スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルビオル、スペイン代表初選出 

2007年10月6日 アス紙のバレンシア版一面トップ
【6日アス紙バレンシア版の一面トップ】

ようやく選ばれました!

「遅いっ!」と突っ込みを入れたい気持ちもありますが、まあ、今は選ばれたことを素直に喜びましょう。

バレンシアのDFラウル・アルビオルがスペイン代表入り。

↑この通り、アス紙の一面トップ(バレンシア版)はアルビオルでしたし、昨日のカナル・ノウのスポーツニュースでもこの(ユニフォームを着る)シーンが出てました。

私がバレンシアに初めてきた2004年に彼は大事故にあいました。そこからのリハビリの様子を間近でみてきた人間の一人なので何だか感慨深いものがありました。

事故を乗り越え、スペイン代表入りしたアルビオル

2007年10月6日 スーペル・デポルテ紙のアルビオル記事1
【6日のスーペル・デポルテ紙にあったアルビオル家族の記事】

スーペルらしくしっかり自宅に訪問して家族の記事を掲載していました。

こういう姿をみるともうダメですね…。ああ、涙出そうなくらい嬉しい…。

弟のブライアン君も良い笑顔してますねぇ~。昨日(5日)午後に地元ビジャマルチャントのサッカーチームの練習に行ったブライアンはチームメイトから「お前のにーちゃん、凄いな!」と祝福されたそうな。

長男のミゲルは今、ラージョ・バジェカーノでプレーしているのでマドリッド在住。よって、この写真には入れませんでしたが、代表入りのニュースを聞いて、すぐに電話をかけてきたそうですよ。

ヘタフェで活躍できたのもミゲルがマドリッドにいて色々世話をしてあげていたからなんですよね。

でも、やっぱり両親の笑顔が一番です!とーちゃん、かーちゃんのこの笑顔。言葉なんて不要ですね…。

2007年10月6日 スーペル・デポルテ紙のアルビオル記事 アルビオル家族の写真拡大
【アルビオル家族の記事の写真アップ】

バレンシアからは今回、このアルビオルをはじめ、アルベルダ、アングロ、ビジャ、シルバ、マルチェナ、ホアキンと合計7名がスペイン代表入り。

スペイン代表の3人に1人がバレンシアの選手です(苦笑)。

中でもアルベルダ同様にアルビオルはバレンシア生まれのカンテラ選手だけにやっぱり地元ファンからの声援も熱い。

スーペルにあったアルビオルの出身村の人々のコメントなんかを読んでいるとそれがよくわかる。

事務仕事をしていたマリア・ホセさん

「兄と恋人からすぐに代表入りのニュースを聞いたわよ。この村の誰にとっても名誉なことじゃない!」

肉屋のホセさん

「嬉しいかって?当たり前じゃねーか!呼ばれる、呼ばれると言われていて遅かったが、めでたいニュースに早いも遅いもねーんだ」


何の店だから知らないが店員のマリサさん

「サッカーは好きじゃないのよ私。でも村の男の子が代表入りするなんて嬉しいわ」

Comments

やっと

やっと、ですね。
ポジション的に、悩める代表の救世主・・・
とはなりづらいかもしれませんが、
アラゴネスがどう扱うのか、
楽しみのような不安のような(笑)

  • [2007/10/08 10:17]
  • URL |
  • 高田ペ・ヨン・純次
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

遅い!でもうれしい!
アルビオル自身がうれしいのはもちろんでしょうが、彼の辛い時期を支えたご家族の喜びは一入でしょうね。
それと、キケも。
彼がアルビオルの才能を見いだしてCBにコンバート。
そしてついに代表入り!ですものね。
監督をやっていて良かったと思う出来事でしょうね。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/1023-f303bcbf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。