スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペイン代表、ユーロ予選突破 

スウェーデン云々ではなくこの試合は純粋にスペインが強かったと言っていい試合でしょう。素直に喜ぶと共に、ユーロ本大会もこのサッカーを期待したいですね。

4-1-4-1が機能したのは実はアルベルダがいるからなんですよね。シャビ・アロンソやマルコス・セナでは多分1アンカーは無理でしょう。バレンシア贔屓の人間だからということもありますが、彼には影のMVPをあげたいですしこういう縁の下の力持ちにもスポットライトは当てておきたいですね。

バレンシアの選手を中心に振り返ると、マルチェナは完全にセンターバックとして生き返りましたね。無駄なファールや露骨な演技が目に余ることもある彼ですが、さすがにそうした経験を積んでクリーンな駆け引きができるDFになってきました。昨年のインテル戦での挑発行為を反省してくれての成長だと思いたいですね。

シルバもイニエスタ同様に運動量が素晴らしいので本当にどういう使われ方をしても生きる。守備の意識も高く何度もペナルティエリア内に戻って守備してましたから、それはキケから学んだ意識とプレーで彼の可能性を広げたといってもいいんでしょうね。

話しをそらすとイニエスタ。もうスペイン代表ではすっかり中心ですが、バルセロナでもこのポジション、扱いになればバルサの危機はあっとうい間に去るのでは!?と私はずっと思ってます。

ムンド・デポルティーボやスポルト紙が1週間続けてイニエスタを一面トップで使うくらいの扱いすれば今季のバルサは復調して優勝街道まっしぐらになるのではないでしょうか…(冗談のような本気…)

レバンテ戦でメッシ、アンリ、イニエスタの3トップを目の当たりにしてからもうロニーが絶好調でもエトーが復帰するまでバルサの前線に欠かせないはイニエスタだろうな、と思ってますから。

シルバ、イニエスタのプレーでわかるようにポゼションサッカーで大切なのは前線を“硬直化”させないこと。ボールを持っているとどうしても楽をしようとして動きを入れず足下へのパス回しをすることに走りがち。すると徐々に「ボールを持たされる」状態に陥るのですが、彼ら2人は必ず動いてボールをもらうので結局前線やチームが硬直化せず、人とボールが動く躍動感あるサッカーになる。

この試合、ライカールト監督がみていたら「困るなぁ」と思いながら私は試合を観ていましたけどね…。

ビジャも持ち味の“上手さ”を披露していたのではないでしょうか。この人、本当に足下の技術があるので練習とかをみていてもたまに「ゲームメイカーやれるな」と思うんですよね。とにかくセンスがある。

1トップで完全に引いた相手の守備陣形では自分が相手の背後でスルーパスをもらうのはほぼ不可能だと理解しているので、頭を使って自分がポスト役となり背後にスペースを作る意図を持ってプレーしてました。そこをイニエスタなんかがちゃんと突くからこそビジャの動きも生きてくるんですけどね。

バレンシア勢で唯一心配なのは出場のなかったアルビオルではなくホアキン。

スペイン代表もこういうサッカーをしてくれば別にホアキンのドリブル突破やサイド攻撃が必要じゃなくなってくる。こういうチームの中でホアキンが生きるためには「オレが、オレが」のドリブル突破プレーではなく、チームのリズムに合わせてダイレクトや少ないタッチでパス&ゴーするプレー。

そうした時にホアキンはまだそれを把握して実行できるまでの戦術理解度が足りない。ベティス時代からずっと自分が主役で自分を中心とした中でサッカーをやってきた選手だと思うので、もう少し「自分を生かすためには自分を使ってもらう方法がある」と知る必要があるんでしょうね。自分1人でやれる能力は確かにありますが、使ってもらって生きることでプレーに幅が出てきます。

そういう意味ではむしろ左のリエラの方が戦術眼は高い。柔軟性があるのでドリブルでしかける局面と流れを大事にして簡単にはたく局面を理解しながらプレーできる。

案外、今のビセンテもホアキンの傾向があるのでこの2人が今の代表で活躍し定位置を確保するためにはそうした柔軟性がポイントでしょうね。そういう意味ではクーマンサッカーは彼らにとってもってこいかな、とも思いますが。

いずれにせよ、自分はこのスウェーデン戦からスペインのポゼションサッカーの進化形をみた気がするので本大会でもこの戦い方をベースにとことんまでこの特長を生かしたサッカーを志向してもらいたいです。

文句も批判も言ってきましたが、アラゴネス監督にも「おめでとう」と「ありがとう」の二言。セットプレーを大事にしてそれを得点に結びつけることができるチームは案外スペイン人監督には少ないんですよね。この監督、スローインからの攻撃練習もしたりする人ですから意外に緻密。

積みあがりつつあるものがあるのでドイツW杯のような迷采配がなければ良いところまでいけるかもしれませんね。あとは主力にけが人がないことを願いましょう。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/1063-5501b987

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。