スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本語訳 「仏戦後スペイン代表選手のコメント」 



それでは、日本語訳で答え合わせ♪




トーレスのコメント(見出し)発音例

Pido, por favor, que nos den una oportunidad más.

「お願いだから、もう1度僕達にチャンスをくれ」

pido: pedir「頼む、求める」の1人称単数

den: dar「与える」の接続法、3人称複数

oportunidad: 「機会、チャンス」




PERNíA(ペルニア)のコメント発音例

Los goles llegaron en el peor momento posible... y fuera.

「ゴールを最悪な時間帯に取られてしまった… そしてW杯敗退」

llegaron: llegar「到着する、やって来る」の点過去、3人称複数

fuera: 「外、アウト」
カシージャスなんかがよく「fuera!」と言ってますが、あれは、「クリア!」の意味




CESC(セスク)のコメント発音例

Me vuelvo a ir como perdedor... estamos destrozados.

「また負け犬だ…(CL決勝で負けたことに加えて) 僕達はかなり打ちのめされている」

Me vuelvo: volverse(再帰動詞)「~になる」の1人称単数

ir: 「行く」の原形

perdedor: 「負ける人」 個人的にここは、「負けイヌ」と訳します。

destrozado: 「打ちのめされた、凹んだ」




XAVI ALONSO(チャビ・アロンソ)発音例

Si nos hubiésemos ido con 1-0 al descanso... toto hubiera cambiado.

「もし1-0のまま前半を終わっていたら、全ては変わっていただろう(前半終了間際の失点が非常に痛かった)」

Si: 「もし」 英語なら「If」

descanso: 「ハーフタイム」

※この構文は上級なので説明は省きます。




PUYOL(プジョル)のコメント発音例

Los sentimos por los aficionados, no merecimos perder.

「ファンに申し訳ない。僕らは負けるに値しないチームだった」

sentimos: sentar「残念に思う、感じる」の1人称複数 ここは「ファンに申し訳ない」という意味

aficionados: 「ファン」

merecimos: merecer「値する」の1人称複数

perder: 「負ける」




TORRESトーレスのコメント発音例

Llegaremos bien al próximo Mundial.

「次のW杯はすごく良いチームになるはずだ(まだまだ若いと言いたい模様)」

Llegaremos: llegar「到達する」の未来形、1人称複数

bien: 英語なら「good」 スペインに来たら、「Hola」と「bien」を連発しておけば大丈夫!?

mundial: 「W杯」




VILLA(ビジャ)のコメント発音例

Sabíamos que el partido se decidiría en un detalle.

「試合がほんの些細なことで決まるのはわかっていたのに…(FKで点を取られてしまった)」

Sabíamos: saber「知る、わかる」の線過去、1人称複数

partido: 「試合」

se decidiría: decidirse「決まる」の線過去、3人称単数

detalle: 「ディテール」この場合、「FKやセットプレーといった細かなプレー」という意味




CASILLAS(カシージャス)のコメント発音例

No sé qué se puede hacer; otra vez fuera.

「どうすればいいのかわからない。またW杯敗退だ」

sé: saber「知る、わかる」の1人称単数

hacer: 「する」

otra vez: 「また」




RAÚL(ラウル)のコメント発音例

Hemos vuelto a no saber competir y nos vamos a casa.

「やはり本当の戦いを知らなかったんだ。W杯敗退だ」

Hemos: haber 現在完了形の1人称複数

vuelto: volver「戻る」の過去分詞

competir: 「争う」

casa: 「家」 ちなみに、「カサブランカ(casa blanca)」は「ホワイトハウス(=白い家)」の意味 スペイン語ですね、はい



banner_02.gif

W杯期間の目標はトップ10入り。ご協力下さい↓

スポンサーサイト

スペイン語講座 「仏戦後スペイン代表選手のコメント」 



■新企画

フランス戦後の選手のコメントからスペイン語のお勉強!今回は、音声ファイルで発音例をつけました。

まずは、日本語翻訳なしでどういうコメントをしているか考えましょう!(後程、日本語訳、単語や若干の文法説明を入れます)

映像にあるマルカ紙掲載のコメントを題材に使っております。




※発音例をクリックすればmp3音声ファイルで発音例が聞けます

トーレスのコメント(見出し)発音例

Pido, por favor, que nos den una oportunidad más.


PERNíA(ペルニア)のコメント発音例

Los goles llegaron en el peor momento posible... y fuera.


CESC(セスク)のコメント発音例

Me vuelvo a ir como perdedor... estamos destrozados.


XAVI ALONSO(チャビ・アロンソ)発音例

Si nos hubiésemos ido con 1-0 al descanso... toto hubiera cambiado.


PUYOL(プジョル)のコメント発音例

Los sentimos por los aficionados, no merecimos perder.


