スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルベルダ、カニサレスが構想外 

【更新情報】

・日本時間 19日(木)00:00更新

18日夜にトルドラ代理人がカニサレス、アルベルダを自宅に招き緊急会談。そして、同夜複数のラジオ番組に電話出演したトルドラ氏は「ルイスSDから2人が今後バレンシアのユニフォームに袖を通すことはない」と言われたことを明かした。

19日、練習場に姿を現したトルドラ氏はルイスSDと会談。クラブ側からは「両者の契約期間分の年俸は全て払う。移籍先も自由にしていい」と言われたという。現状、トルドラ氏は「両者に他クラブからオファーはない」としている。

また、19日はアルベルダ、カニサレス共に練習場に姿を現しグランドにあるジムで個別トレーニングを行っている。20日に会見を行う予定となっている。


・日本時間 18日(水)05:20更新

アルベルダ、カニサレスの代理人を務めるトルドラ氏がルイスSDと緊急会談。クラブ側が戦力外の経緯を説明した様子。ルイスSDはカニサレスに対して「契約1年を残しての自由移籍を認める(来季1年分の年俸はバレンシアが払う)」こと、アルベルダに対して「1月の移籍市場で国外クラブへのレンタル移籍」を打診したとのこと。

アルベルダに対しては早速、プレミアからニューカッスル、トッテナム、イタリアからユベントスから身分照会があった様子。


・日本時間23時25分更新

アングロには直接言い渡されていないようでした。ご心配をおかけしました。
ただ、アングロ、ビセンテが次なる構想外リストに入っているとの情報。
今後も新たな情報が入り次第、更新します。


・日本時間23時10分更新

彼ら2人に続き、アングロにも構想外が言い渡された様子です。
「チームを探せ」と監督から告げられたのがこの3人とのこと。

先程終わった会見でクーマン監督が認めていますし、「会長と相談して私が決めた」と述べておりました。



これを「クーマン革命」と言うのでしょうか?

今朝、クーマンがアルベルダ、カニサレスに構想外を言い渡しました。恐らく、この監督がバレンシアの監督である限り、彼ら2人はプレーすることがありません。そして、シーズン後に引退か移籍となるでしょう。

バルセロナ戦後のアルベルダの会見を聞いていて「ちょっとやばいかも(監督に対して)」と思っていましたが、まさか三行半を突きつけられるとは予想だにしませんでした。

ただ、自分はアルベルダの言った発言は今のチーム状態を素直に表現したまでで納得しています。賛否両論あるでしょうが、今の自分は完全に選手派。

確かにピッチでプレーし結果を出すのは選手たちなんですけどね。今、冷静に彼らの心理状況をみるととてもピッチで結果を出そうと奮起できるレベルにない。

こういう選手の切り方をしている監督が選手のモチベーションを上げれる可能性はない、とまで思います。

まあ、所属するクラブ、契約を捨てシーズン途中で移籍できる監督なのでこういう危惧はあったし、クラブも予想すべきでしたが…。

結局、会長(クラブ)がクラブとしてまともな振る舞い(地元ではこれをディテールと呼ぶ)を出来ないから現場にいる監督、選手が「人形」(買い換えられるもの)として扱われる。

彼らがそう感じてしまう時にはもうチームなんてものは存在しないんですよね…。

それが今バレンシアに起こっていることでこの決断が100%事実なら(嘘だと信じたいですが)、少なくとも当面バレンシアはチームとしての存在意義を失うことになるでしょう。

確かにチームにマンネリ化があるのは事実。

でも、彼らにはまだまだサッカーが残ってる。バレンシアに貢献出来るものが残っている。

それを引き出すのも監督、クラブの仕事。

ピッチでプレーするのが選手だからといって今の状況を選手だけに押し付けるのは悪循環でしかないと思っています。

今の問題は、クラブ、監督が選手の能力を引き出せる能力が(最低限のマナー・リスペクトすら)ないということ。

自分はしばらくクラブ、チームと距離をとるようにしたいと思います。間近で見ていられないので…。

Comments

デポルの二の舞

ビセンテもリストに入っているのですか?ありえないですね。アルベルダも
アングロも今年は代表でプレーしてい
るし。カニサレスが契約更新した時の
涙を会長は見てなかったのか?この分
じゃビジャとかもチームを出て行きそ
う。イルレタ監督が辞めた後、駄目な
監督を呼んだデポルが重なります。あ
の当時のデポルで残っているのはバレ
ロンぐらい。嫌なチームになってしま
えば実績のあるバレンシアだろうと選
手は出て行きます。せっかくスペイン
人の多い理想的な面子が揃っていたのに。ソレールの監督選びはもともとお
かしかった。ラニエリのときもそう。
今年もキケが浮いているのを見抜けな
かったし、カルボーニ問題やフィジカ
ルスタッフの問題も。トヨタ関係者が
やったほうがいいのではとさえ思えて
きます。

  • [2007/12/28 13:51]
  • URL |
  • バルデラーマ
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

派閥。。?

