スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペクタクル!な選手たち 

スペイン中を感動、震撼、爆笑、涙させたのが優勝決定後のこの映像。今大会を放映した『クアトロ』(民放TV局)で何と生中継にこんなことが起こってました。ほんと、私も笑いすぎて泣きました…。

そして、我らがビジャ!!マラビージャ!!最高でしたよ、完全に酔っ払いですから…(爆)

シャンパンを浴びているアナウンサー、ファンマはアストゥリア出身。大会前からビジャと共にスポルティングの昇格を願うなど大会中に親交を深めたアナなんです。

普段みれないようなビジャの愛らしい姿、是非ご覧下さい。実はこういう奴なんですよ、ビジャって。インタビューとか会見では素っ気ないですけどね。でも、ビジャ、あんた、、、ケガして決勝欠場してたよね?そんなに飛び跳ねて大丈夫だったのか?

そして、スペイン代表選手たちの裸体(パンツ姿)もお楽しみ下さい。(グイサにはヒヤヒヤしましたが…)


スポンサーサイト

グラシアス、アラゴネス爺 

スペイン代表が凱旋帰国した30日、飛行機の中で選手たちは「ミステル(監督)がいないなら俺らは代表に戻らない」と大合唱したそうな。

30日、マドリードのコロン広場で行われた優勝セレモニーでマイクを握ったカシージャスは「Luis Aragones~♪」とコールをかけ、「Luis, quedate(ルイス、残ってくれ)」の先導役にもなった。カシージャスのみならず、選手はマイクを握る度にルイスへの感謝を述べてます。

決勝での表彰式後、選手とは別の階段でひっそりロッカールームに引き上げたアラゴネス爺を呼びにいったのはプジョルだったそうな。トロフィーを受け取ったばかり、歓喜を爆発させていたチームの中で「ルイスがいないぞ」と気づけるプジョルもプジョル。そういえば、プジョルは「ルイスのために優勝したい。彼はそれに値する」と決勝前日に泣かせるコメントをしてたっけ。ほんと、プジョルの男気にも涙が出るが、プジョルをここまで本気にさせるルイスもルイスだ。

1日、『マルカ』紙の取材を受けるためにマドリードマルカ本社に姿をみせたルイスには2分近く拍手が鳴り止まなかったという。そこでルイスは「もうやめてくれ。そんなことをされたら感極まるじゃないか。批判に耐える方がまだましだ」と返したそうな。

ただ、個人的に一番泣かされたのがその『マルカ』紙でのインタビュー内容。

-優勝後、「あの選手を連れて行ってやりたかったな」と思ったのでは?

「そう、2、3人の名前が思い浮かんだ。タムード、アルベルダ…。アルベルダは戦術的にパーフェクトな選手だ。スピードがないと思われがちだが、戦術的な点からすれば本当にパーフェクトな選手なんだ」



よくわかりましたよ、この監督がなぜこれほどまでに選手から愛されるのか。もちろん、嫌う選手もいるんですけどね、エルゲラとかみたいに(笑)。

ちなみに、スペインでは「クーマンありがとう。お前がアルベルダにあんな仕打ちをしてくれたお陰でマルコス・セナが今回のメンバーに入った」みたいな記事書いてる記者いるんですよ。ほんと、わかってないしスペイン人らしい。「ラウルを選ばなくて正解だった」とか今頃言ってる人と変わらないですからね。そうじゃないでしょう、と。アルベルダやラウルがいたからこそ、今回の代表、成功があるわけでアラゴネス爺も今回の選手たちも絶対に今まで貢献してくれメンバーに入れなかった選手たちに感謝している。その責任感が彼らをここまでの“チーム”にしたんですから。

まず、そこをしっかり評価してあげないとダメでしょう、スペイン人たちよ!(まあ、愚痴になるからこれ以上はやめときます)


また、自分が選んだ選手はとことんまで信頼し抜くんですよ、この人。だから、

-マルチェナもよかったですね?