TORRESトーレスのコメント発音例

Llegaremos bien al próximo Mundial.


VILLA(ビジャ)のコメント発音例

Sabíamos que el partido se decidiría en un detalle.


CASILLAS(カシージャス)のコメント発音例

No sé qué se puede hacer; otra vez fuera.


RAÚL(ラウル)のコメント発音例

Hemos vuelto a no saber competir y nos vamos a casa.




banner_02.gif

W杯期間の目標はトップ10入り。ご協力下さい↓

スペイン語講座 「アルベルダの会見No.2」 



スペイン語講座 「アルベルダNo.2」

バレンシアCF スペイン代表 ダビド・アルベルダの会見より




【質問】

-バレンシアCFのキャプテンとして、(今夏の日本ツアーがあるなら)日本に行きたいですか?


【アルベルダの回答】

Japón,,, pues mira,

日本か、、、えーと…

supongo que tendría que decirte que sí.

あなた(日本のメディア)には「はい」と言わなきゃいけないんだろうね。

(場内、苦笑)

Pero, tenemos una mala experiencia del año que fuimos a Japón porque realmente la temporada nos dio mal.

でも、チームは(2年前に)日本に行った年に苦い経験をしている。なぜなら、その後のシーズンが酷かったから。

Muchos de entre ellos y yo pensamos que era por este tema (la gira de Japón), por no preparar bien la pretemporada,no?

実際に行った選手の大半や私もその原因(不調だったシーズン)は、そのテーマ(日本ツアー)、プレシーズンにしっかり準備しなかったのが原因だと考えている。




如何でしたか、バレンシアの“頭脳”、キャプテン、アルベルダのスペイン語は?今回は聞き取りやすかったのではないでしょうか。

彼はバレンシア生まれ。よって、バレンシア語(スペイン語とは違う)も話します。

バレンシア人の記者から質問されればバレンシア語で、カステジャーノ(スペイン語)の記者から質問されればスペイン語で回答します。

自分自身で、

「私はとても頭脳明晰だ」

というくらい、自慢ではなく本当に頭がいいのです。

W杯に向けての抱負も、

「冷静な頭と熱いハートでプレーしたい」

と言っておりましたよ。

この会見の様子をみてもらえれば、おわかりの通り、本当に前回の日本ツアーは彼やチームにとって苦い(酷い)経験だったのでしょう。それによって、シーズンを棒に振ってしまったと振り返るくらいですから。

3位に終わり、日本ツアーはなくなりましたが、内心は喜んでいるでしょう。というか、私はアジアツアーをしたくないからわざと3位に転がり込んだと今でも確信しております。(恨み節)

いずれにせよ、バレンシアにとっても、スペイン代表にとっても、ピボーテ(ボランチ)としてのアルベルダは欠かせない存在。2度目となるW杯で代表としてのタイトルが獲れるかどうか。

「ここ数年のバレンシアをみてもらいたい。レアル・マドリッドやバルセロナと競いながらもタイトルを獲っている。常にそういったビッグクラブやブラジルが勝つわけではない」

バレンシアでそれを実証したアルベルダが、スペイン代表でも実証できるのか。期待したいところですね。




ほぼ日刊「小澤的リーガ論」
※ライター小澤の独り言…

【スペイン代表】

■バレンシアステージ開始

28日(日)は1日オフを取ったスペイン代表が、次の合宿地に使うのがバレンシアのカルデローナ。市内近郊にあるこの宿泊施設には、天然芝のグランドは勿論、温浴施設(スパ)、ミニゴルフ場、トレーニングジム等々、全てが完璧にあるリッチな施設である。

国内最終調整の場として、家族も呼べる複合施設をアラゴネス監督は選択した。W杯前からほぼ缶詰になる選手とっては家族と過ごす最後の貴重な時間となるかもしれない。


■実は20試合負けなし

“ゴール欠乏症”に悩むルイス・アラゴネス監督のスペイン代表であるが、実は就任後、20試合負けなし。ユーロ2004でポルトガルに敗退して以来、負けがないのも事実。

これはクレメンテ監督(現ビルバオ監督)が率いていた時のスペイン代表に次ぐ成績。まさに、“無敵艦隊”は健在といえる数字か?


