スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バルセロナ、今季の鍵はイニエスタ 

昨日のレバンテ戦で4-1と大勝したバルセロナ。

「強い」

と世間一般は言うんでしょうし、私も唸りましたが、「レバンテが弱すぎ」だったのも確か。弱いというか気持ちが落ちすぎ。中盤であれだけチェックが甘く、自殺行為のDFラインの高さ。あれだけスペースを作ったらやられて当然ですね。ここ数試合のバルサのサッカーをみてあの戦術を取るとは…。

しかし、試合中ずっとイニエスタの姿を視野に入れながら観戦していましたが、やはり彼の運動量、スペースを見つけるセンス、スペースを味方のために作る動きは圧巻ですね。これだけ戦術眼が高く技術もスピードも得点力も兼ね備えたパーフェクトな選手は世界中探し回ってもそういない。現時点で言えば間違いなく5本の指に入るでしょう。

今季のバルセロナは勿論、スペイン代表でも中心として使わなければもったいない。

ただ、バルサの場合、悪いですがロナウジーニョがネックになると思ってます。この試合は勿論、ここ最近の試合をみてイニエスタを引っ込め、ロナウジーニョを使うようなら他のチームが付け入る隙あり。

ライカールト監督がどういう選手起用をするかですが、彼の性格やバルサにある周囲のプレッシャーからしてロニーは使うんでしょうね。

正直、「クアトロ・ファンタスティコ」なんて言ってないで、メッシ、エトー、イニエスタの前線で固定して戦えばバルセロナ相手に採用できる守備戦術はないですね。この3人がそれなりの調子でいればバレンシアといえども止めようがない。もうお手上げですよ。

あまり動かないアンリがいてもこのレバンテ戦ではあれだけ変幻自在の3トップだったので、エトーが入ればもう相手DFは混乱するしかないでしょう。

アンリの決定力はそりゃ認めますし、ロニーの実績やポテンシャルは凄いですが、アンリ、ロニーをスタメンで使い続けてくれるなら他のチームも太刀打ちできます。それをこのレバンテ戦で確信。

少なくともバレンシアが12月に対戦する時にメッシ、エトー、イニエスタの3トップじゃなかったら守り切ってカウンターから仕留めることできますよ。その時にはビセンテもいるでしょうしね。

バルサのサッカーは魅力ですが、このレバンテ戦でも「どうやったらバルサの攻撃を止めて、勝てるかな」という視線でみていました。ある意味、バレンシアで仕事をしている職業病ですね…(笑)。



リーガのゴシップ記事もこちらでちょくちょく執筆中。

Comments

今季の鍵というより

今後10年・・・といっては大袈裟ですが、
少なく見積もっても今後5年くらいは、
バルサの鍵を握っていそうな感じですね。
彼を見ているだけでも楽しいですが、
それと同じくらい、彼の生い立ちも気になります。

  • [2007/10/02 08:58]
  • URL |
  • 高田ペ・ヨン・純次
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

aa

バルセロニスタじゃないでしょう?

元々イニエスタのトラップはジダンばりに滑らかでメチャクチャ気に入ってたんですけど、最近は得点力もついて手が付けられない感じですね。

ご意見拝見させて頂きました。
素人的にはアンリ・ロニーっていうのは絶対といつまでの信じていたいところもありますが、彼らも最初からアンリでありロニーではなかったってことですね。今のイニエスタはトンでもない選手だと思います。エトーの一瞬芸とメッシ、イニエスタはどうしようもないでしょうね。ロニーはもうあのレベルには戻れないのはちょっと残念なきがします。

  • [2007/09/30 21:33]
  • URL |
  • なるほど
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

同感です。
イニエスタのようなクレバーな選手は、ホント貴重な人材です。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/1018-2cea8966

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。