スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【@ichiroozawa】坪井健太郎のラ・ロハ分析[1] イタリア戦  

 欧州のシーズンが終了した6月に入り、4年に一度のEUROが開幕した。スペイン代表こと『ラ・ロハ』が44年ぶりの優勝を果たした前回大会から早くも4年が経過したのか、という思いに浸ると同時に、改めて日本時間でEUROの試合をチェックすることの大変さを痛感する日々。

 さて、当メルマガでは今大会もラ・ロハを中心に大会を見ていこうと考えている。そこで協力を依頼したのが、バルセロナで指導者として4年を過ごす坪井健太郎氏。今月の『サッカークリニック』でも取り上げている坪井氏だが、やはり世界最先端のフットボールとフットボールパーソンの集まるバルセロナで育成年代のチームを長年指揮していることから、その言葉には含蓄と日本サッカーへのヒントが詰まっている。

 スペイン代表やEUROの試合のみで完結する分析は他媒体で数多く見られると思うが、坪井氏には「日本サッカーや日本の育成のレベルアップのために何をどう活かすのか?」という視点でゲーム分析してもらうつもりだ。今大会でのラ・ロハの試合については、基本的に全試合カバーしてもらうつもりでレギュラー出演してもらう予定であるので、ぜひ楽しみにしてもらいたい。それでは、今回は10日に行なわれたスペイン対イタリアのゲーム分析をしてもらった。




――1-1の引き分けに終わったスペイン対イタリア戦の総評をお願いします。

坪井健太郎氏(以下、坪井氏) スペインとしては、初戦で苦しむ典型的なパターンが出てしまった印象です。リーグでもカップ戦でも初戦の難しさというのはあると思います。チームがどのように戦ったらうまくいくのかなど、見えない部分の要素がいっぱい出る中で、先制点を取られることが痛手となり、後手を踏む展開となってしまいました。初戦の難しさというのがスペインにも出てしまったなという印象です。

――戦術面でのポイントは?

坪井氏 まずは、スタメンでフェルナンド・トーレスではなく、セスク・ファブレガスがセンターフォワードに入ったこと。もう一つは、エクストレモ(サイド)の選手が、イニエスタが左にいて、右サイドは最初シルバやシャビが流動的に動いていく中で、高い位置で幅を取る選手がいなかった点。前線の6人全員が真ん中でプレーするタイプの選手でした。それによって、サイドバックのアルベロアとジョルディ・アルバの二人が高い位置で幅を作らなければいけず、サイドバックにかかる負担が大きかった。

 おそらく、デル・ボスケ監督のプランニングとしては、両サイドはサイドバックに任せて、6人は密集して細かいパスをつなぎながらチャンスを作り出そうという展開を狙っていったはずです。対するイタリアも1-3-5-2で真ん中をしっかり守って、カテナチオを敷いて(攻め)上がろうという展開が前半の流れでした。

 点がなかなか取れずに、スペインの失点シーンというのは、アルベロアとジョルディ・アルバが高い位置を取っていて、守備に関しても少し広がって前からディフェンスをしていたので、ピケとアルベロアの間のスペースを見事に使われてしまったというパターンでした。守備に関しても中盤と前の6人が真ん中でプレーしているが故に、サイドバックとセンターバックの間のスペースが空いてしまっていたという印象です。

――試合序盤から、シャビが両サイドバックにもっと高い位置でプレス連動してくれ、という感じのジェスチャーをしていました。前線と守備陣の間に守備意識の面で少しズレがあったように見えましたが?

坪井氏 確かに、最初のサイドバックの位置は低かったです。もっと高い位置にポジションを取らないと、高い位置での幅を作れる選手がいませんでした。シャビもイニエスタもシルバも中でプレーしていましたし、そうすると中盤、ソナ・トレス(第3ゾーン=アタッキングサード)の高い位置のサイドでプレーする選手が前半いなかった。それは、スペインが手詰まりになった要因だと思います。

――9番タイプのセンターフォワードがいなかったことが前半に攻撃が停滞した原因となったという論調がスペイン国内でも多いですが、後半ヘスス・ナバスを投入してから攻撃が機能し始めたように、前線のサイドでボールを落ち着かせることが別の戦術的ポイントだったのでしょうか?

