スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開幕戦延期のリーガから見える欧州サッカー界の地殻変動  

2011年08月24日配信のメルマガより抜粋

先週末に予定されていた2011-12シーズンの開幕戦が選手会のストライキにより延期となったリーガ・エスパニョーラ。23日に行なわれた会合でもスペインサッカー選手協会(AFE)とスペインプロリーグ機構(LFP)の間でストライキ回避に向けた合意には達しておらず、今週末の第2節開催も危ぶまれている。

 簡潔に説明するならば、今回のストライキの発端は財政難にあえぐスペインの各クラブが契約書に明記した給料を選手に支払っていないことにある。AFE側の発表では、昨季まで総額5500万ユーロが未払い分として残っており、昨シーズン100%の給料を受け取れなかった選手は約200人いる。

 当然、給料未払いの状態が続くクラブは経営破綻したとして破産法の適用申請を出すのだが、「コンクルサル法」と呼ばれるスペインの破産法がサッカー界ではクラブにとっての隠れ蓑になっている。LFPの規約ではシーズン終了時点で選手への給料未払いが残るクラブは、2カテゴリー下のリーグへの自動降格となる。例えば、1部所属のクラブであれば2部B(スペイン3部)への降格である。

 しかし、国の法律であるコンクルサル法の適用を受ければ自動降格を免れることができる。要するに、国の法律はサッカー界の規約よりも重んじられるということ。コンクルサル法によってクラブは管財人の管理下で財政再建策に取り組むことになるが、予算組みの中で仕方なく給料の遅配が認められ、遅配があるにも関わらず新戦力の補強資金が通ることもある。

 現在、サッカー界でのコンクルサル法の適用について懐疑的な意見が大半を締めており、AFE側はスポーツ省を通じてこの法律の改正を求めているが、現時点で1部、2部合わせて7クラブ(サラゴサ、ベティス、ラシン、ラージョ・バジェカーノ、エルクレス、コルドバ、レクレアティーボ)がコンクルサル法の適用下にある。

 AFEとLFPの交渉における最大のポイントは現在選手給料の保障基金の額となっているが、コンクルサル法の問題が解決しない限りそれ以外の解決策はいずれも目先、小手先のものである。

 ただ、今回の事態で改めて浮き彫りとなった問題もあって、それが契約における選手側の権利オプションの少なさだ。

続きはメルマガ本文にてどうぞ!

スポンサーサイト

ラシンのカナレス 

レアル・マドリーが1000万ユーロで獲得濃厚なラシンのカナレス。

そういえば、2008年トルコで行われたU-17欧州選手権にU-17スペイン代表として出場した際、スポーツ紙に、

「U-17スペイン代表で唯一代理人を持たない選手」

として紹介されていましたっけ。

まあ、父親が代理人を務めているので代理人を必要としていなかったというのが事実でしたが、
今はそのカナレスの父親が一番のキーマン。

レアル・マドリーへの移籍が決まりかけという時に、
プレミアのクラブ幹部と話し合いをする素振りを見せてみたり、
色々駆け引きしてますね。

周りからは色々言われてるんでしょうが、
個人的には「よくサッカーとサッカービジネスをわかっているし、
それ以上にカナレスの価値、旬をわかっているなぁ」と感心しています。


方や日本では、U-17日本代表の選手で何人代理人を付けている選手がいたか?

まあ、その前に代理人がチームや選手の周りをうろつくと、
「あいつに近付くな」とか選手に指示するスタッフがいる国ですからね。
そりゃ、サッカー文化どころかサッカービジネスもろくに育たないでしょう。

ますます日本と世界との差は離れていくばかり。

ますます日本の常識は世界の非常識となる。

別に代理人がサッカー界にプラスだと断定するわけじゃないけれど、
日本の場合は特に選手も選手の親も、クラブ関係者すらもサッカービジネスを知らないし、
世界でどういうサッカービジネスが行われ、どうやってお金が生み出されているのか知らない。

