スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私が会見後の囲み取材廃止、会見での質問者の公表を提案するわけ 

2011年06月29日配信のメルマガより抜粋

 先週のメルマガに掲載したコラム「拝啓 日本のスポーツ新聞さま」の反響がツイッターを中心にちらほらあった。

 私自身、“かなり”オブラートに包んで書いたつもりだが、これまでああいった内容について書く、指摘するジャーナリストやライターの方はいなかったようで、読者の皆さんにとっては新鮮で興味深い内容になったのかなと想像している。今回、補足的に皆さんに紹介したいこと、書きたいことがあるので短くまとめる形でコラムとしてまとめたいと思う。

 今回のテーマは、私がこれまでずっと主張してきた記者会見の可視化と質問者の所属・氏名の公表に関連した取材現場での記者の姿勢について。先週のコラムで紹介した通り、スポーツナビのようなサイトで会見の全文を公開するような場合で、しかも日本の会見場では司会者から質問前に所属と氏名を名乗ることが義務付けられているにもかかわらず、記者クラブに属するメディアは「質問にも著作権がある」というよくわからない理由で所属と氏名の公表をNGとしている。

 私も偉そうに人のことを言える実力はないが、結局氏名公表にNGを出すのは自分が行なう質問内容に自信がないか、「もしかしたら低レベルな質問かもしれない」と思っているからだと想像する。

 技術的にはすでにテレビ局ではなくともUSTREAMで会見を生中継することができる以上、今後会見が可視化されていく方向にあることは間違いない。そうなれば、質問者の公表にダメだしをしているメディアとしても手の施しようがない。現に昨年のザッケローニ監督の就任会見の時、スポーツ新聞記者たちの質問やそのレベルがネットの掲示板を中心に議論の的となった。

 なぜ私が質問者の公表を熱心に訴えるかというと、結局のところ質問者がきちんと考え、質の高い質問を投げかけていくことで、会見に臨む監督や選手、メディア関係者、そしてそのやりとりを見聞きするサッカーファンのサッカーに対する見識が上がっていくと信じているから。

 私も試合後の監督会見は文字おこしに必死で質問する余裕がない時がまだあるのだが、会見場に到着すると試合内容を振り返った上で監督にポイントとなった部分や戦術的キーファクターを聞くべく質問を考えるようにしている。そういう訓練や経験を積み重ねていくことで質問のレベルも上がっていくのではないか。

 しかし日本の場合、会見後に監督の囲み、ぶらさがり取材があるため、会見が形骸化する傾向にある。私は会見後の囲み取材など非効率で時間の無駄、聞きたいことがあったら会見で聞けばいい、と考えているので二重取材は絶対に行なわないスタンスを貫いているのだが、会見場は「早く終わらせろ」という雰囲気が漂っている。だから、私は早く会見後には囲み取材を開きませんとはっきり言うJクラブや広報、監督が増えてほしいと願っている。

 スペインでも監督会見後に、監督がラジオ番組のインタビューに対応することはあるが、記者団が囲んでぶらさがるような形式にはならない。そんなことをしようものなら、広報担当者から「聞きたいことがあれば会見で質問しなさい」と言われるのがオチ。

 その意味でスペインや欧州での会見というのは会見に来る監督のみならず、質問したり出席する記者団もプロフェッショナルで意識が高い。スペインの場合、試合後の会見もテレビやラジオで生中継されていることが多いので、記者の中にも「見られている」という意識があり、低レベルな質問をしようものなら多くの視聴者、リスナーに恥をさらす結果となる。その緊張感こそが、鋭い質問を生み出し、会見をエンターテイメントに仕上げている。

続きはメルマガ本文にて!

スポンサーサイト

「宇都宮徹壱さん、メルマガってぶっちゃけどうなんですか?」(上) 

2011年04月27日配信のメルマガより抜粋

宇都宮 小澤さんは育成に特化したメルマガをやっておられますが、育成というテーマはここ4~5年ぐらい非常にクローズアップされてきたと思います。これは時代の必然でもあるでしょうし、一方で紙媒体で育成専門をやっているのは『サッカークリニック』『サッカー小僧』ぐらいで、実はそう多くはないですよね。

小澤 そうですね、なかなか扱いにくい部分があります。僕はスペインに住んでいましたが、育成現場の記事が出るかというとまったく出ないんです。

――出ないんですね。

小澤 昨年の秋頃にスペインで取材したとき、A代表とU-21代表が隣同士で練習をしていて。A代表を見たあとでU-21代表を見ると、リーガでもトップレベルの選手が多いんですよ。GKのデ・ヘア(アトレティコ・マドリード)とか、バルサの選手とか、それなりに有名な選手がいる。日本でならすごく話題になるメンツなのに、記者は僕を含めて3人しかいませんでした。カメラクルーも1脚あるかないか。

