スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親善試合フィンランド戦 

バルサのラポルタ会長ほどではないもののやっぱり言いたいことはがっつり言うスペイン人…。

この親善試合について「なんでやるの?」「意味がわからん」といった批判が相次ぎ、ラジオなんか聞いていてもみんな言いたい放題。

スペインでは「もう代表の親善試合なんてやるんじゃない」という論調が一般的になってきました…。今朝のマルカ紙のコラムでも「(ユーロ、W杯の準備のための親善試合を除き)代表の親善試合は終わりにせよ」という見出しのものがありました。


【フィンランド戦本当に雑感】

さすがに、昨日はこのフィンランド戦が生中継されましたが、19時半開始だったこともあってスペイン人はあまり観ていないでしょう。私も流し目でみた程度なので試合についてはあまり書けません(笑)。

個人的にはシルバとイニエスタのコンビネーションが頼もしかったですね。2人で上手くポジションチェンジをしながら攻撃を組み立て、本当に良いコンビになってました。シルバも時にボランチのポジションに入り上手くボールを引き出してました。

イニエスタ、バレンシアに来ないかな!?(バルサにはセスク獲りやらマスチェラーノ獲りで頑張ってもらって…。デコももうちょい頑張れ!)

あと、アルベルダも良かったですね。唯一心配なのはこれだけ代表でポゼッションサッカーをしていてバレンシアに戻ってカウンターサッカーの感覚をすぐ取り戻せるかってこと。アウェイ3連戦の上、次のホームもレアル戦ですからね…。


【移動続きのバレンシア選手】

さて、バレンシアの記者たちと話していても、今後のバレンシアのアウェイ続きの日程を挙げ、「スペインサッカー協会よ、お前らは恥知らずだ」まで言ってました…(苦笑)。

確かに、これみて下さい↓

18日(木)深夜 ヘルシンキ→マドリッド→バレンシア

19日(金)午後 バレンシア→ラ・コルーニャ

20日(土)深夜 ラ・コルーニャ→バレンシア

23日(火)午前 バレンシア→トロンハイム(ノルウェー)

24日(水)深夜 トロンハイム→バレンシア

26or27日(金or土)午後 バレンシア→セビージャ

27or28日(土or日)深夜 セビージャ→バレンシア


バレンシアのスペイン代表選手の飛行機乗車回数は10日間で8回…。また、デンマーク、フィンランド、ノルウェーと1ヶ月間に北欧3カ国に遠征。

スペイン代表選手が今月自宅に滞在できる時間は何時間でしょうか?


【ラウルへのhomenaje】

アラゴネス監督の発言を受けてか、スペインサッカー協会がラウルに向けて敬意を表すべく何かするそうです。

アルベルダ曰く、「馬鹿げたこと」ですね、はい。(ラウルどうこうという意味ではないですよ)

「彼にはまだまだサッカー選手としての時間が残っているんだし(代表にも復帰できるでしょ)」ということですがその通り。

サッカー協会としてはアラゴネス監督の発言を受けて、レアルから「ラウルにもう少し敬意を示しなさい」と怒られビクビクしてるのかもしれませんが、まだ現役バリバリの選手に表彰云々はないですよね。

スペインサッカー協会の肝っ玉・存在感の小ささを痛感します。

ラウルには私も最大級の敬意を表して、「代表に戻っておいで」と言いたいですね。アルベルダもその気持ちがあるから協会の安易な考えを批判したのでしょう。そんなことを今したら逆に失礼に当たると思わないのでしょうか、協会関係者は…。

Comments

さすがに、イニエスタは釣れないでしょう。

今のところ、セスク・マスチェラーノ・デコの誰よりも活躍してますからね

そういえば、レアル・マドリー所属のドイツ代表DFメッツェルダーが「ユーロ本選出場が決まったのならさっさとマドリッドに帰って来い」とチームから言われていた・・・と、今朝の試合の実況さんが説明していました。
「そういうのありか?」と呆れたのですが、スペインではチームから代表選手を出しても、チームには実質的には何のメリットもないんですね。
(確か、ドイツでは代表選手1人辺りいくらかをチームに支払っていたと思います)

当のメッツェルダーのパフォーマンスは散々でした(涙)

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/1037-7f259c62

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。