スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【全文掲載】「特別扱い」を当たり前に/書評「育ての流儀」乾眞寛 text by 中村僚 

小澤一郎の「メルマガでしか書けないサッカーの話」第129号(2013年02月14日配信号)より全文掲載※




 いかにして「特別扱い」し、「特別扱い」があることが当たり前な環境を作るか。乾監督の指導はこのようなものなのではないか。


 ロンドン五輪で目覚ましい活躍をし、今冬にベルギーへ渡った永井謙佑。乾監督は福岡大学で彼を指導した際、現在のサッカーのトレンドから考えればあり得ないような指示を与えていた。それはプレーエリアを狭め、ゴールのみに集中すること。フォワードでも献身的な守備を求められるようになった昨今では、ほぼ考えられない指示だ。

 

 しかし、それでも乾監督は永井にそのような指示を与えた。これは永井の特徴や、現在の日本サッカーに足りない「ゴールを奪う」というエッセンスを考慮した上での決断だったようだ。


 そもそも、選手の個性はみな違う。足の遅い選手もいれば、ボール扱いに難がある選手もいる。テクニックがあっても戦術理解が及ばないこともある。一口に「足が遅い」と言っても、足の回転の問題なのか蹴り足の力の問題なのか、選手によって問題はさまざまだ。

 

 長所においても同じことが言える。個々の特徴が違う場所にある以上、チーム全体で同じ練習をしていてもすべての欠点が補えるはずもない。乾監督が永井に与えた「特別扱い」は、突き詰めれば自然なことで、それからの指導現場でスタンダードになっていくべきものなのではないだろうか。


 そしてもうひとつが、選手の自立を促す指導だ。選手の判断を促す声かけを、という指導論は、今ではよく耳にする。ではその具体的な方法は?


 例えば、インタビュー時の質問で「Yes,No」で答えられるような質問はしない、というやり方がある。答えが2択しかない場合、「はい」と答えただけで問答が終わってしまうからだ。


 これは指導にも当てはまる。本書でも言及されているが、指導者が頭ごなしに「こうしろ。わかったな?」と言えば、選手はその場を取り繕うために「はい」と答え、そこで終わってしまう。ミスや問題の原因を見出そうとしないため、根本的な解決にならないのだ。


 私も中学生の指導に携わる身として、またジャーナリストを目指す身として、会話の際には慎重に言葉を選んでいる。もともと会話の組み立てがうまくないこともあるが、選手、あるいは取材者の考えを引き出そうと、「いかがですか?」「どう思う?」という質問をするように心がける。指導においては選手の考えを引き出すことが「特別扱い」へつながり、取材であればその人の考えや思いを拾って会話を広げるヒントになる。


 人の上に立った時に必要なものは、「特別扱い」と「人の話を聞く」ことではないだろうか。(編集部・中村僚)



小澤一郎の「メルマガでしか書けないサッカーの話」第129号(2013年02月14日配信号)より全文掲載※

スポンサーサイト

「サッカーとは、人間の熱意を上げるためのもの」 ビジャレアル・ロッチ会長インタビュー[ @ichiroozawa] 

小澤一郎の「メルマガでしか書けないサッカーの話」第129号(2013年02月14日配信号)より抜粋※


(c)Ichiro Ozawa



 昨年11月23日(金)の『Foot!』(J SPORTS)に出演した際、「リーガ危機」と題してビジャレアルのフェルナンド・ロッチ会長のインタビューを放送した。メルマガでも紹介した通り、昨年10月のスペイン取材で録ったインタビューの一つで、同番組のKプロデューサーからは「小澤さんのメルマガで使ってもらっていいですよ」と取材時から当メルマガでの掲載(転載)許可を頂いていたのだが、長らく掲載のタイミングを待っていた。