だったら、多少なりともそういう知識があって、
しっかり資格を保有する代理人にその部分の仕事を手伝ってもらえばいい。

最終的にその選手に関わった皆が儲かる結果になれば、皆がハッピーじゃないですか。

個人的には、日本からカナレスのような選手を輩出することは「可能」だと思ってます。

でも、周りの環境が選手の価値なり旬を食い潰していますよね。

もっと酷いのは、日本サッカー界は足の引っ張りあいをする。

サッカーメディアの話しなんかを聞いていてもこれ。
パイを増やそうと頑張るんじゃなくて、既得権益を守るために足を引っ張り合う。
そりゃ、日本サッカー界に閉塞感漂うわ…。

そんなことで、2010年は日本サッカー界に色々と攻勢をかけていこうと思ってます。
人へのリスペクトは忘れず、
旧態依然のシステムや考え方に対してどんどん喧嘩を売っていこうかな、と。

そういう意味でも言いたい事はブログを使いながらも発信していかないとダメですね。
更新も頑張ってしないと。

本当の意味で日本サッカーのためや、
読者のためを思って周りが言わないことも言っていこうと覚悟を決めてます。

2010年、私は毎日戦い続けます!

デル・オルノがまたも夜遊びで処罰 

アスレティック・ビルバオにレンタル移籍中のデル・オルノがまたもジェステと夜遊び。1月末のバルセロナ戦後にやっちゃったようですね…。スビアウレも含め3名は近くクラブから処分を言い渡されることになります。

ジェステもアシエルもその才能やサッカーセンスは申し分ないんですけどね、本当にもったいない。個人的には彼のバレンシア復帰の可能性はないと思っています。

バレンシアでもミゲル、M・フェルナンデスの2名に近く罰金が言い渡される予定。昨日、地元ローカルTV局のサッカー番組に出演していたサロム副会長によればミゲルはけがの治療のための午後の練習を1度すっぽかしたようでその分の処分も加わるそうな。

地元ではクーマン監督がミゲル放出をフロントに要請しているとの噂もあり、今のままでは夏の移籍は規定路線でしょう。



ビルバオ3選手の夜遊び発覚ニュースの詳細はこちら(日本!ワールドサッカー/携帯有料サイト)

サンタンデールで取材中 

現在、サンタンデールにいます。

マルセリーノ、やっぱり自分は好きなタイプの監督です。なんだか日本人みたく緻密に練習をオーガナイズしてました。ホルヘも元気そうでしたし、体もキレてたなぁ。

ということでしばらくバレンシアのことは書けません。(まあ、最近もあまり書いてませんでしたが…)

昨日の国王杯、少しだけTV観戦しましたがマドゥロがなかなか好印象だったかな。相手が1人少なくなったのに「1点止まりか」って点ですが逆にどん引きされると難しいですからね。勝ってますし、アウェイで得点できれば有利になるのでベスト4入りには希望が持てるでしょう。

しかし、サンタンデールって素敵で綺麗な街ですよ。今晩はサルディネーロで国王杯ラシン対ビルバオを観てきます。

では、Hasta luego.

サラゴサのV・フェルナンデス解任におもう 

サラゴサのV・フェルナンデス監督が手にしたもの(スポナビ)

真っ先に

「職は失ったけれど、生活は取り戻した」

というキケのフレーズを思い出しました。

今季不調の両チーム、地元メディアなんかは「要求が高いファン」と呼び、「そうした高いファンの要求が選手を鼓舞して結果を出すためのモチベーションになる」と言うのですがどうも両チームをみていると違いますよね。

辞めた監督が「人生、生活を取り戻した」と言うことの重みを認識しないと。

私も盲目的に応援することが本当のファンだとは思いませんし、時に堂々と批判し、ブーイングすることは選手やチームに喝(カツ)を入れることになる。

でも、やっぱり地に足つけないとダメなんですよ。きっと。

ひとまず、V・フェルナンデス、お疲れ様でした。

「イングランド、アルゼンチン、イタリアでサッカーを観たい」とサッカーへの情熱はまだまだあるようなのでまたいつか監督として戻ってきて下さいね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。