「素晴らしかったよ。彼はいいディフェンスをするのみならず、インターセプトも上手い。彼への批判もあったが、わしとプジョルは全く理解できなかった」



とか言えちゃう。自分は携帯サイトのコラムでも書いてましたが、大会直前のスペインDFをみて「悪くない」と思っていた。余計なオフサイドトラップがなくなっていたので、「ああ、一発勝負の大会用にアレンジしているな。ドイツW杯の敗戦、反省を活かしているな」と思った。

また、普通にサッカーみれる人ならペルー戦でのマルチェナのクリアミスって連携ミスであって個人のミスではない。あれはカシージャスのコーチングが遅かったせいでもある。そこをみれない(多分、イケルだから批判できない)でマルチェナばかりに批判を向けるスペインのマスコミにも失笑してましたし、昨年のバレンシアでの精神的な強さをみていたから自分はマルチェナに期待してました。

してやったり、マルチェナ!

でも、一番マルチェナに期待していたのはアラゴネス爺であり、その期待に応えようとマルチェナも奮闘した。人が信頼、期待し合うことの大切さを教わりましたよ。

そんな偉大な名将、アラゴネス爺ですが、スペイン国内ではマスコミもファンも「ありがとう」の言葉がかけられない。今更「続投を!」なんて言う勇気も人間的な器もない。

例えば戦術や采配を批判してきたならいいですが、彼らは人間性とか監督としての資質を侮辱してきた。だから、今更「ごめんなさい」も「ありがとう」も言えないんですよね。

だって、「カシージャスを生んだ母なる通り」を作ろう!って運動が起こっているのに、アラゴネス爺の銅像を作ろうなんて声が1つもないのはおかしいでしょう!?ヒディングなんて韓国でも(恐らくロシアでも?)作られてるじゃないですか。

ということで、自分は予選の苦しい時期に戦術や采配を批判してきました。その時点では確かに悪かった、みえなかった部分も多かったですが、ここまでチームを作りあげ結果を出してくれた以上、まずは、

「ごめんなさい、アラゴネス爺」

と土下座した上で、

「ムチャス・グラシアス、アラゴネス爺」

と叫びます。「本当にありがとう」しかないですね、今は。

おめでとう、スペイン! 

この1ヶ月は裏方の仕事がたっぷりあったので全くブログには手をつけれませんでしたが、本当によかったですね。おめでとう、スペイン!

MVPは間違いなく、ルイス・アラゴネス監督でしょう。

“ヒディンク・マジック”とか言ってる場合じゃないくらいのマジックでしたからね。ほんと、指導者の観点からも勉強になりました。

準決勝、決勝は比較的安心してみていられました。イタリアとの試合がキーだったんでしょうね。個人的にはフットボリスタでも書いたんですけど、GL2試合まで全チームをみて「スペインいけるぞ」と思ったんですよね。選手層、総合力、そしてチームの成熟度が飛びぬけていた。それが2試合を消化した段階ではっきり見えたし、逆に調子が出ないチームは大会中に試行錯誤していた。

それに加えて監督の采配。ほんと、采配の妙でした。決勝でも監督の差が終盤出たでしょう。勝負に関係はなかったけれど、負けているチームの監督より早く3枚目のカードを切ったことの重要性(ある意味博打)。あれをできる監督なんてそういないですから。あれが終盤のドイツの反撃の可能性を消し去りましたね。

これ、わかる人にはわかってもらえると思うんですけど、感覚的なものでもあるので少し難しいんですよね。コーチをしていた時、うちの監督が「今日の試合では相手の監督より先に動くことだけを考える。だからお前は相手のベンチの動きをずっと見ていてくれ」と言われたことがあるんですよ。それで見事に天敵のチームを仕留めた経験を思い出しました。

チームとしてみた時に勝因はやっぱり守備、そしてセナの適応力。個人的に選手からMVPを選ぶならセナとカシージャスですか。まあ、2人だけじゃなく23人全員選びたいですけど…。

負けるならあのイタリア戦だったと思うので本当にあのPKは大きかった。ありがとう、イケル。アラゴネス監督に「人間としてもキャプテンとしても10点満点」と言わしめただけありますよ。