 その理由は、同じテーマで取材を行なったバルセロナ大学経済学部のホセ・マリア・ガイ教授のインタビューと欧州サッカーの経営分析リポートが『欧州サッカー批評7』に掲載される流れとなっていたからだ。今週12日に発売されたモウリーニョ監督表紙の同誌は、第2特集として「欧州サッカー崩壊のカウントダウン」が取り上げられている。その特集内でガイ教授のインタビューと5大リーグの経営分析リポートが掲載されているので、是非とも手にとって見て欲しい。本当に貴重なインタビューであり、データとなっている。


欧州サッカー批評7



 今回掲載するビジャレアルのロッチ会長は私がスペイン在住時代から取材したい会長の筆頭だった。その理由は、おそらくインタビューを読んでもらえばわかるはずだが、「サッカーのクラブ経営が何たるか」を知り尽くしている会長であるからだ。ある意味で、私は「世界最高の会長の一人」だと認識している。残念ながらビジャレアルは昨季まさかの2部降格で2部の今季もなかなか上位定着とはなっていない。すでに監督交代(フリオ・ベラスケス→マルセリーノ・トラル)のショック療法を行ない、先週末の第25節を終わって7位につけているが、今後の巻き返しに期待したい。


 最後に掲載を快諾頂いた『Foot!』と番組スタッフの皆様に感謝の意を表したい。ありがとうございました。





――会長、まずは取材対応ありがとうございます。われわれは依然としてビジャレアルを模範的なクラブとみています。今現在のクラブはどうですか? 

フェルナンド・ロッチ会長(以下、ロッチ会長) 今はクラブの経営バランスを考えています。置かれた状況の中で、とても重要な要素だからです。近年のビジャレアルは、選手の売却や増資によって経営バランスを保っています。

――われわれ日本人でさえ、昨季ビジャレアルが降格するとは思っていませんでした。(降格は)とても残念でした。

ロッチ会長 私にとっても、です。まさか(降格という事態が)起こるとは思ってもいませんでした。しかし、昨季はわれわれがやるべきことをしっかりやらなかったために降格してしまいました。やるべきことをしっかりやらないと、大抵悪い結果が出ます。昨季はそれが起こってしまい、いいシーズンとはなりませんでした。

――しかし、常に人生というのは続いていきます。そうした後こそ、やるべきことをしっかりやる、あるいは改善していかなければいけません。

ロッチ会長 確かに、偉大な人ほどつまづいた後に立ち上がります。われわれはつまづきましたが、もう一度1部に戻るために立ち上がらなければいけません。

――1部に戻るための今季ですが、どのようにご覧になっていますか?
 
ロッチ会長 難しく、複雑なシーズンです。しかし、このプロジェクトを継続させるならば昇格は義務です。簡単にはいかないでしょうし停滞する時期もあるとは思いますが、選手全員、クラブ全員が「簡単にはいかない」ことを理解しながら努力しなければいけません。昇格しなければならないのです。

――驚いたのは、2部に降格した後もクラブは現状を維持しており、むしろ良くなった部分もあります。

ロッチ会長 そうですね。降格した後も、カンテラ(下部組織)関連の予算は維持しています。クラブの将来はカンテラにありますから。カンテラの予算を維持した上で、トップチーム関連の予算を下げました。

――何パーセントほど下げたのですか? 

ロッチ会長 約50パーセントです。昨季の予算は6500万ユーロでしたが、今季は3500万ユーロです。とはいえ、削減した予算は全てプロフェッショナル部門、トップチームに関わるものです。

――カンテラの規模を維持することは非常に重要です。

ロッチ会長 もちろんです。だからこそ同じ規模、同じチーム数、同じカテゴリーを保っています。ビジャレアルのプロジェクトは1部にいることであり、そのためにはカンテラが(トップチームの)供給源になる必要があります。

――ビジャレアルのようなクラブにとって、カンテラとはどういった意味を持ちますか?
 
ロッチ会長 全てです。

――同じく将来のためにも? 