坪井氏 監督視点で見ると、おそらくデル・ボスケは「真ん中でいける」という計算の元にゲームプランを組んだのでしょう。整理すると、ディフェンスが4枚。プラス、シャビ・アロンソ、ブスケッツ、シャビの3枚が中盤でサリーダ(出口)を作ってボールを引き出し、エラボラシオン・デ・アタケ(攻撃のつなぎ役)を担っていました。後は、イニエスタ、シルバ、セスクが流動的にスペースを作ってそこを埋める。出入りをしてフィニッシュに入っていくという構成だったように見えました。その構成でおそらくフィニッシュまで行けるだろうと踏んだデル・ボスケでしたが、がっちりと中を固めたイタリア相手に、機能しなかったのかなと。

 実際、前半30分くらいまでは結構シュートチャンスがありました。あの中で得点が取れるという計算だったように思います。それがうまくいかない中で失点をしてしまい、それを続けようと思ったけれどもできなかった。その次の手が、背後を取る動きが多いトーレスと、あとはサイドから起点を作って攻めるという意図でヘスス・ナバスだったのではないでしょうか。

――イタリアの良かった点は?

坪井氏 守備面できちんと真ん中、ゴール前を埋める意識が高かったところです。今大会を見ていて、デンマークもオランダ戦でそうでしたが、センターバックがペナルティの外のスペースに出ていかない、真ん中を守る意識がオーガナイズされているチームというのは、安定した戦いを見せていると思います。

 センターバックが積極的に出ていくチームというのは、ボールポゼッションをしようとしているチームで、カウンター対策として例えばイタリアのマリオ・バロテッリがサイドに流れたらピケがついて行っていました。そういう守り方をしているチームは苦しんでいるというか、ゴール前のスペースを空けがちな傾向はありますね。オランダもそうした守り方で敗れてしまいました。あと守備要素で言うと、ピケとセルヒオ・ラモスのセンターバック2枚というのは、まだ二人での関係ができあがっていないという印象です。


2012年06月07日配信のメルマガより抜粋。メルマガ本文では、この5倍近いボリュームに加え、『AS』専属カメラマンであるアルベルト・イランソ氏のフォトギャラリーも用意し、濃密なコンテンツを取り揃えています。ぜひご購読ください。※

スポンサーサイト

【@ichiroozawa】駒大のパワーサッカーに備わっていた「心技体」  


(C)Ichiro Ozawa



 7月に大阪で開催される総理大臣杯全日本サッカートーナメントの関東予選を兼ねた関東大学サッカートーナメントの1回戦で、前田秀樹監督率いる埼玉県1部の東京国際大が関東1部の強豪・慶応大に勝利(1-0)するジャイアントキリングをやってのけた。その試合は取材できなかったが、4日に行なわれた2回戦の駒澤大戦を取材するため静岡県の時之栖スポーツセンター裾野グラウンドまで取材に行ってきた。

 試合は立ち上がりから東京国際大が主導権を握り、決定機を2、3度作るも、シュートの精度が悪く得点にはつながらない。その後、前半は互いにロングボールを蹴り合い、最終ラインが弾く肉弾戦となり0-0のまま終了。後半に入ると、東京国際大の選手に疲れが見え始める。すると、競り合いの後のセカンドボールの反応が良い駒大がボールを握って素早いサイド攻撃からチャンスを作り始め、62分、70分と畳み掛けるように2点を奪う。

 一方の東京国際大は、77分にコーナーから1点を返し反撃ムードを高めるも、4バックから3バックへのシステム変更が仇となり、終盤にカウンターから2失点。結果は4-1で駒大が勝利し、本大会出場権を獲得した。

 試合後、お馴染み東京国際大の前田秀樹監督に話を聞いている。初戦の慶應戦は見ていないが話を聞く限り、リトリート優先で上下35メートルのコンパクトさを保つ守備戦術、組織が機能し、2本のシュートから1点を奪う効率性あるカウンターサッカーで金星をあげたようだ。その辺りは、さすがJクラブでの指揮もある名将・前田監督。