日本で放送されていたかどうかはわかりませんが、イタリア戦のピッチ入場前、ロッカールームから出てきたイケルが「俺たちはこの時のために2年間やってきたんだ。その思いを忘れるな。そして多くの人のためにやってやるぞ」と叫んでたんですよ。そして、それを周囲の選手が何気に頷きながら聞いていたんですよね。試合前、あの緊張した場面であの状況を作りだせるんですから、「こりゃ、凄いチームになったもんだ」と感心しました。

PK戦で誰よりも落ち着いていたのがイケルでしょう。ディ・ナターレのPKをストップした後、喜びを爆発させるどころか蹴りに来るセスクに「トランキーロ(落ち着け)」を連発してましたし、あの精神力、メンタルコントロールは尋常じゃなかったですね。

おかーちゃんは緊張のあまり半分気を失っていたらしいですが、これぞ“経験”なんでしょう。若い時からレアル・マドリー、代表のゴールマウスを守ってきた経験。「若い、若い」言われてましたが、決勝のスタメンをみても11名中8名が下部カテゴリーか所属クラブで欧州or世界タイトルを獲ってるんですよ。獲ってないセスクも下部カテゴリーで2度決勝、アーセナルで1度CL決勝を経験してますし。(そういう意味でバラックより先に“シルバーホルダー”抜けできてよかった、よかった)

ちなみに、今大会スペイン国内的に最大のヒットはイケルのおばーちゃんでしょうね(笑)。どの局もイケルおばーちゃんの自宅まで行って取材してたんですが、試合では飛び跳ねて「イケーーール!!」って連呼してたあの姿…。愛嬌があって今やスペイン国民中のアイドルとなってます…。

バレンシアの選手もよくやってくれました。ビジャも得点王を獲ったし、シルバはとにかくよく躍動したし、マルチェナもほぼパーフェクト。アルビオルもいい経験をしましたね。ギリシャ戦でのFKからの失点なんかは今後の糧になるでしょう。(ハリステアスをマークしていたのはチョリ)攻撃側がオブストラクション気味に体を当ててフリーマンを作るのはセットプレーの技術の1つですから。ああいうディテールはこうした大会では勝負の鍵を握りますからアルビオルとしては覚えておかないといけないこと。

ビジャはシュート精度のみならずプレー精度が高いということを世界的に披露できたかな。枠内シュートのデータが66.7%でチームトップ。パス成功率もFWにしてはかなりいい73%。例えば、トーレスは確かにフィジカル、スピード、高さがあるんだけれど、パス成功率がチーム最下位の49%。ポストプレーのミスなんかも目に付きましたし、もう少しプレー精度を上げてもらいたいですね。

まあ、そうはいってもマスコミ(ファン)受けするのはトーレスなので今後も「スペインのエース」って呼ばれることでしょう。ということはバレンシアにいる限り、世界的な“クラック”になることが難しいということなのか!?(苦笑)。シルバ、ビジャも移籍したらもの凄い注目を浴びることになるでしょうしね。昨年、バラハが「シルバがバルサでプレーしている選手なら、とんでもないことになってると思う」と言ってましたが同感です。彼らにとってもバレンシアでのシーズンは苦しいものだったし、ようやくその頑張りへの報いがきたということかな。

おめでとう、そしてお疲れさま。

本大会前の準備 

もう今週末からユーロ。スペインも今晩(4日)、アメリカと最後の親善試合を戦います。

ペルー、アメリカとの2試合を観ての感想やチェックポイントは携帯サイトのコラムで書きたいと思っています。

しかし、大会が近付くにつれスペイン代表への期待が薄れていっているのは私だけでしょうか!?とはいえ、スペインには何としても勝ってもらいたいので応援します。このサッカーで世界タイトルを獲ればサッカーの方向性もまた変わってくるでしょうしね。

自分がフットサルや7人制サッカーをしていて思うのですが、やっぱり日本人って「しっかり準備する(したがる)」人なんでしょうね。スペイン人なんてアップもクールダウンもろくにしません…。

ってことで、今回のユーロ前のスペイン代表の準備が非常に気になる日本人(私)です。

シーズン終了後、アラゴネス監督は丸々1週間代表選手にオフを与えました。果たして、他国の代表で同じように1週間丸まるオフをもらったチームはあるのだろうか!?