ロッチ会長 はい。クラブの将来にも関係してきます。われわれはビッグクラブと渡り合うことを望んでいますが、より規模が大きく潤沢な資金を持ったクラブがあるので、外から選手を連れてくるだけではそうしたクラブと戦えません。だからこそカンテラに力を入れ、下から良い選手を獲得していかなければいけません。

――しかし、カンテラに力を入れることにもお金はかかります。

ロッチ会長 もちろん、かかります。われわれはクラブ予算の30パーセントをカンテラに充てていますから。

――本当ですか? リーガ・エスパニョーラの中で、それほどの比率をカンテラに充てているクラブは他にありますか?
 
ロッチ会長 あると思いますよ。ビッグクラブも力を入れていると思いますが、トップチームに選手を送り込むことは普通よりも難しい。一方でここ(ビジャレアル)では、カンテラからトップチームに選手を送り込むことは比較的簡単です。

――健全的なクラブ経営についての哲学をお聞かせ下さい。

ロッチ会長 バランスを探すことです。われわれは負債を全てなくし、増資しました。増資によって組織を整え、負債を全て取り除くことができました。今は、予算バランスを保っています。今年は3500万ユーロの予算ですから、3500万ユーロの収入を得なければいけません。
 ただ、2部は1部と比べて大きく収入面で下回りますから難しい数字です。よって、選手を売却することで今季の予算バランスを取るようにしました。将来的にも収入と支出を同額にし、カンテラを重視していきます。ビジャレアルが1部クラブとなった時の予算は、4500万ユーロあたりになるでしょう。そのくらいが、収支バランスを維持することのできる額です。

――近い将来をどのように見ていますか? 例えば、重要な選手を売却し続ける必要性はありますか?
 
ロッチ会長 このバランスがあれば、売る必要はありません。しかし、非常にいい選手がさらなるレベルアップを求め(移籍を)望むのであれば、扉を閉ざすべきではありません。よって、必要性はないですが、売り続けることになるでしょう。選手、買い手(クラブ)、われわれの3者にとってプラスであれば売却し続けるでしょうが、「選手売却」を経営方針に据えることはありません。

小澤一郎の「メルマガでしか書けないサッカーの話」第129号(2013年02月14日配信号)より抜粋※

「個という基礎があって、初めて組織が成立するんです」鈴木隆二(フットサル元日本代表)インタビュー [ @ichiroozawa] 

小澤一郎の「メルマガでしか書けないサッカーの話」第128号(2013年02月07日配信号)より抜粋※




写真提供:鈴木隆二



 昨年10月のスペイン取材時、当メルマガの隔週コラムでお馴染み坪井健太郎氏のコルネージャ・ユースCの試合観戦に出向いたのだが、その際会場で知り合ったのがフットサル元日本代表の鈴木隆二氏だ。2009年からスペインのバルセロナに移り住み、「サッカー大国」「育成大国」であると同時に「フットサル大国」として世界を牽引するスペインフットサル界で選手・指導者として活躍している。


 1月7日発売の『サッカークリニック2月号』に「元フットサル日本代表が語るフットサルとサッカーの関係」という鈴木氏のインタビューが掲載されているのだが、掲載号が出たということでかなり遅れたタイミングではあるが日本の団体ボール競技発展のために尽力する鈴木氏のインタビューをここでも掲載する。


 コルネージャのスタジアムで知り合ってすぐ「この人は面白い」というインスピレーションを受け、即座に取材を申込み、試合のハーフタイムにインタビュー収録するという異例の取材だったのだが、鈴木氏からは非常に整理された上でロジカルな話が出てきた。
 
 ここでのインタビュー内容はあくまで『サッカークリニック』に掲載し切れなかった内容のこぼれ話ではあり、できればクリニックのインタビューを手にとって読んでもらいたいと思うが、スペインのフットサル事情を含めてなかなか日本には入ってこない情報や話が満載の内容になっていると自負している。


