 私にとってのフィジカルコーチは、「ブラジル人」のイメージが強いです。ただ、サッカーのフィジカルコーチはサッカーに特化しすぎていて、トレーニングやコンディショニングという専門分野から見ると少し専門的には落ちる感があります。ブラジルのコーチのイメージは持ちつつ、いろいろな人や競技も参考にしながら勉強してきました。そのためサッカーのフィジカルコーチで「この人!」というのはあまりないですね。

※つづきは小澤一郎の「メルマガでしか書けないサッカーの話」にてどうぞ!※

【一部公開】“人間的スケールアップ”を実現する福岡大のスペイン研修[ @ichiroozawa] 

小澤一郎の「メルマガでしか書けないサッカーの話」第127号(2013年01月25日配信号)より抜粋※


(c)Alberto Iranzo



 6日に行なわれた第61回全日本大学サッカー選手権大会(インカレ)では惜しくも準優勝に終わった福岡大が、新シーズンに向け1月12日から21日までの日程でスペイン研修を実施した。今回はバレンシアに住む尾崎剛士氏のコーディネイトとアテンドのお陰で、基本的には尾崎氏に任せ、途中の17日から研修の様子を視察した。無事に全日程を終了すると同時に、研修プログラム自体のレベルアップも実感できた。


 インカレ決勝の戦評について厳しい指摘をしたが、福岡大はこの4年の主要大会(総理大臣杯、インカレ)で3度のファイナリストとなり、関東、関西の強豪大学を凌ぐ「地方大学の雄」として、今や大学サッカー界で圧倒的存在感を誇る。

 今年もバレンシア市内に拠点を置くウラカン・バレンシアCF(スペイン3部)を研修先クラブとした福岡大だが、インカレで主力として活躍したMF平田拳一朗(3年/高川学園高)、MF弓崎恭平(2年/東海大五高)、FW山崎凌吾(2年/玉野光南高)、MF稲葉修土(1年/立正大淞南高)の4名がフベニール(ユース)Aとトップチームの練習に参加した。


 もう当メルマガでは何度も書いてきていることだが、「パスサッカー」の印象が強いスペインサッカーの真髄は球際の激しさ、高いプレー強度にある。これは「スペイン」という冠を取って「サッカーの真髄」そのものであり、本質であろう。

 しかし、低いプレー強度、緩いプレッシャー、実際の試合と異なる過度な数的優位オーガナイズの練習メニュー(特にポゼッション練習)によって、なかなか高いプレー強度でのプレー経験がない日本人選手の多くは、世界での戦い、海外でのプレーを経験する度に、厳しい球際、激しい当り、高いプレー強度に面食らってしまう。


 各ラインに大型選手をそろえ高さとパワーを武器に、ポゼッション化が進む日本サッカー界のスタンダードから外れた堅守速攻型のサッカーを実践する福岡大の強さの秘訣は、単に「フィジカルに優れている」のではなく、日頃の練習に実戦や世界を意識した高いプレー強度にある。


(c)Alberto Iranzo



 だが、その選手たちを持ってしても「どのチームも綺麗というか、つなぐサッカーにこだわると思っていたが、実際には勝ちにこだわるサッカーをしている」(平田拳一朗)というコメントが出て来てしまう。ただ、今回は乾眞寛監督がスケジュールの関係で選手と共に渡西できず、練習参加の様子を現地視察できなかった。そのことから、例年以上に事前の準備と働きかけに時間をかけ、今年の4戦士はスペインに入った瞬間からピッチ内外で積極的な姿勢を見せていたのだという。(私も最初の時期の様子は見ていないので、尾崎氏や選手と共に渡西した児玉コーチらの話による)


 4選手を指導したフベニールAのエメルソン・エステベ監督も、「各選手が初日から積極的な姿勢で持ち味を発揮してくれた」と高い評価を与えた。「J2以上のレベルがある」とも評されるスペイン3部で現在3位に位置するトップチームでの練習参加はスケジュールの関係で1回のみに留まったが、選手たちからは「意外にやれた」という手応えをつかむ発言も出ていた。

小澤一郎の「メルマガでしか書けないサッカーの話」第127号(2013年01月25日配信号)より抜粋※

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。