 ただ、この駒大戦に至っては、相手はボールポゼッションの意識はほとんどなく、最終ラインから早めにどんどんロングボールを入れてくるスタイルのチームで組織での対抗が難しかった。東京国際大も駒大のサッカーに合わせるように後方からロングボールを放り込み、相手に合わせる、相手の土俵でサッカーをしてしまい、そうなった時には選手個々の能力やチームとしての格の差が露骨に出てしまう現実に直面したような気がする。

 その意味でも、駒大の前線に身長の高いフォワードを置いてそこをターゲットにロングボールを蹴り込むサッカーというのは日本の育成において貴重なスタイルの一つであり、これだけポゼッション全盛の時代にあって今なお貫き続けているのは好感さえ覚えた。

 ただ、それを肯定するのは駒大の選手たちにそのサッカーを実践するための心技体が備わっているから。もし大学カテゴリーより下のカテゴリーで特に技術や戦術が未熟な中、つまり個としてのベースを確立していない中で、バンバン蹴り込み、ガンガン走るようなサッカーをしているなら私は頭から否定するだろう。

2012年06月07日配信のメルマガより抜粋。メルマガ本文では、この5倍近いボリュームに加え、『AS』専属カメラマンであるアルベルト・イランソ氏のフォトギャラリーも用意し、濃密なコンテンツを取り揃えています。ぜひご購読ください。※

【@ichiroozawa】香川真司の「16億円」は誰のおかげ? 欠落する「クラブあっての選手、Jリーグ」という視点  

 5日にマンチェスター・ユナイテッドがドルトムントから香川真司を獲得することを公式発表した。移籍金は推定1600万ユーロ(約16億円)。新天地での活躍に応じたインセンティブボーナスが付いているようで、最大2000万ユーロ(約20億円)まで上がる見込みだという。年俸も600万ユーロ(約6億円)、「週給600万円」などと伝えられており、また一人の日本人選手が欧州移籍マーケットのビッグトランスファーとして扱われることとなった。

 一方で、香川のマンチェスター・U移籍の盛り上がりを客観的に見ると、「また一過性の盛り上がり、欧州の他人事で終わるのではないか」という危惧を抱く。そもそも、香川は今夏の移籍を見越して、シーズン終盤の今年5月に香川がドルトムントからの契約延長オファーを断っている。いわば、日本でもよく聞く「主力選手が契約延長(複数年契約)に応じない」ケースであり、ドルトムント側から見れば今回の香川の移籍も「主力選手の引き抜き」だ。

 にもかかわらず、ドルトムントが約16億円もの移籍金を得ることができたのはなぜか? 未だ日本代表クラスの選手が契約満了に伴う0円移籍や(移籍金が)取れたとしても1億円程度の少額となっている中、ドルトムントの香川売却からJクラブが学べる交渉術、契約テクニックは何なのか?

 ここでもポイントとなっているのは、欧州クラブが契約満了1年前を線引きとして放出(売却)、契約延長を考えていることだろう。世界統一基準のFIFAルールに則って移籍が行われるようになったJクラブでも当然、そうした意識は芽生え始めているのだが、メディア、サポーターにその意識が希薄であるため、まだ「契約満了1年前」の線引きやその重要性がサッカー界全体に共有もされていなければ、浸透もしていない。

 私は、香川真司という日本人選手、日本代表選手がこれだけの価値を持つ選手になったのは、ドルトムントのみならず育成年代から関わったチーム、指導者、そしてセレッソ大阪、ひいては日本サッカー界、Jリーグのお陰でもあると考えている。だからこそ、本来ステイクホルダーであるべき日本のクラブや関係者に然るべき対価が還元されるべきだと考えるのだが、今回のマンチェスター・U移籍で実質的な利益を上げるのは選手、ドルトムント、エージェントの3者のみ。

 上から目線となることを敢えて承知で書くが、こうした話をしてもピンと来ないサッカーファン、関係者が過半数を占める限り、今後ますますJリーグはジリ貧になっていくと思う。「香川がマンチェスター・U入りなんて漫画の世界みたい」と言って盛り上がるのもいいが、本当に日本サッカーが強くなり、日本にサッカー文化が根付いてほしいと考えるならば、香川のような華やかな移籍事例の表層だけを見ることは日本サッカー界の衰退に賛同しているようなものかもしれない。


