スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の小澤一郎の他媒体での掲載記事、番組出演(予定)情報 

more...

スポンサーサイト

「やりたいことがあるなら真っすぐ進めば良いんです」バレンシアで闘う男 中原健聡(カタロハCF練習生)インタビュー(上)【 @ichiroozawa】 

小澤一郎の「メルマガでしか書けないサッカーの話」第115号(2012年10月26日配信号)より抜粋※


 今年1月に福岡大学サッカー部の4選手がバレンシアにあるウラカン・バレンシア(スペイン3部)に練習参加した際、刺激的な特別講義を行なってくれた中原健聡という日本人選手のことを覚えているだろうか?
 
■2012年01月26日 通巻第78号(1/2)
「やって後悔した方がまし」 中原健聡選手(CFポルタル・デル・カロイグ)講演会 第1回

■2012年02月02日 通巻第79号
「誰かの足を折ってでも、絶対につかんでやる」
中原健聡選手(CFポルタル・デル・カロイグ)講演会 第2回


 彼の所属していたチームは地域リーグではあったものの、ホテルの経営者がオーナーを務め、スペイン3部のセミプロチーム以上の高待遇で世界中から選手をかき集めていた。しかし昨季終盤に、チームが突如消滅。オーナーも夜逃げするような形で消息不明となり、中原選手は2シーズン目となる今季に向けて新たなチーム探しを強いられた。

 持ち前のアグレッシブな売り込みとトライアウトでのプレーが認められる形で今夏の一時帰国前にはアルボラーヤというバレンシア市内の育成に定評があるトップチーム(スペイン5部)との契約が決まり、バレンシアに戻ってから2年目の挑戦が始まっていた。
 
 しかし、現状に満足しない中原選手はスペイン中の2部B(スペイン3部)のメールアドレスに自身の履歴書を送りまくって、より上のカテゴリー、レベルでのプレー機会を狙った。

 現在は、「練習生」という形ではあるがバレンシアにあるカタロハCFというテルセーラ(スペイン4部)所属のクラブで契約のチャンスを伺っている。一度その練習を見学しに行ったのだが、練習生がほぼ週替わりで入れ替わる中で選手たちからは生き残りをかけて1回の練習、1プレーに人生を賭けるかのような必死の形相が伝わってきた。

 今回はゆっくりとインタビュー形式で話を聞かせてもらった。おそらく、前回の大学生向けの特別講義同様に皆さんの心に響く話があると思う。このインタビューから現在進行形でスペインで、バレンシアで「闘う男」、中原健聡というフットボーラー、人間の生き様を感じてもらいたい。

more...

【 @ichiroozawa】スペイン代表にも忍び寄る経済危機  

小澤一郎の「メルマガでしか書けないサッカーの話」第114号(2012年10月18日配信号)より抜粋※

 先週末から、半年以上ぶりにバレンシアにやってきてスペイン取材を行なっている。ちょうど、16日にマドリードのビセンテ・カルデロンで行なわれたワールドカップ欧州予選のスペイン対フランスの大一番があったため、取材申請は間に合わなかったが、チケットを購入して観戦してきた。
 
 2010年12月に開通したバレンシアとマドリード間のAVEによってわずか90分、途中停車駅もない快適な旅が可能であり、試合当日の朝に思い立ってふらっと1泊旅行を敢行した。
 
 試合結果は周知の通り、スペインがセルヒオ・ラモスのゴールで先制するも、その後の決定機とPK(キッカーはセスク)をことごとく外してしまい、後半に持ち直したフランスが試合終了間際のジルーのゴールで1-1のドローに持ち込んだ。
 
 スペインにとってはホームで「勝ち点2を落とした試合」となったが、EURO連覇を果たし、ワールドカップのディフェンディングチャンピオンさえ、「3分」と掲示されたアディショナルタイムの2分50秒台に得たコーナーキックで簡単にショートコーナーからボールを失う。
 
 その後フランスのクリアボールを拾ったフアンフランが「ありえない」判断ミスでまたまたボールを失い、カウンターから失点するという『マリーシア不足』が起こりえるのだと痛感した。
 
 さて、試合前日の会見でフランスのデシャン監督が「今のスペインは歴史上最高の代表チーム」と評したように、EURO連覇とW杯王者のスペイン代表にはここ数年、基本的に景気のいい話がつきまとってきた。
 
 今回のフランス戦を前にしても、日産が新たにスペインサッカー連盟(RFEF)とスポンサー契約を結んだことが発表され(※2年で推定5億円のスポンサー料)、試合翌日の17日に発表された仏戦の視聴率は44.1%(瞬間最高視聴率49.8%)とW杯予選では史上3番目に高い数字を叩き出した。
 
 しかしながら、試合2日前の時点でのチケットの売れ行きは不調で、『アス』によると1万2000枚以上が売れ残り、試合直前のチケット売り場にも「完売」の張り紙はなかった。私も試合当日の昼過ぎにマドリードに到着するや否や、カルデロンのタキージャ(チケット売り場)に足を運んだのだが、全く列もなく、すんなりとメインスタンドの中央席を確保することができた。
 
