スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アラゴネス監督「バレンシアの試合はチェックしている」 

10日の『スーペル・デポルテ』紙にスペイン代表のルイス・アラゴネス監督のインタビューが掲載されていた。いくつか気になった発言を紹介。

-バレンシアから8人を呼ぶような状況になることもありそうですか?

「既に6人を呼んでいるのだから当然。我々は常に最高の選手を呼ぶまでで、それが同じチームにいるならそういうこともあり得る」

-アルビオルは召集間近?

「彼はかなり良いパフォーマンスを披露している選手で、私の構想の中にいる。彼のプレーはチェックしている」

-アルビオルがフル代表の選手になるためにまだ欠けていることは?

「それは代表監督である私のみが知ることで、他の選手で良いパフォーマンスを発揮していながらまだ呼んでいない選手と同じだ」

-毎週、バレンシアの試合はチェックしているのですか?

「もちろん。私のみではなく、協会のテクニカルスタッフもチェックしている。毎節5試合を生中継でチェックして、他の5試合を録画でチェックしている」


Comments

初めまして。
以前からこちらのブログとスポーツナビの記事を非常に楽しく読ませてもらってます。
しかし、どうしても気になったことがあったので1点だけ。
意識的にか無意識的にかは分かりませんが、
最近の小澤さんのスポーツナビの記事でのアラゴネス監督についての論調は
その多くが批判的な内容であり、いささか一面的に過ぎると思うのです。

もちろん、スペイン国内で監督解任説が噴出していることは重々承知しておりますが、
その現地の世論に乗る形でアラゴネス監督を批判することは
記事の読み手に一方的な視点のみを与えることになるのではないでしょうか?
上記のような現地での世論をまずは客観的な視点で伝え、
その上でアラゴネス監督の功と罪の両面を述べることが必要なのはないでしょうか?

初めての投稿にもかかわらず差し出がましいことを申し上げましたが、
もしお気を悪くされましたならばこのコメントは削除していただいて結構です。
それでは、失礼いたします。

え、バレンシアの試合をチェックしていてアルビオルをよばず、マルチェナですか。。。
ああ、これだけでやっぱりこの監督心配だ。

いつも楽しく、また興味深く拝見しています。バレンシアから8人‥ちょっとすごいですね。バレンシアファンとしてはうれしくもあり、怪我が非常に心配でもあり複雑です。ただ、本来ならば監督が束ね、引き上げてゆくべきチーム力やコンビネーション等を、バレンシアの選手たちをセットではめ込み補うという安易な考えからなら、ご勘弁願いたいとも思ったりします。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/1000-5a3ade66

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。