2012年06月07日配信のメルマガより抜粋。メルマガ本文では、この5倍近いボリュームに加え、『AS』専属カメラマンであるアルベルト・イランソ氏のフォトギャラリーも用意し、濃密なコンテンツを取り揃えています。ぜひご購読ください。※

【全文掲載】「サッカーの“現在地を語る”」講座参加リポート 

上智大公開講座写真1
(株)アレナトーレ

         上智大学公開講座 参加リポート

                                      取材・文/中村僚



 5月22日、上智大学公開講座「サッカーの“現在地を語る”」が行なわれた。第3回講師として招かれた小澤一郎氏が語ったのは3つの切り口。

・日本人選手の海外移籍
・選手エージェント
・育成

 日本人選手の海外移籍については、近年の欧州での躍進もあり、大きな成功のように思われている。だがその影で、日本のJクラブは大きく損をしている。日本代表の主力の多くは欧州でプレーする選手だが、ほとんどの場合は移籍金なし、あるいは格安の値段で引き抜かれている。

 また、新卒選手との契約でも欧州と日本ではその制度に大きな違いがある。日本で新たにプロ契約する時には年俸に上限がある。一方、欧州ではそれがなく、Jクラブには不可能な金額で新人を誘い出すことが可能だ。

 実際に伊藤翔(現清水/中京大中京→グルノーブル)や宮市亮(中京大中京→アーセナル)、指宿洋史(現セビージャ・アトレチコ/柏レイソルU-18→ジローナ)など、国内でのプロ生活を経ずに海外へ渡っている選手が、ここ数年多発している。最近ではヴィッセル神戸U-18のDF岩波拓也が、オランダのPSVからオファーをもらったという報道もあった。他にも育成費などの面から見ても、海外移籍の方が魅力は大きいのだ。

 これはJリーグにとっては大きな損失になる。優秀な選手を引き抜かれては、リーグの強化にはつながらない。しかし、この現象を誘発しているのは自分たちで作ったローカルルールであり、自分で自分の首を絞めていることになる。「金銭面でのこういったルールを一刻も早く取り払うべきだ」と小澤氏は主張する。

 続いてのテーマは選手エージェント。代理人のことだ。ここではスペインとの違いについて語った。日本ではあまり馴染みのないものだが、スペインでは選手個人がエージェントを雇うのは常識のようだ。プロを志すならば17歳、18歳の選手でも代理人がついているのは当たり前だという。

 また、スペインでのエージェントは選手に雇われるだけでなく、時にクラブからの依頼も受ける。その際にはスポンサーを獲得する、日本でいう「営業マン」の仕事もこなす。業界全体でも30人ほどしか代理人が存在しない日本とは、まさに雲泥の差である。

 最後に育成。恐らくは、小澤氏がもっとも訴えかけたかったのがこのテーマだろう。それは他のテーマの時よりも格段に多い、19枚というスライドの力の入れ様からも伺えた。

上智大公開講座写真2
(株)アレナトーレ

 日本に決定的に足りないのは、「エリートではない普通レベルの選手」の育成だ。例えば、高校サッカーでは新人戦、インターハイ、選手権と既存のトーナメント大会がある中で、通年のリーグ戦も導入されている。しかしながら、100名の部員を抱えるサッカー部などでは、3年間で一度も公式戦に出られない選手が未だにいる。小澤氏は、この矛盾に異議を唱えていた。

 日本の育成の方針は「うまい選手をよりうまくするにはどうするか」という、いわゆるエリート教育だ。リーグ戦化が進み、複数チームの登録が認められるようになったとはいえ、高校サッカー選手権のようなトーナメント方式の大会に出場できるのは、基本的に1校につき1チームしかない。これでは、実力的に100番目の選手が登録メンバー20人に名を連ねるのは難しい。

 選手権でスタンドから応援している部員たちには、冬の時期に大会は用意されていない。そういった控え選手たちはある区切りで「引退」し、やがてサッカーをプレーしなくなる。大学生、社会人以降になっても選手としてサッカーを続けるのは、それまでにエリートとして選ばれた人間だけという傾向は強い。