 おそらく、今後継続的にお付き合いさせて頂くことになるであろう、鈴木隆二氏の人となりをまずは知ってもらいたい。


【プロフィール】鈴木隆二(すずき・りゅうじ)
 1979年5月7日生まれ、東京都出身。読売SC、日産FCジュニアユースを経て、ブラジルにサッカー留学。ブラジルでは、ボタフォゴFCでプレー。帰国後、駒澤大学に入学し、サッカー部に所属。大学卒業後にフットサル選手に転向し、カスカヴェウ東京、ファイルフォックス、Casa de Espanha(ブラジル)、府中アスレティック、ASDローマ(イタリア)、名古屋オーシャンズでプレー。2009年にスペインに渡り、RAM LEON、FUCONSA JAEN FS、SALA 5 MARTORELL(ES)を経て、現在はSANT ANDREU DE LA BARCAに所属。



――これまでの経歴を簡単に教えて下さい。

鈴木隆二(以下、鈴木) 小学生の時に読売サッカークラブ、今の東京ヴェルディのジュニアでプレーをしていました。中学では(横浜F・)マリノスのジュニアユースに所属、高校生の時にはブラジルのボタフォゴFCに3年半サッカー留学をしました。その時のチームメイトには元レアル・マドリードのシシーニョ(現スポルチ・レシフェ/ブラジル)や、今FC東京でプレーしているルーカスがいて、2、3年一緒にプレーをしていました。日本に帰国後は駒澤大学のサッカー部で4年間サッカーをして、大学卒業と同時にフットサルに転向しました。

――フットサルに転向後の経歴は?

鈴木 今のFリーグ、ペスカドーラ町田の前身であった、CASCAVEL TOKYO(カスカヴェウ・トウキョウ)というチームで、フットサルのキャリアをスタートすることができました。当時の日本代表の中心選手が何人もいた日本でもトップクラスのチームだったので、自分の中でそこで半年間フットサルを真剣にやって、ある程度結果が出なければ辞めるつもりで取り組んでいました。
 半年くらい経ち、日本代表の若手を中心としたチーム、ある意味でB代表ですが、その代表に呼んでもらうことができました。そこから日本代表になるチャンスを得ることができ、多くのチームでプレーをさせていただき、今日に至っています。

――サッカーからフットサルへの転向は大きな決断だったと思いますが、決め手は何ですか?

鈴木 私はブラジルでやっていたサッカーの感覚、つまり選手全員がボールに絡み、チーム全体でラインを押し上げてゴールまで行くサッカー、またブラジル特有の突出した能力の選手たちが作り出す連係プレー、個人技、そういったものにとても魅力を感じていました。

 フットサルという競技を始めた時に、当然ピッチも狭い、プレイヤーの数が少ないということで連携や融合や組織戦術、それらの総合的な融合がものすごく楽しくて、そして何と言っても攻守において常にゲームに参加している感覚が楽しくて、それでフットサルにのめり込んでいきました。

――ブラジルのサッカーの選手で幼少期にフットサルをしていたという話をよく聞きますが、実際はどうなのでしょう?

鈴木 私の所属していたボタフォゴFCでも、フットサルコートでのトレーニングというのは月に1回ほどありました。今思い返すと、フットサルの戦術的なトレーニングをしていたわけではないのですが、狭いスペース、少人数の中でいかに味方と連携をとりながら相手を崩し、ゴールを決めるかという狙いがある練習でした。

 また、オフに友達の家に遊びに行くと、必ず近所の友達と一緒になって路上でストリートサッカーを裸足でやっていました。ストリートでのサッカーに始まり、少人数で狭いピッチで「遊ぶ」ことは、選手に関わらず、多くのブラジル人が幼少期に日常的にやっていると思います。

――ブラジルの場合、融合というよりは個を積み上げた集合体で戦うというイメージですが?

