スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガビラン、ラシンへレンタルか 

ガビランが冬の移籍市場でラシンへレンタル移籍されることが濃厚。

ここまでリーガで3試合の出場に留まり規定の5試合以内(でなければ冬の移籍市場で国内移籍できない)はクリアするものとみられている。

さて、ラシン戦でまたもや召集外になったガビランにヘタフェのアンヘル・トーレス会長が激励の電話を入れてくれたという。自らのクラブの選手ではないのにこの余裕と人間的な器の大きさ。

バレンシアの首脳陣からしたら「余計なお世話だ」なんでしょうが、ガビランからしたらやはり嬉しかったんではないでしょうか。

レンタル移籍していたヘタフェ時代には素晴らしい活躍をみせていたガビランにトーレス会長は「君の能力はわかっているから焦らず頑張りなさい。そしていつでもヘタフェに戻ってきていいから」と言ってくれたそうな。別に唾を付けるような目的ではないのは明白です。

前節のサラゴサ対ヘタフェの試合も観ましたがやっぱりヘタフェは良いサッカーしている。グラネロ、デ・ラ・レッドら今季加入の若手選手も本当に良いパフォーマンスをみせているし若手がしっかり成長するクラブ、チームですね。

ラシンのマルセリーノは中盤右サイドの補強を希望しているようですが、バレンシア戦後にバレンシアの番記者たちに質問され「ガビランのような選手が来てくれればそれは嬉しいに決まっている」と語っているそうな。

そのマルセリーノの評価、これまでも高かったけれどこのバレンシア戦での勝利もあってもう高いどころの騒ぎではない…。

昨晩、あるラジオ番組で「ユーロ本大会後のスペイン代表監督は誰がいい?」という討論でベニテスと同じく「マルセリーノ」の声が多かったです。

Comments

悔しいし哀しいし淋しい…。
けれどガビランにとっては最良の選択、幸せな事だと思います。
もっともっと大きくなってくれ!


今、はないちもんめをやったらいの一番でトーレス会長ですな。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/1067-5ff86b59

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。