 スペインでは1チームの登録人数に制限があるため、20人前後のメンバーに収まる。大会方式も年間を通したリーグ戦が主流で、一発勝負のトーナメントとは違い一定の試合数が確保されているため、必ず各選手に公式戦を戦う場が用意される。また、カテゴリー分けも2年ごとに別れており、10歳の子供が12歳のチームに入るといった飛び級も日常的。自分のレベルに合った舞台で思う存分に真剣勝負をすることができる。

 こうして小さい頃からサッカーを生活の一部として存分に満喫し、大人になっても生涯スポーツとして楽しみ続けていく。構造的な問題から現場での指導まで、スペインとのサッカー文化の差を痛感させられる内容だった。

 今回のどのテーマも、普通にサッカーの試合を見ているだけでは得られない情報だった。聞き慣れない言葉も多く飛び出し、一様に受講者は鳩が豆鉄砲を食ったような顔をしていた。ただし、個人的には非常に興味深い内容だったと思う。特に、育成の部分に関しては、私も高校時代にベンチ、あるいはベンチ外という状況が多く、「そこに手を差し伸べるべき」という提言にはいささか救われた気がした。

 惜しむらくは時間が短すぎたこと。1時間半という制限時間の中で語りきれる内容ではなかった。それは講義終了後の質疑応答の少なさからも見て取れた。おそらく受講者の方々も、あまりに未知の領域の話に「何がわからないのかもわからない」ような状態ではなかったか。

 最後に、今回の講義を聞いて強く思ったことが、今後の日本サッカーの可能性の大きさである。Jリーグが発足し、プロ化を果たしてから今年でちょうど20年になる。その間、日本サッカーは躍進し続けてきた。1998年のワールドカップ・フランス大会に初出場、次の日韓大会と2010年南アフリカ大会のベスト16も記憶に新しい。クラブレベルでもアジアを制覇した2チーム(G大阪、浦和)が現れた。

 今回の話からも、日本サッカーがまだまだ多くの問題を抱えている事がわかる。しかし、その状況でもこれだけの躍進を果たしてきた日本が、きちんと整えられた環境でサッカーや選手育成を行なった時、果たしてどれほどの強国になるのだろうか。

 20年前の日本であれば、「ドイツでベストイレブンに入る選手が現れ、インテルでプレーする選手がいる」と言われても、信じることはできなかっただろう。だからこそ、「もしかしたら20年後、日本がワールドカップを掲げているかもしれない」というのは安易な発想ではないかもしれない。

上智大公開講座写真3
(株)アレナトーレ

<了>



「移籍ビジネスを通じて日本サッカーを考える」セミナー開催



~香川、岡崎、長友の移籍は日本サッカーにとって本当にプラスだったのか!?~

日本のサッカーのレベルが高まるに伴い、海外でプレーする日本人選手が増えて来た。海外で活躍する選手が増えることは嬉しい反面、一方で移籍の際にクラブにお金を残すことのできない「ゼロ円移籍」も後を絶たない。スター選手を失い、戦力や集客力がダウンする移籍元クラブにとっては死活問題だ。

本セミナーでは「サッカー選手の正しい売り方」の著者である小澤一郎氏を講師に招く。Jクラブから海外に移籍した選手の事例を紹介するとともに、それを踏まえたJリーグ全体の現状を考える。

【日時】
2012年6月13日(水)19時30分~21時30分

【会場】
中央区立産業会館

http://www.chuo-sangyo.jp/access/access.html

都営浅草線
都営新宿線
JR総武快速線 馬喰町駅 徒歩5分
JR総武線 浅草橋駅 徒歩8分

【講師プロフィール】
京都市出身。早稲田大学卒業後、スポーツ系専門学校職員を経て渡西。2005年よりスペインにてサッカージャーナリストとしての活動を開始し、2010年3月に帰国。日本とスペインの両国で育成年代の指導経験があり、指導者的観点からの執筆を得意とする。著書に『スペインサッカーの神髄』(サッカー小僧新書)、『サッカー選手の正しい売り方』(カンゼン)。Twitterのアドレスは@ichiroozawa

【参加費】4000円 *特典:「サッカー選手の正しい売り方」プレゼント
(既に購入されている方は、書籍持参で参加費1500円割引!)