今ケガ人が増えてますが、1週間完全に休んだ選手がいきなり本大会前にコンディションを上げようとしてケガにつながっている可能性もないとはいえないのでは!?2、3日のオフにしてもう少し練習(準備)期間を増やし、早めに開催地に入り1試合くらい現地のキャンプ地近辺で親善試合をやってもよかったのでは?と思ってます。

親善試合に関してもなぜか欧州の代表国ではない、ペルー、アメリカ。スペインサッカー協会はどういう意図でマッチメイクしたんだろうか?と思うんですよ。アラゴネス監督の要望とかは通ったのだろうか?(というか要望したのか?という疑問も…)仮想ロシアとしてウクライナ、仮想スウェーデンとしてデンマークorノルウェーとか地理、スタイルが近いチームを呼べなかったのだろうか?

ペルーとの試合をウエルバ、アメリカとの試合をサンタンデールとマドリッドからやけに遠い都市でやる理由は何なんだろうか?

案の定、4日の『マルカ』紙には「練習よりも移動の時間の方が長い」なんて記事がありました。

普通に考えればどうせユーロはスペイン国内で戦うんじゃないんだから、代表戦でお客さんが来る、来ないは関係ないでしょう。ウエルバは何とかスタンドが埋まっていましたが、今日のサンタンデールはかなりチケットの売れ行きが悪いそうな。代表戦のチケットなんてリーガより低価格で販売してるんだからチケット収入もさほど見込めない。

ならば、マドリードで親善試合をしてもよかったんじゃないのかな、と思うわけです。ただでさえ、練習時間が少ないのに、移動のせいで練習を削らざるを得ない状況になっているわけで。

マドリードの協会施設で合宿しているとはいえやれウエルバだ、やれサンタンデールだ、と移動している間にあっという間に現地入り。落ち着いて練習できた日数って多分2日くらいでしょう。


とにかく、結論から言えば、「スペイン代表の準備はどう考えても足りないでしょう」ってこと。でも、さっきも言ったように「まあ、本番でいいプレーすりゃいいんでしょう。勝てばいいんでしょう」というスタンスの国民性なので誰も準備のことでああだ、こうだと議論はないわけです。

まあ、予選からベースは作ってきているし、主軸となる選手もシステムもそう変わりはないので別に余計な準備は不要なのかもしれないけれど、アラゴネス監督が今やってるシステム変更や選手の入れ替え(使い方)をみているとどうもドイツW杯の悪夢の再現があるのでは、と危惧してしまうわけで…。

そんなことを考えていると、スペイン代表が国際大会で勝てない理由って案外、地域への帰属意識が強い民族性だけにあるんじゃないな、と思えてきます。

昨シーズン、バレンシアやレバンテで起こってきたこと、放映権問題やリーガの組織オーガナイズなどみていても、「機能させるための準備」についての議論があまりに少ない。

やっぱりいい結果を出すためにはいい準備は必要でしょう。

草サッカー、フットサルしていてもぶっつけ本番でやれちゃうのがスペイン人だったりするんですけど、代表レベル、世界的な国際大会となれば本当に些細なディテールが勝負を分けるのでどこまで緻密な準備をできているのかが大事だったりするでしょうね。

そういう意味でもスペインの緒戦の相手はヒディング、ロシア…。

ああ、とにかく怖いなぁと1人で思ってます。ちなみに、スペイン国内ではいまだ対戦相手の分析とかサッカースタイルについての報道がほとんどありません。まあ、試合2日前くらいからですかね(苦笑)。

ということで不安と期待が入り混じりながら今回はスペインを応援したいと思います。

ユーロ(インドア・サッカー) バレンシア大会2008 

ユーロ(インドア・サッカー) バレンシア大会2008 開幕セレモニー
【開幕セレモニーでピッチに立つディ・ステファノ氏とバレンシアのモレラ会長 photo by Ichiro Ozawa】

