スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

twitter 

twitterを始めました。

小澤一郎(Ichiro Ozawa)のアカウント(ichiroozawa)

ブログの頻繁な更新はできない日常ですが、
twitterなら気軽に情報発信できそう、ということで。

リーガやバレンシアの気になるニュースにつぶやいてみたり、
私が今どんな仕事(取材)をしているのかを報告してみたり。

よかったらフォローしてみて下さい。
右下にプラグインでエントリー表示を入れておきました。

スポンサーサイト

サッカークリニック 2009年12月号 

サッカークリニック2009年12月号(11月6日発売)
【サッカークリニック 2009年12月号(11月6日発売)の表紙】

バレンシアユースAのビセンテ・ミル監督のインタビューが掲載されています。

彼は、U-20日本代表が参加した今年8月のCOTIF(アルクディア国際ユース)でバレンシアを優勝に導いています。今夏に就任したばかりの監督なので、1ヶ月程度でいきなりタイトルを獲ったことになりますね。

しかも、U-20の大会、相手にバレンシアはユースA(17~18歳)での出場。

バレンシアユースA ビセンテ・ミル監督
【丁寧に戦術レクチャーしてくれたビセンテ・ミル監督 photo by Alberto Iranzo】

ということで、前から話しを聞いてみたいとは思っていたのですが、インタビューしてみるとやはり理路整然と自身のサッカーやそれを実践するためのトレーニングを語ってくれました。

U-17スペイン代表で10番を付けていたイスコもいるユースAは、周囲から「ここ10年のバレンシアのカンテラで一番のユースチーム」と言われるほどタレント揃いで評価の高いチーム。

その集団を率いるのがこの監督なので、今季のユースAには期待できそうですね。

現在、バレンシア・メスタージャ(バレンシアB)が降格圏内で苦しんでおり、地元ではオスカル・フェルナンデスの解任、ビセンテ・ミルの昇格も噂されていますが、好調なユースA、Bに負けじとメスタージャも頑張ってもらいたいですね。

退場3名のアウェーゲーム 

久々の更新です。

今季は毎週日曜に11制サッカーをやっていますが、草サッカーといえどもとにかく“激しい”。

ただ、その激しさが往々にしてラフプレーや暴力につながってしまうのが、ここの草サッカーの悪い癖で先日の試合は、うちから2名、相手から1名が一発レッドで退場となりました。

まあ、うちの選手が悪いんです。M君、もうちょっと感情をコントロールしよう!

前半から相手のファールや主審の判定にイライラしていた彼は、ハーフタイムでベンチに戻ると、ベンチの屋根を殴って怒りを露に。密かに数人の選手が監督(選手兼)に、「やばいから代えた方がいいんちゃう?」と言っていたのですが、「いや、あいつは大丈夫だ」と却下。

すると後半、相手のファールを受けた彼が、怒りを爆発させ殴りかかったのでした。そこからは両チームの選手が入り乱れての大乱闘。

退場したM君はベンチ付近でまだ怒り収まらずの状態だったのですが、我われ全員から「早くロッカールームに戻って頭を冷やせ」と言われ渋々引き上げました。

試合終了後、ロッカールームに行くと、そのM君(推定30歳)が泣いているではありませんか…。

「俺は悪くない。相手と審判にはめられた。ゆるせん!」

とまだ怒り狂ってます。他人に責任転嫁することでは世界トップクラスのこの国らしい戯言だなと思いつつ、みんなで何とかなだめて帰す始末。指導している12歳の子供たちよりたちが悪いわ!

熱く、激しくサッカーするのはいいけど、大人がこれじゃそりゃ子供のサッカーでも収拾つかなくなりますよ。今季はまだないですが、たまに侮辱や文句に耐えられない審判が試合を投げ出して帰ることもあるくらいなので、選手の皆さんにはもうちょっと考えてもらいたいものです。

しかし、試合後のロッカールームでは、「あの審判はありえん。明らかに相手を贔屓していた」ですからね…。全く反省の色が見られない我がチームなのでした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。