あの、どこかで見ましたが、バレンシアでは「3人組」呼ばれる派閥がいてその代表格の3人がアルベルダ、カニサレス、アングロでこの3人がクラブ内で監督よりも主張が強く権限を握っていたらしいですけど、この噂が本当なんでしょうか。?

悲しい・・・

00/01シーズン頃からバレンシアのファンになったものです。

今回のニュースを聞いたとき、あまりのショックでしばらく呆然でした。モウリーニョ退団以上のニュースじゃないでしょうか。

カニサレス、アルベルダ、アングーロ。彼らはバレンシアの象徴といえる選手たちだと思います。すでにチームを去ったアジャラ、アイマール、ミスタ。彼らもまた同じです。

サッカーのチームというのは、彼らのようなチームの象徴の選手たちがいて、はじめてチームとして成り立つものだと思います。レアルで言えばラウールやカシージャス。ユーベで言えばデルピエーロやブッフォン。彼らのような象徴がいてはじめてレアルはレアル、ユベントスはユベントスとして成り立つのです。それなのにバレンシアは…。こんなチーム、もうバレンシアじゃありません…。適当に選手を寄せ集めてできた集団にバレンシアという名前を付けただけじゃないか。今回の出来事で僕の心はバレンシアから離れつつあります。彼らがいるからたとえ負け続けていても好きでいられたのに…。

さようなら、バレンシア。ラコルーニャみたいに中堅クラブにはならないでね。

  • [2007/12/20 21:57]
  • URL |
  • サンチャゴ
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

えっ、ダビ完全移籍なんですか?
レンタルじゃないのですか?
絶句。。。

今後バレンシアのユニフォームに袖を通すことはない。。。この二人によくそんなことが言えますね。




はじめまして。
数年前からバレンシアというクラブをひっそりと応援し、Setsukoさんやイチローさんのブログを楽しみにしていました。
初めての書き込みの記事がこのような内容で、今はただただ悲しいです。
夏のアジャラさんの移籍の時から感じていましたが、どこまで現場を馬鹿にしたチームなのだろうと怒りが込み上げてきます。最近はバレンシアに関するニュースを見るたびに、落胆しか覚えません。クーマンが就任し戦績は悪いものの、これから回復していくかもと思っていた矢先に。。。
アルベルダはこのチームに必要不可欠な選手だと思ってきましたが、本件に関して地元のファンやメディアはどのように反応しているのでしょうか?
会長や監督の方針に賛成なのでしょうか?

最近の試合を見てて不甲斐ないと思ってましたがいつもいつも応援してました。 しかしこのようなチームの象徴的な選手に責任を押し付けるようなやりかたは納得できません。

自分としては勝っても負けてもファンであり続けると思ってましたが応援する気が無くなってしまいました。

昨日今日来た監督が、長くクラブに貢献してファンにも愛されてる選手をバッサリ切って追い出す―こんなことが許されていいのか?!!そんなクラブでいいのかバレンシア?!!
アルベルダがいないバレンシアなんて、マルディーニがいないミラン、ラウルがいないマドリーと同じじゃありませんか?!

ショッキングです・・・

今シーズン、特に最近の試合内容、成績、その他のドタバタ。
そしてその混乱の中、さらにこんな事態になるとは、言葉もありません。

たしかに、今の不振を変えるには多少のショック療法的な方法も必要なのかもしれません。
しかし、シーズン途中のいきなりの監督とフロントのこの選択はあまりにも・・・。

選手の混乱、精神的動揺、何一つプラスに作用する事が思いつきません。

そして何より、「Valencia.C.F」としてのアイデンティティーがこのまま失われてしまうようで悲しいです。

私などは、遠い異国の地でテレビやネットを眺めているだけの一ファンですが、現地の地元のファンはどんな気持ち、反応なのでしょうか・・・。

  • [2007/12/19 20:56]
  • URL |
  • pablo silva
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

まさか.....

始めまして毎日欠かさず当ブログを拝見しております。

私も今年3回メスタージャに足を運んでいますが、私も含めてアルベルダに対するバレンシアファンの間ではアルベルダはクラブの生え抜きであり象徴、バレンシア守備陣は元よりチーム全体を纏め上げる存在、ご覧になった方は解ると思いますがアルベルダが居ない試合は守備陣の不安定さや諸々の影響が出て来る事をクーマンは分かっているのでしょうか?チームは元より我々ファンにとっても必要不可欠であり、何よりも彼の人格を愛するファン達はこのソレールとクーマンの決定には断固として反対しています!!!