ついに開幕しました!(といっても開催されると知ったのは前日ですが…)

インドア(室内)・サッカー(5人制)のユーロ(欧州選手権)こと、EUROCOPAが30日~1日の3日間の日程で開催されております。

EUROCOPA FUTBOL INDOOR VALENCIA2008(大会公式ホームページ)

開催国は6カ国で以下の通り。

スペイン
イタリア
フランス
ポルトガル
オランダ
ロシア

グループA :スペイン、フランス、ロシア

グループB :ポルトガル、イタリア、オランダ

各国ともなかなか豪華な顔ぶれなんですよね。出場選手はOBです。主な各国の代表選手を挙げておきます。

【スペイン】
ファン・サンチェス(元バレンシア)
ジューレン・ゲレーロ(元アスレティック・ビルバオ)
セルジ(元バルセロナ)
フラン(元デポルティーボ)
アルフォンソ(元ベティス、バルセロナ)

【イタリア】
カルボーニ
ディ・ビアッジョ
ガンツ

【ポルトガル】
パウロ・フットレ

【オランダ】
ロナルド・デ・ブール
ファン・ホーイドンク
ヴィム・ヨンク

【ロシア】
カルピン


ってことで、開幕初日の試合を取材してきました。とりあえず、写真をどさっと。

ユーロ(インドア・サッカー) バレンシア大会2008 スペイン代表 1 
【開幕セレモニーで並ぶスペイン代表 photo by Ichiro Ozawa】

ユーロ(インドア・サッカー) バレンシア大会2008 スペイン代表 ジューレン・ゲレーロ、ファン・サンチェス 
【スペイン代表のファン・サンチェス(左)、ジューレン・ゲレーロ(右) photo by Ichiro Ozawa】

スペインで一番いい動きをしていたのが貴公子ゲレーロ。

現役と全く同じ体型なんですよね。動きもボールタッチもとにかくスムーズ。

ユーロ(インドア・サッカー) バレンシア大会2008 スペイン代表 セルジ、ゴイコエチェア
【スペイン代表のセルジ(左)、ゴイコエチェア(中央) photo by Ichiro Ozawa】


ユーロ(インドア・サッカー) バレンシア大会2008 スペイン代表 フランなど
【スペイン代表のアモール(左)、フラン(中央)など photo by Ichiro Ozawa】


ユーロ(インドア・サッカー) バレンシア大会2008 スペイン代表 アマビスカなど
【スペイン代表のアマビスカ(11番)、アルフォンソ(7番)など photo by Ichiro Ozawa】

ユーロ(インドア・サッカー) バレンシア大会2008 スペイン代表 ファン・サンチェス
【スペイン代表のファン・サンチェス 現在バレンシアのTD photo by Ichiro Ozawa】

我らがファン・サンチェスですが開幕戦のフランス戦で2ゴールをあげ、勝利(13対7)に貢献。

動きは結構良かったですね。まあ、今季はシーズンを通してインドア・サッカーの大会に出てましたから。

ユーロ(インドア・サッカー) バレンシア大会2008 ゲストのエウゼビオ氏
【ゲストで呼ばれていたポルトガルの英雄エウゼビオ氏 photo by Ichiro Ozawa】

VIPのエウゼビオ氏、大会運営がなってないのか「タクシーどこじゃー」と言いながら会場内を1人でうろついてました…(苦笑)。こんな大物、1人で放っておいちゃダメでしょう。

ユーロ(インドア・サッカー) バレンシア大会2008 ロシア代表 カルピン
【ロシア代表のカルピン photo by Ichiro Ozawa】

ロシア代表は当初の登録メンバーにモストボイが入っていたので、「再会できる!」(わかる人にはわかってもらえるでしょう)と期待していたのですがどうやら怪我で来れなかったみたいですね。でも、怪我って普段何やってるの…!?

【初日の結果】

スペイン 13 - 7 フランス

イタリア 15 - 4 フランス

ロシア 13 - 9 ポルトガル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。