■ペルニアorカプテビジャ

デル・オルノのW杯行き(怪我の状態)の最終判断が本日中にも下される。

既に、彼の代わりにペルニア(ヘタフェ)かカプテビジャ(デポルティボ)のどちらかが追加召集されることになるが、多くの国民から「ペルニア」の声が挙がっている。

ただ、私の推測は、カプテビジャ。アラゴネス監督の頑固さと一貫して、「使ってきた選手をW杯でも使う」と発言してきただけに、安易にペルニアを呼ぶことはできないのでは?と考えている。


【バレンシア】

■ビジャ・モリエンテスの2トップ

早くもこの2トップに期待が集まっている。「モリエンテスは素晴らしい選手。間違いなくチームに貢献してくれるだろう。彼のような選手が来てくれることは大歓迎だ」とビジャ。

「ビジャは既にその才能をみせつけている。私は既に彼と代表でプレーしているし、彼とのコンビを組むことはたやすいことだ」とモリエンテス。

タイプの違うFWだけにうまくかみ合えば面白い、相手にとっては脅威の2トップになるだろう。モリエンテスは今週中に入団発表を行う予定。


■キケ監督の決意

シーズン終了後の彼のコメントを聞く限り、来季に向け相当な決意があるようだ。自信も持っている。

本人は、「改革」とは呼びたくないらしいが、「これまでのシーズンとは全く違うバレンシアにしたい」とのことだ。以前にも話したが、昨季は色々な面で上手くコントロールしながらチームを調整していたのだろう。正直、ベニテスが去ってからもまだ彼の遺産を食い潰しながら戦っている感があった。それを払拭して、一気に“キケ色”に染めたバレンシアにしたいのだろう。

恐らく、在籍しているビッグネームも彼が「要らない」となればばっさり切られるだろう。今後、驚きもあるだろう。2年目のキケ監督は、まさに本気モードだ。


【ビジャレアル】

■カニの発言に注目

今週中にはカニの入団発表が行われる。それ以上に注目すべきは、彼がサラゴサを去る覚悟を決めた理由を語るかどうかであろう。サラゴサ新会長に、「カニが自分で契約の白紙を望んだ」と言われ、悪者扱いされている彼がどう反論するのか。

少なくとも、カンテラ(下部組織)からトップチームに上がり、キャプテンまで務めた男が単純にお金のためだけに育ったクラブを去るとは考えにくいのだが…


【バルセロナ】

■ランパード?C.ロナウド?

獲得すべきはFWだが、さすがはビッグクラブ。毎日、新たな選手の名前が浮上してくる。

今年もイングランド代表、チェルシー所属のフランク・ランパードの名前が挙がってきた。そして、マンU、ポルトガル代表のクリスティアーノ・ロナウドも。

今夏の移籍市場では静かな動きをみせると思いきや、周りはそうはさせてはくれないようだ。やはりビッグクラブからのネタがなければ、明日の新聞も作れない…


【デポルティボ・ラコルーニャ】

■ビクトール退団へ

右サイドのビクトールが退団するようだ。ここ数年のパフォーマンスをみる限り、確かに年俸ダウンの契約提示は致し方あるまい。

精度の高いクロスとあの鋭い切り替えしはそう簡単に錆付くものでもないだろうから、新天地で心機一転すればまた活躍してくれるであろう。

さて、どのチームが彼を狙うのか?


【アトレティコ・マドリッド】

■フロント職一新

スポーツ・ディレクター職にガルシア・ピタルチ氏、下部組織ディレクター職にアモルトゥ氏の就任を発表。アモルトゥ氏は元レアル・ソシエダ監督でビルバオ下部組織のコーディネーターを務めていた人物である。

監督のみならず、フロント内も顔ぶれを一新。これによって、どういう変化があるのか。ピタルチは、数年前までバレンシアのフロント職を務めていた人物でベニテスと仲違いをしバレンシアを去った。(その後、スビラッツ氏が就任)

移籍市場で活発に動いているアトレティコだけに今後の彼らの活躍が期待される。次のターゲットに、コスティーニャ(ポルトガル代表)、セイタリディス(ギリシャ代表)がピックアップされている模様。


【2部B】

■試合直前に監督解任

びっくりするニュースである。試合開始直前、既にメンバー発表がなされている状況で試合前に監督が解任されるという事件が起こった。

事件は2部Bに属するベニドロームというチーム内でのこと。元バルサの選手だったというペドラサ監督が試合開始前に会長より解任を言い渡された。

なぜか?

実はこの日の試合は、ベニドロームvsバルセロナB。バルセロナBは昇格のためのプレーオフを賭けてこの試合での勝利が必要だった。一方のベニドロームにとってはは既にプレーオフに出場する権利がない順位であり、いわば“消化試合”。

よって、この試合前に噂されていたのが、

「ベニドロームがバルサBに勝利をプレゼントするぞ(=八百長疑惑)」

ということ。ましてや、監督は元バルサの選手であり疑いは強かった。

そんな噂を聞いていた会長は数日前から「そんなことがあってはならん。もしそうなら即刻監督を首にする」と決め込んでいたらしい。

そして、試合前のメンバー発表。

そのメンバーをみて、会長は「解任じゃー」とその場で監督を首にした。

果たして事実はいかに??