カニサレスは確かに歳ですが、最近調子を取り戻してきてたのに・・・。オランダから優秀なGKを取ってくるという意味なのでしょうか。
アルベルタは「レンタル」ということは、完全移籍ではないということですか?そうでないことを祈ってます。

突然の出来事に唖然としてしまいました。何故、どうしてという気持ちでいっぱいです。

なんだか会長の考えが監督に感染しているような気がします。当然今の成績を考えると改革が必要なのでしょうが、タイミングが悪すぎます。寄りによってキャプテンかつチームの精神的柱のアルベルダを切るなんてファンとして考えられません。監督に刃向かったから切るんですか!?それは監督として一番やってはいけないでしょう。選手と互いに意見交換してこそチームは成長すると思います。

まぁどんな事にでも栄枯盛衰というものがあるのでチームの成績でファンをやめることはないと思いますが、こんなチーム経営をしていればファンは離れる一方です。僕も今後は陰からひっそりと見守りたいと思います。

  • [2007/12/19 10:14]
  • URL |
  • kazushi0607
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

「鉄の結束」

こうしてリーガで上昇を維持し続けるのは
結局、バルサとレアルなんでしょうか。
この2チームも問題を抱えてはいますが、
それを補って余りある戦力を抱えています。
かつて上記2チームそしてバレンシアとともに
リーガ4強の1角だったデポルのイルレタさんが、
『我々には"鉄の結束"がある』
と語っていたことが強く印象に残っています。
それこそが戦力の差を補って余りあるものなのに。

  • [2007/12/19 07:45]
  • URL |
  • 高田ペ・ヨン・純次
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

もう言葉がでないですね・・・。まさかこんなことになってしまうなんて・・・。これでは完全にソレール独裁体制です。バレンシアのファンはこれをどう思ってるんでしょうか?一刻も早くソレールにやめてもらってクーマンとともに去ってほしいですね。

ありえない…

このニュースには驚きました。正直生え抜き選手を戦力外にするのはどうでしょうか?自分は反対です。しかもアルベルダはキャプテンですよね?それを戦力外って…他の選手が混乱するでしょうね!今は戦力外ではなく現在のメンバーで戦ってシーズン終了後変えるのが普通だと思いますが…結局自分が就任してから結果出ないから選手に責任を押しつけてるようにしか見えません。会長も会長で生え抜き選手もっと大事にしろって感じです。
バレンシアはスペイン人化していてとても良いチーム構成だったのに無能監督のせいで崩壊のようですね。シーズン終了後シルバ、ビジャが移籍しても不思議じゃないですね。

  • [2007/12/19 05:26]
  • URL |
  • ランプス
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

怪我人が多いとかは別問題かと思うのですが、
3人も戦力外にして誰を起用していくのでしょうか。
Valenciaが解体していくようで悲しいです...


マンネリは

確かにあったと思います。そして私自身はそれを前監督であるキケさんがチームにもたらしたと考えています。

例えば、昨シーズンのパフォーマンスで言えば今季開幕時点ではボランチはアルベルダよりマルチェナにレギュラーを与えるべきだったと思うし、レギュラーと控えという立場を固定しすぎていたことがレギュラー陣のマンネリと控え陣の不満を生み出していたと思っています。

アルベルダやバラハ、カニサレス、アングーロらにはバレンシアで引退して欲しいと今でも思っていますが、その反面夏の時点でチームの強さを保つにはキケさんおよび数人のベテラン選手は切るべきだろうとは思っていました。

クーマンさんがやってることは監督としておかしいことではありませんし、実際キケさんにしてもルフェテやミスタ、デルオルノらに同じように戦力外を突きつけてきているわけですから(彼らに対する扱いだってマナーがあったと言えるでしょうか?)。

ただ今回はタイミングが悪すぎます。どうみても最近の不甲斐ない成績を彼らベテランになすりつけ責任転嫁しているからです。彼らを不振のスケープゴートにして自身の保身を図るような監督はフロントどうこう以前に人間として最低だと思います。

わけわからないです・・・。
もしこれでヒルデブラントが出られるようになっても、ファンとして素直に喜べません。
クーマンは結局、自分のイエスマンしか必要としていないんでしょうか。
ここまで選手の扱いがひどい監督は見たことありません。

一郎さん、
あまりのことに言葉がありませんでした。
この監督、そしてこの監督の言うことをあっさり認めるSD、会長。。。情けなくて情けなくて。

メスタージャのファンはこれを認めるのでしょうか。自分たちのチームの魂ともいえるような選手を切られて納得するのでしょうか。
あのプレシーズンのプレゼンで一番声援の大きいアルベルダをこんな形でチームから追い出すなんてことをされて平気なんでしょうか!?

もしそうなら完璧に私はバレンシアを応援する気になれません。
私にとってキケ、アルベルダに変わるものは今のバレンシアにはありません。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/1083-ad32f14a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。