スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルスのお父さんと再会 

そういえば…、バジャドリード戦で久々にルスのお父さんと再会しました。

「ルスって誰?」という人のために紹介しておきますが、バレンシアのカンテラーノでアルビオル、ガビランの1つ下、シルバと同じ86年生まれの右サイドバック。

昨年はジムナスティックにレンタル移籍していましたが、今季は2部グラナダ74に完全移籍。開幕からスタメン出場していたのですが、先日の試合で肉離れのケガを負ってしまったそうな。(お父さん談)

お父さんは地元クラブのサッカーコーチもしている人でルスがバレンシアBでプレーしている時は毎日練習場に姿をみせ息子とBチームの様子を熱心に見ていました。よって、私も必然的に毎日のように顔を合わし、仲良くさせてもらっていたわけです。

今はルスもいないのでパテルナ練習場に来ることはないですが、メスタージャで久々に再会。嬉しかったです!

彼もスタジアムに入るところだったのであまり長話しはできませんでしたが、何でもバジャドリード戦ということで同年代の選手の父兄がみな集まっての試合観戦だったようです。

勿論、シルバ両親はいましたし、シシの両親もいました。ルスも含め同年代ということで家族ぐるみで付き合いがあるようですよ。そういえば、試合当日の朝、バレンシアが宿泊するホテルにシシがシルバに会いに来てました。ホテル前でばったりシルバのお父さん、弟と出くわし「お~!」と嬉しそうに再会しているシーンがカナル・ノウのニュースで映ってました。

こういうシーンを見ちゃうとやっぱりカンテラ選手を余計に応援したくなりますね…。

小さい頃からバレンシアの下部組織で共にプレーし、家族も含めて仲良くなった選手たちがリーガ、欧州トップレベルの試合でプレーする。例えバレンシアから移籍したとしてもバレンシアに残って住んでいる家族は自分の息子と同じくプレーしてきた選手の応援に駆けつける。

ルスのお父さんもシシの両親も他のカンテラ選手の両親もシルバがチャンピオンズリーグやスペイン代表で活躍している姿をみて自分の子供の活躍同様に喜んでいると思いますから。

例えば、欧州CLでベスト8に入るチームでこういう目に見えるコミュニティ、家族や父兄の絆が見えるチームなんて他にあるでしょうか?

自分はバレンシアは今のサッカー界が呼ぶ“ビッグクラブ”にはなれないと思っていますし、ならなくて良いと思ってます。そこにこそバレンシアらしい“良さ”が保持できると思うから。だから、私もバレンシアで日常を追いかける「バレンシアサッカーライフ」を続けています。

だって、サッカーって本来日常に根ざしたもので、ショーウィンドウに飾られる高貴なものではないと思うから。将来的に日本のサッカーに必要なのはそういう要素だと思うから。

昨年からは今のBに所属するカルレスのおじいちゃんと仲良くなったことから、カルレスとも練習後によく話しをします。本当に爽やかな好青年なんですよね。彼がトップデビューでもしたら泣けてくるやもしれません…(苦笑)。

来週のヘタフェ戦ではパジャルド、パブロがいます。次なるアルベルダ、シルバを目指して揉まれ成長しているカンテラ選手の一番の目標はスペイン代表でもタイトルでもなく「バレンシアでプレーすること」。いつか帰って来てくれる日を我々も楽しみに待ちましょう!

Comments

バレンシアが益々好きになりました。日本でももっと日常に根ざしたサッカーが広がってくれるといいのですが。

こうゆう話を聞くとなんか心が温まりますね(*^_^*)僕も「ビッグクラブ」なんかにならないでバレンシアらしさを貫き通してほしいと思います。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/1012-8031a9df

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。