スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

故郷に錦を飾ったシルバ 

2007年11月21日 スーペル・デポルテ紙のシルバ記事
【21日のスーペル・デポルテ紙に掲載されたシルバ関連記事】

遅ればせながら…、21日にラス・パルマスで行われたユーロ予選のスペイン対北アイルランド戦でシルバが故郷に錦を飾りました!得点こそなかったですが、良い活躍を披露していましたね。

21日の『スーペル・デポルテ』紙では2ページ丸々使ってシルバのおじいちゃん、おばあちゃんを取材。自宅訪問取材でしたよ。ちなみに、この日は全国紙の『マルカ』でも同じく自宅訪問の取材記事がありましたが、やっぱりスーペルは違う。深い!マニアック!愛情たっぷり!と3拍子揃ってました。

しかしまあ、このおじいちゃんの嬉しそうな笑顔…。

ちなみにこの祖父母はシルバパパ、フェルナンドのご両親になります。おじいちゃんはその名も「フェルナンド」。シルバパパ、シルバじいちゃん共に「フェルナンド」です。おばあちゃんは「アントニア」さん。

何でも、祖父母共にシルバの試合は生観戦しないとか…。この代表戦も「ビデオ録画して後で観る」とのこと。

理由は?とスーペルの記者が聞くと、

「もう怖くて怖くて観てられんのよ。ようさんタックルを受ける子だし、担架で運ばれでもしたらどうしようかと思ってね…。だからいつもビデオ録画して試合の結果と、孫にケガがなかったことを確認してから観ることにしてるんよ」

とおばあちゃん。

ウルウル…(涙)。「わかるなあ、その気持ち!」と言う人も多いでしょうね。

そのシルバですが、かなりのじーちゃん、ばーちゃん子だったようです。

「うちらがよくダビドを預かっていた。ママは働いていたし、あたしらが学校の送り迎えをしていた。ママが夕方迎えに来ても、『帰らない』とダダをこねることがあってねぇ…」

さて、この試合ですが当然パパ、フェルナンドも故郷に戻りスタンド観戦しております。21日、午前の練習を終えて急いで飛行機に飛び乗り息子が故郷でプレーする代表戦を観るためにラス・パルマスに帰ったそうな。

恐らく、シルバママや弟は先に帰ってくつろいでいたのではないでしょうか?

シルバは今回、フェルナンドじーちゃん、アントニアばーちゃんとじっくり会えなかったでしょうが、クリスマス休暇で戻った際にはゆっくり代表戦のネタで盛り上がって下さいまし。

そして、シルバ、じーちゃん、ばーちゃんのためにも早くバレンシアやスペイン代表にタイトルをもたらしておくれ!

Comments

おじいさま、おばあさまのお気持ちわかります。
赤の他人の私でさえふっとばされるシルバをみるとドキッとしてしまいますから。
でも彼、何気にかわし方もうまいような。(ビージャもそうですね)

お父様もご覧になれて本当によかった!
当日バレンシアの練習があったのでどうかなぁと心配していたのです。

そういえばシルバの弟もフェルナンド、ですよね?
なぜ上のシルバにフェルナンドって名前を付けなかったのかな、と以前から不思議におもっているのですが何か深ーい事情があるのかも。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/1065-7d3fdae2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。