【定員】50名(学生、社会人問わず参加いただけます。)

【申込方法】
下記「申し込み」ボタン又はメールにてタイトルに
『「移籍ビジネスを通じて日本サッカーを考える」セミナー参加希望』

本文中に
1 SJN会員番号(会員の方のみ)
2 氏名(ふりがな)
3 連絡先の電話番号
4 メールアドレス
5 所属
6 書籍購入済みの方は「購入済み」
を明記の上、
info@rightstuff.bz
宛にメールをお送り下さい。

【お問い合わせ】:(株)RIGHT STUFF
 E-mail : info@rightstuff.bz
 URL : http://www.sjn.bz/

【主催】:(株)RIGHT

【@ichiroozawa】吉田達磨(柏レイソル強化本部強化部長) インタビュー(1/2)  

(株)アレナトーレ



――吉田さんは、選手時代から様々なクラブ、国でプレーされています。サッカーの魅力、スポーツとしての定義をどのように捉えていますか?
 
吉田達磨氏(以下、吉田氏) サッカーの持つ魅力をどう説明するかは困難というか、簡単に表現できるものではないというのも率直なところです。ただ、サッカーの持つ力はとても深いものがあると思います。
 
 まずは自己表現、自分を目一杯表現することが求められます。例えば、オフサイド、手を使えないといった制約(ルール)はあるにせよ、サッカーは限りなく自由度の高いスポーツです。11人が同じ方向に向かっている時に輝きが増したり、強さが発揮される。また、その時にはそれぞれの特徴がマックスに表現されると思います。そういうところにサッカーの魅力があるのではないかと考えています。
 
――吉田さんの考える魅力的なサッカーとは何でしょうか?
 
吉田氏 チームの目指す方向が一緒であることです。バルセロナもそうですが、決断するスピードや力強さにブレがなくて、迷いがない表現を繰り返すことです。
 
――指導者として、魅力的なサッカーを実践するために選手にどのようなことを求めていましたか?
 
吉田氏 単純なことを大切に思って、繰り返すことです。そしてモラルのレベルを一つずつ上げていくこと、今ある自分のスタンダードや合格ラインをしっかりと自分たちで積み上げていくことをいつも求めていました。そうすることによって選手個々の成長も期待できます。
 
――そのラインというのは各選手に応じたものなのか、それともある程度チームとして設定するものなのかどちらでしょう?
 
吉田氏 私は選手個人ではなく、チームとして設定していました。例えばパスであれば「このポジションからこのポジションに出すパスはこのレベルを求めるよ」という具合ですね。オーバーラップさせたいのか、そのまま勝負させたいのか、時間を作りたいのかにこだわるのではなく、自分たちが次に何をピッチ上で表現したいかに対して、一つ一つのプレーを極めていく、レベルを上げることを求めました。
 
――今、柏レイソルのトップで吉田さんの指導を受けた工藤壮人や茨田陽生らが活躍しています。吉田さんの力だけではないと思いますが、「吉田さんだからこそプロになれた」と感じている選手も多いと想像します。魅力的かつ自主的な選手が育ったことについて、改めてどう感じていますか?
 
吉田氏 確かに、それについてはたくさん聞かれたし、話しました。彼らがトップに上がっていく背景は、かなりさかのぼる必要がありますが、大きなクラブでやっている以上はどうサッカーを捉えるかが重要です。私が指導する上で選手たちには、「職業としてのサッカー」を明確に意識させました。
 
 もう一つは、このクラブに入ってきてプレーすることの意味です。トップに上がる中で人が淘汰され、残っている自分たちを信じなければいけない。その意味はすごく大事なことだと思います。トップに上がることがどれだけ大変か、選手が一番よくわかっています。周りの大人はそこを理解せずに評価を下してしまいがちでした。その評価基準を変えるのは、我々しかいないと思いましたね。


2012年05月31日配信のメルマガより抜粋。メルマガ本文では、この5倍近いボリュームに加え、『AS』専属カメラマンであるアルベルト・イランソ氏のフォトギャラリーも用意し、濃密なコンテンツを取り揃えています。ぜひご購読ください。※

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。