試合結果は、ベニドロームが2-0で勝利… バルセロナBはプレーオフ出場とはならなかった。これが事実。

スペインでは、この手の話しもリーグ終盤多い。「Prima(プリマ)」という単語で、「ボーナス(八百長のお金)」という意味の言葉が紙面を飾る。記者からの質問も頻繁に飛ぶ。

真実は誰もわからない…




banner_02.gif

当ブログ(メディア)に賛同される方はこちらに1票投票下さい↓

スペイン語講座 「アルベルダの会見No.1」 




2006/05/10 バレンシアCF スペイン代表 ダビド・アルベルダの会見の様子




本日は、バレンシアCFキャプテンで、ドイツW杯スペイン代表にも選出されている、アルベルダの会見の様子をお伝えする。

実際問題、この会見でもそうだが、彼のスペイン語を正確に聞き取ることは非常に難しい。実は、この会見のコメントはスペイン人に協力してもらいおこしたものだ。

そのスペイン人が約10回程「もう1度聞き取らせてくれ」と言っていたのだから、その難易度はおわかり頂けると思う。(その友達は、「これは良い教材にはならないぜ」と捨て台詞をはいていた…)

ただ、せっかくの機会であるから、彼の生の肉声をお聞き頂きたい。




【質問】
-アイマールの代表入りについて

(この時期は、まだW杯メンバー発表前で、“アイマールがアルゼンチン代表入り”するかどうかに注目が集まっていた。その状況で、記者よりアイマールに関する質問が飛んだ)

【アルベルダの回答】

Pablo yo creo que de cara al exterior transmite pocos sabemos lo que piensa, realmente, no?

パブロは、外の顔は彼が考えていることを少ししか表していないと思う、実際そうじゃないかな?(=アイマールの本音は他人が知りえることではないという趣旨)


Porque no es demasiado abierto, pero tiene una personalidad muy fuerte y asume bien cualquier decisión.

なぜなら、そうオープン(な性格)ではないから。ただ、芯のある強い性格だし、どんな決定にも従う人格者だ。


Como el resto de mis compañeros de la selección española,que están ahí, yo tambien creo que Aimar tiene que ir por las cualidades que tiene,

バレンシアで共にプレーしているスペイン代表の同僚(=バラハ、ビセンテ、マルチェナ)と同じで、私はアイマールは彼が持っている選手としての質からしてW杯に行くべきだと思っている。


porque tiene cosas que pocos jugadores en el mundo tienen, no?

なぜなら、世界のサッカー選手で彼のような特徴を持つ選手がたくさんいるかい?(いないよね?)


Otra cosa después, si se va a usar , si va a jugar o no va a jugar,

その後に、監督が彼を使うのか、プレーするのかしないのかがある。


pero, las listas son de 23 jugadores, y lo mas normal es que Pablo tuviera cabida.

でも、(アルゼンチン代表の)23人のリストの中にパブロのスペースがあって然るべきだ。


Pero tampoco sé demasiado del tema de la selección argentina,no?

ただ、私自身あまりアルゼンチン代表についてのテーマを知らないことも事実で、話すべき人間でもないと思うが、どうかな?




banner_02.gif

当ブログ(メディア)に賛同される方はこちらに1票投票下さい↓

スペイン語講座 スタート 




新企画 「スペイン語講座」スタート!




リーガ・エスパニョーラ、スペインサッカー好きの方の中で、「スペイン語を勉強しています」という人は多いはず。

そんな人達の為に、生きたスペイン語をお届けします。

初回は、既に公開しましたが、先日のアイマールのコメントで聞き取りやすい部分を使わせて頂きたいと思います。




バレンシアCF アルゼンチン代表 パブロ・アイマールのコメント


【質問】
Desde la distancia, ¿cómo ves el partido hoy en Pamplona?

(距離は離れていますが、今日のパンプローナでの試合をどうみますか?)

【アイマール】
Espero que Valencia gane, que no gane Real Madrid, que quede segund equipo, que sería gran temporada.

(バレンシアが勝って、レアル・マドリッドが勝たなくて、2位に終われば、素晴らしいシーズンになるね)


【質問】
Imagino que te hubiera gustado estar un partido tan importante.

(こんな大切な試合に出たくないはずがないと思うのですが?)

Sí, pero cuando uno no está bien, no tiene que ir, arriesgar, ni hacer cosas que no van a beneficiar al equipo.

(勿論、でも、状態が良くないなら、(試合に)行く必要も、リスクを冒す必要もない。チームに貢献できないなら無理をする必要はない)


スペイン留学、バレンシア留学ならこの学校がお薦め↓
バレンシアの語学学校紹介(日本語代行サイト)



banner_02.gif

当ブログ(メディア)に賛同される方はこちらに1票投票下さい↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。