――それは意外です。

小澤 結局「トップに残らないと注目してもらえない」ってことなんですね。ある意味健全なことで、「注目してもらいたいならあそこまで行け」という環境なんです。そういう意味で、育成をピックアップして、メルマガ含めたメディアに彼らをフォーカスして良いのかという気持ちはあります。

 ただ自分の書き手としてのスタンスは、「ヨーロッパに追いつけ」ではなく「追い越せ」です。いかに彼らに勝って日本サッカーが強くなり、産業として大きくなるか。僕自身そうですが、サッカーを通じてどれだけ多くの人の人生が豊かになるのか、ということを求めているので、何をやろうかと思ったときに「育成しかないな」と。

――なるほど。

小澤 なぜ「育成しかない」かというと、プロになってからでは遅い意識や習慣の部分が多々あるからです。サッカー選手という職業や人生を見たとき、日本の育成現場で行なわれていることがマイナスになっている部分もあって、彼らがサッカーを辞めたときにオール・オア・ナッシングになりかねない。月給10万や20万で食いつながないといけないプロ選手が、現にいるわけですよね。そういうところを変えていかないと、日本社会におけるサッカーの位置づけが高まらない。

 例えば中学・高校年代のサッカー少年が日頃からJリーグやA代表の試合をスタンドで見る文化ができれば、Jリーグの動員がこれほど伸び悩むことはないのでは、と思います。そのあたりを踏まえて、育成を取り組んでいるつもりです。

続きはメルマガ本文にて!

今週号はこれ!>「エージェントの重要性を考える」 

2011年02月23日配信のメルマガより ※

 『小澤一郎の「メルマガでしか書けないサッカーの話」』編集部のSです。本日21:00頃、表題記事を配信いたします。

 今週号は野村豊幸さん(日本サッカー協会認定選手エージェント)らにご登場いただき、「エージェントの重要性を考える」と題して日本におけるエージェントの現状に鋭く斬り込んでいただいています。総文字数は13,800字強! 先週に引き続き、必見の内容となっています。

 また、他媒体の掲載情報は以下の通り。本文の抜粋は、明日以降にお届けいたします。どうぞお楽しみに!


●週刊サッカーダイジェスト 2月22日発売
・JFAアカデミー福島潜入レポート「アカデミーのいま」

http://www.nsks.com/ssd/4195/

●フットボールサミット第2回 2月21日発売
・中田英寿とメディア

http://www.kanzen.jp/book/b75873.html

●サッカーダイジェスト テクニカルVol.2
・JFAアカデミー完全ガイド(98、99P)

http://www.nsks.com/mook/4075/

●サッカーを読む!Jマガ 携帯サイト
連載コラムスタート(毎週土曜日更新予定)
・育て損にならないためのクラブ経営を考える【小澤一郎】

http://jmaga.net/?eid=295

●サッカークリニック3月号 2月5日発売
・ルイス・ガルシア監督(レバンテUD)インタビュー

http://www.sportsclick.jp/magazine/soccerclinic/new/index.html

●footies! vol.12(フリーペーパー)
・高校サッカー選手権大会総括
・ゼムノビッチの視点
・Jユース卒業生(仙石廉×指宿洋史)が「選手権」に見ていたもの

http://www.spo-mane.com/contents/footies.html

●欧州サッカー批評03 1月22日発売
・リーガ・エスパニョーラ 世界最先端の攻撃トレンド
・ウナイ・エメリ監督(バレンシア)、ガリード監督(ビジャレアル)インタビュー翻訳
http://www.futabasha.co.jp/booksdb/book/bookview/978-4-575-45207-5.html

『スペインサッカーの神髄』(サッカー小僧新書) 

よくよく考えたら、当ブログで本帰国をお伝えしておりませんでした(汗)

わたくし小澤一郎は、2010年3月に日本に戻りました。
今後はサッカージャーナリストとして日本を拠点に活動してきいます。

スペインサッカーの神髄

さて、本日5月21日(金)に『スペインサッカーの神髄』という新書が発売となりました。
スペイン、バレンシアでのサッカーライフの集大成として精力的に取材に出向き、
育成に定評ある各クラブの育成ディレクター(部長)クラスの話をまとめたものです。

『スペインサッカーの神髄』(サッカー小僧新書)/白夜書房での紹介サイト

『スペインサッカーの神髄』(サッカー小僧新書)/Amazon.co.jpのページ

よかったらお手にとってみて下さい!

twitter 

twitterを始めました。

小澤一郎(Ichiro Ozawa)のアカウント(ichiroozawa)

ブログの頻繁な更新はできない日常ですが、
twitterなら気軽に情報発信できそう、ということで。

リーガやバレンシアの気になるニュースにつぶやいてみたり、
私が今どんな仕事(取材)をしているのかを報告してみたり。

よかったらフォローしてみて下さい。
右下にプラグインでエントリー表示を入れておきました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。