スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セビージャのファンデ監督がトッテナムへ 

バレンシア戦を前にえらい爆弾ニュースが飛び込んできましたね。

セビージャのファンデ・ラモス監督がトッテナムの監督就任へ。

昨日の情報ではセビージャのモンチSDがロンドンに飛びトッテナム側と交渉を行ったなんて言われていたので、「もしやバレンシア戦のベンチにいない可能性も?」と冗談気味に思ってましたが、今朝の報道や状況からはほぼ決定のようですね。

バレンシア戦の指揮をとるかどうかもわからないとのこと。今日(26日)中にロンドン行きも!とのこと。

まあ、普通ならバレンシア戦の指揮はとって月曜にはロンドンに行くのが筋でしょうが、ピスファンスタジアムのファンに姿を出すことなんて出来ないでしょうし、多分いないでしょうね…。

今朝(26日)、ファンデ・ラモス監督はデル・ニド会長、モンチSDと会談を持ち、シーズン途中の今、セビージャを離れトッテナム監督に就任する意思を明かしたとのこと。

ファンデの契約は今季一杯で契約延長交渉が難航していたことから、間違いなく今季限りと私も思っていましたが、まさかシーズン途中このタイミングとは…。恐らく、セビージャもシーズン途中の退団なのでトットナムから契約解除金を受け取るのでしょう。

さて、トッテナムがファンデに用意している年俸はなんと、1000万ユーロ。(マルカは700万ユーロと言ってますね)モウリーニョが退団したため、いっきにファンデが世界最高年俸を受け取る監督となるそうな…。しかし、プレミアの金満バブリーぶりは凄いな…。

ただ、こういう形でセビージャを離れることは色々な遺恨を残してしまうでしょうね。出来ればきっちり今シーズン終了まで指揮をとって来年からプレミアチャレンジしてもらいたかった。プエルタのこともありますし…。

セビージャ史上最高の監督と賞賛を浴びていた彼も今後は、「金の亡者」とか言われるのでしょうか。プロフェッショナルな世界とはいえこれは感情的にならざるを得ない問題かもしれません。

さあ、いっきに注目の集まるセビージャ対バレンシア戦ですが、ちょっくらセビージャまで取材に行ってきます!昨年の借りを返すぞ!

でも、相変わらずスペインでは醜い放映権問題が続いてますね。今節はセビージャ対バレンシアがビッグマッチなのに国外放送なし?!最近はソヘカブレが反逆に出ているのでまた落ち着いた時に状況説明したいと思います。

Comments

プエルタのこととか金の亡者とかおっしゃりたいことはわかりますけど、それよりも監督として成長するべく向上心や勇気を自分は買います。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/1042-52bc95be

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。