スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クーマン「マタが干されていた理由は何?」 

就任直後に率いた練習でマタを観たクーマン監督は練習後すぐにルイスSDに質問しにいったそうな。

「マタが干されていた理由は何?クラブ上層部の決定?」

それ程クーマン監督にとってマタはやる気に満ちた良い選手に映ったという。これまで彼が全く使われなかった状況について「理解できないな」と述べたそうな。

クーマン監督となりマタがベンチ入りし、ガビランがベンチ入りすら出来ない状況となるなど恐らく今後は選手の状況にも変化があるでしょう。監督が代われば当然のこと。

先入観や過去の実績、ネームバリューなしに選手を同一線上に置いて判断するのが多分クーマン監督が大切にするスタイル。選手もそういう空気は感じているでしょう。

良くも悪くもバレンシアはスペイン人選手ばかりで大人しいチーム。気持ちをプレーに出す選手がちょっと少ない。

まあ、不調のバレンシアを見ているとスペイン代表が世界で勝てない理由というか流れがはっきりシンクロされて浮かび上がってくる。良い子ちゃんの選手たちがシュンと下を向けば、信頼の続かないファンや周囲が批判ばかりで彼らに追い討ちをかける。

はっきり言って、バレンシアにもスペイン代表にも「敗者のメンタリティ」が備わってしまっているので、クーマン監督がバレンシアで荒治療してくれれば、ユーロでのスペイン代表にも良い影響があるだろうと期待しています。

Comments

一郎さん、こんにちは。

同感です!

やる気のある選手が干されて、有名だからとあぐらをかいている選手(←がもしいたとしたら)が試合に出られるようなチームではいけないはずですね。

クーマン監督が、今までのちょっとぬるま湯っぽい雰囲気のバレンシアを活性化してくれることに期待したいですね。



Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/1057-3f600e46

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。