鈴木 そうですね。やはり、各ポジションに能力の突出した選手がいて、彼らがピッチ内で創造力をベースに連携、バランスを取って組み立てていくという感じです。留学当時のチームメイトの中に、「こういう選手が天才なんだ」と思わされた選手がいて、彼に練習中「スズキ、オレと連携しろ!」と言われたのを今でもはっきり覚えています。

 それはシステムや戦術ではなく、ただ単に「オレと組め! プレーを作り出すから」という意味でした。ブラジルの教育の中でも、例えば図工の授業があったら、日本の場合は材料のみならず「何を作るか」という目的までも決まっていますが、ブラジルの場合は「何を作るのかはあなたが決めなさい」という教育方針だというのを聞いたことがあります。
 
 サッカー、フットサルもそれと同じで、その場にあるもので何をどのように作っていくかは選手次第というところがあります。当然スペインでも「自分次第」「個」という感覚はあるのですが、大きな枠組みの「組織」というものに対してのこだわりも非常に強く、その2つを融合する能力がとても優れているのではないかと思います。

――日本のフットサル選手は、まだサッカーをやっていて転向した選手が多いのですか? それとも、育成年代からずっとフットサルをやってきた選手の比率が増えてきているのでしょうか?

鈴木 今20代前半の選手たちは、10代の頃からフットサルという競技に触れて、今日まで至っていると思います。ただ、私の世代になると完全に子供の頃はサッカーをやっていて、高校や大学サッカーを終えた後、フットサルに転向という選手がほとんどです。

 日本のフットサルは今、Fリーグが発足して6年目になりますし、各チームがサテライトや育成に力を入れ始めています。そういうことが浸透して日本でも若い世代からフットサルという競技に触れる機会も多くなっていると思います。

――日本の現状としてはまだ、「個が弱いから組織」という考え方や言葉が強調され過ぎている気がするのですが?

鈴木 それはあると思います。2人組、3人組、また組織というのは、1である個を確立していかないと成立しません。スペインという国に来て学んだことなのですが、1というのは自分の個性からなるスタイルであり、そのスタイルに関しては敵味方が誰であろうが、試合の展開がどうであろうが、監督がどうであろうが崩れない。1の個としての基礎、それがあってはじめて監督やチームメイト、戦術との組み合わせからなる創造的な新しいプレーの可能性や形、臨機応変に対応する能力がついてくるのだと思います。

――指導者の方法論やアプローチ、練習メニューの構築において、日本とスペインで違いはありますか?

鈴木 こちらの監督は一人一人のカラーがはっきりしています。全ての指導者に共通しているかはわかりませんが、その競技における原則をしっかり押さえた上で自分の個性を出していると思います。ただ単に自分の方法論を選手に押し付けるのではなく、自分が抱えている選手が他のチームに行っても必ず財産やプラスになることができる競技原則を指導していると感じます。

 育成年代から競技の原則を身に付け、多くの監督や仲間との経験が、各選手の個性や総合的な能力を上げるのに大きく貢献していると思います。練習メニューとしては、プレシーズン中とシーズン中では当然異なった目的の基練習メニューが構築されますが、指導者が次の対戦相手を分析し、チームとして改善、または取り組みたい事象を誘発させる複合的メニューを細部にこだわって構築しています。

――スペインでフットサルの指導者ライセンスを取得中とのことですが、実際にスペインで勉強してみて、ライセンスのシステムや授業内容についてどういう感想を持っていますか?

鈴木 各講師は、それぞれの科目に対して原則をしっかり押さえながらも独自の考えで講義を進めます。参考書はありますが、講師自身の経験や研究したテーマ、自身の考えで内容が構成されているため、講師がスポーツ現場で活躍している場合や該当種目の経験が豊富であればあるほど講義内容は面白くなります。

 各科目の原則とそれぞれの講師の経験から構成されるオリジナルな講義内容はとても興味深いものがあります。また、スペインではオフシーズンになると、有名なスペイン人監督による「指導者による、指導者のためのクリニック」が全国各地で開催されます。
 
 私は毎年オフシーズンになるとそれらのクリニックに必ず参加するのですが、ここでは講師を務める各監督が、それぞれの得意分野やフットサルにおける重要なテーマに関する持論を披露してくれます。これらの講義を受けて強く感じることは、「彼らは現役の監督でありながら、なおかつフットサルというスポーツを通した研究者である」ということです。


小澤一郎の「メルマガでしか書けないサッカーの話」第128号(2013年02月07日配信号)より抜粋※

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。