 日本と異なるので正確な観客動員数の数字は出ておらず、17日の『マルカ』紙には4万2000人、『アス』紙には5万5000人と相変わらず適当でいい加減な数字がレビュー記事に掲載されていたが、メインとバックスタンドはほぼ満席状態であり、ゴール裏に少し空席が目立つ程度であったので最終的には5万人前後の入りがあったのではないだろうか。


小澤一郎の「メルマガでしか書けないサッカーの話」第114号(2012年10月18日配信号)より抜粋※

【 @ichiroozawa】「クラマーさんは、きっと嬉しいだろうなと」 明石真和氏(駿河台大学教授)が語るデットマール・クラマー 

小澤一郎の「メルマガでしか書けないサッカーの話」第113号(2012年10月11日配信号)より抜粋※


 8月3日の第104号にて「日本サッカーの父」ことデットマール・クラマー氏の独占インタビューを掲載した。そのインタビューの取材協力と翻訳を受け取ってもらったのが、駿河台大学の明石真和教授である。ドイツサッカーに精通する明石先生は、『栄光のドイツサッカー物語』(大修館書店)の著者でもある。
 
 今回、クラマーさんに関連する一連の取材をするにあたって中条一雄・著『デットマール・クラマー、日本サッカー改革論』(ベースボール・マガジン社)を参考文献とさせて頂いた。朝日新聞の記者として読売新聞の牛木素吉郎氏、産経新聞の賀川浩氏らと共にサッカー記者の草分け的な存在として長年日本サッカーメディアを支えてきた中条氏のクラマー本は実に読み応えがあり、記録的価値のある内容だった。ある意味で、クラマーさんの自伝が存在したとしても、それを超えるだけの書籍に仕上がっていると思う。
 
 その本のための2、3回目のインタビューを通訳としてサポートしたのが明石先生であり、今回は明石先生自身にインタビューを行なった。クラマーさんのキャリアを知らず、中条氏の著書も目にしたことがなければわからない人物や出来事もあるかもしれないが、その時には今尚輝くクラマーさんの言葉に耳を傾けるべく『デットマール・クラマー、日本サッカー改革論』を手にとって読んでほしい。
 
 特に、1964年10月、東京オリンピック閉幕の翌日にクラマーさんがお別れパーティーのスピーチで残した「日本を去るに当たっての五つの提言」は約50年も前のスピーチでありながら、今でも日本サッカー界全体として共有しなければいけない大切な提言である。


――クラマーさんとの出会いのきっかけを教えてください。
 
 明石真和氏(以下、明石氏) ビバ! サッカー研究会を通じて牛木素吉郎先生、中条一雄先生という流れで自然にお会いしました。僕は毎年のようにドイツに行くので、中条先生から、「クラマーさんの本をぜひ作りたい」ということで通訳を務めました。途中まで取材をなさっていたのは知っていたので、その続きをやりたいのでということで、「喜んでいくらでも協力させていただきます」と。2005年、2006年あたりのことだと思います。
 
――クラマーさんの第一印象は?
 
明石氏 当然、幼い頃から存在は知っていました。その前にも個人的には何度かお会いしているので、「相変わらずお元気ですね」という感じでした。
 
――2005年となると、クラマーさんもご高齢ですよね?
 
明石氏 80歳ですね。ただ、その時に初めてお会いしたわけではなく、個人的に確か95年だと思うのですが、(フランツ・)ベッケンバウアーが50歳になって、ドイツでチャリティー試合があり、そこに釜本(邦茂)さんも参加して、私が現地で偶然、臨時で通訳を務めました。
 その時にクラマーさんもいらしたので、「いつかインタビューさせてください」とお願いしたら、「いつでも取材に応じる」という話をして下さいました。クラマーさんがどこまで覚えてくださっていたかはわからないですが、その意味ではスムーズに行けたかなという気はします。
 
――日本サッカーの礎を築いたクラマーさんの提言は40年、50年経った今でも生き続けています。
 
明石氏 軸がブレないというのが一番印象に残っています。50年前に言っていたことが今でもキチッと当てはまります。面白い話があって、95年私は(ヘルムート・)シェーン監督の本を訳していたのですが、釜本さんに「シェーンさんとクラマーさんの違いはありますか?」と聞いたら、「同じや」と言っていたのを覚えています。
 クラマーさんは、シェーンのコーチングを受けたことがあるのですが、彼らは全く同じだと。共にケルンスポーツ大学でやってきた基礎というのは(ゼップ・)ヘルベルガーの理論なのですが、それが違う指導者なのに軸が全くブレていない。その辺りはさすがドイツだなという気がしましたね。そういうことも印象に残っています。
 
――他に印象に残っていることはありますか?
 
明石氏 実は中条先生が本に書かれていないことがありまして、クラマーさんは有名な方なので、いろいろな本が送られてきます。その中で、どこかの大学の教授がサッカーの戦術について、医学論文のような厚い本を書きました。するとクラマーさんは、「こんなものが送られてきたが、クソ食らえだ!」と言って叩きつけたんです。あれはすごく印象に残っていますね。「ただ単に戦術を並べただけだ」と。
 その反面、いい本だと持ってきたのがエルンスト・ハッペルの本なんですよ。僕も偶然この本を持っていたのですが、ハッペルはオーストリア出身の監督でフェイエノールトで1969―70シーズンに初めてオランダのチームがチャンピオンズカップ(現チャンピオンズリーグ)を取った時の監督です。

小澤一郎の「メルマガでしか書けないサッカーの話」第113号(2012年10月11日配信号)より抜粋※

柏の問題を「決めきる力」で片付けて良いのか? J1第27節 柏レイソル 1-2浦和レッズ  

小澤一郎の「メルマガでしか書けないサッカーの話」第112号(2012年10月04日配信号)より抜粋※

 9月29日に国立競技場で行なわれたJ1第27節の柏レイソル対浦和レッズの試合は、1-2で浦和の逆転勝利。前半15分に柏に先制点を許した浦和だが、39分に梅崎のゴールで追いつくと、後半も浦和ペースで試合が進み、試合終了間際のアディショナルタイムにGK加藤順大のロングスローを起点としたカウンターからポポが決めて決勝点。今回は、その試合を試合後の両監督の会見コメントを用いながら振り返ってみたい。
 
 試合の総評として適切だと感じたのが、柏のネルシーニョ監督の会見冒頭部分だった。
 
 「敵陣へ攻め込んでポゼッションする場面もありましたが、両チーム共に自陣で耐えてカウンターという展開になったと思います。我々の選手たちは局面で考え、最善を尽くして戦ってくれました。浦和との違いはカウンターに現れました。我々には最後の場面でシュートを決め切る力がありませんでした。最後の失点はアクシデントでもありますが、それもカウンターからの出来事ということに変わりありません」。
 
 「両チーム共に自陣で耐えてカウンターという展開」という表現は、Jリーグの試合で多く見られる「両チーム共にブロック構築、帰陣を優先させて守る展開」と言い換えもできる。
 
 一方、浦和のペトロヴィッチ監督は会見冒頭でこう試合のポイントを挙げている。
 
 「今日のゲームは両チームとも素晴らしいゲームを展開しました。非常に運動量が多く、球際も激しく争い、そして多くのチャンスを演出しました。この試合に勝利できた理由は、我々の方がよりリスクを負って攻撃した点にあると思います。相手はこちらの攻撃を受けてカウンターで裏を突くという狙いがありましたが、こちらはより攻撃を仕掛けていました。
 決勝点はギリギリのところでしたが、内容で言えば我々が勝利に値しました。最後のゴールに関してはラッキーな部分もありますが、リスクを負って攻撃するという姿勢が生み出したものだと思います」。
 
 確かに後半の展開に関して言うならば、浦和が柏陣内に押し込む時間帯も多く、ペトロヴィッチ監督の「リスクを負って攻撃した」、「より攻撃を仕掛けた」という認識は正しい。とはいえ、冷静に見れば浦和の攻撃的姿勢よりも柏の守備が「引きすぎた」ことがその展開、流れを生み出していたと考える。
 
 序盤からはっきりしていたのが柏の浦和対策。2シャドーのマルシオと梅崎を柏のダブルボランチ(大谷、栗澤)がしっかりと捉え、前線に侵入してきた時にもそのままマンマーク気味に付いて行く約束事であったため、ボランチがDFラインに吸収される場面が何度も続いた。
 
 ボランチのラインが最終ライン付近までグッと下がれば、当然浦和にとっては中盤で組立てを行なうスペースががら空きとなり、なおかつ前半は柏の田中が浦和の柏木を警戒し過ぎる余り、浦和の永田、阿部ら最終ラインからのドリブルでの持ち上がりに対して全くプレッシャーをかけることができず左右に振られたい放題となった。
 
 会見でも「浦和はDFラインからドリブルで持ち上がってバランスを壊すことが多かったですが、この点はあまり問題に感じていなかったのか?」という質問が出ており、それに対してネルシーニョ監督はこう答えている。
 
 「確かにそれはあったので、(後半から)田中順也に替えて澤を投入しました。今日の田中は守備の対応が上手くいかず、澤が入ってからは相手DFのプレーをニュートラルに持っていけたと思います。水野とジョルジ(・ワグネル)が同時に中を絞っての対応もありました。浦和は阿部がDFラインに入った時に、柏木が常に中央で浮いていたので、そのマークは澤がマンツーマン気味でついていました。これは後半にかなり修正できた部分だと思います」
 
 余談にはなるが、この試合で何度もドリブルで持ち上がった浦和のCB永田充のプレーを見ながら、日本でもドリブルの技術を「突破」と「持ち運び」に分けた上で、持ち運ぶドリブルについても育成年代からしっかりトレーニングさせるべきだと感じた。スペインでは、突破は「レガテ」、持ち運びは「運転」という意味の「コンドゥクシオン」を呼び、明確に単語(概念)を分けているが、日本ではまだ「ドリブル」で統一されている。


2012年10月09日配信のメルマガより抜粋。メルマガ本文では、この数倍近いボリュームで濃密なコンテンツを取り揃えています。ぜひご購読ください。※

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。