スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルベルダが泣いている… 

今会見を行っているアルベルダが泣いている…。

「『バレンシアから捨てられた』と両親に伝えた時が人生で一番辛いものだったのでは?あなたもあなたの両親も全てあなたの家族はバレンシアニスタなのだから…」

という質問でアルベルダが泣いた…。

人生ってこんなに残酷なものでいいのだろうか…。




この質問をしたのは『Las Provincias』のルイス。一貫してアルベルダ、キケといったバレンシアニスタを擁護する記事を書いてる記者。だからここ最近はソレール体制に批判的な記事を書いてきた。

当然、アルベルダの結婚式にも呼ばれていた。アルベルダのことは小さい頃から知っている。バレンシアのためにどれだけのことをしてきたかしっかり見てきているベテラン記者だ。

ルイス、何でこんな質問するんだよ!涙を誘うに決まってるだろ!

そんなルイスも今頃泣いてるんじゃないかとちょっと心配だ…。




今のマルカHPのトップにその映像が出ています。

http://www.marca.com/

El Mundo紙の動画(マルカ紙トップと同じ映像)




アルベルダとカニサレスの会見の内容についてここで触れたいですが、今日ばかりはそのパワーも残っていないので…。

日本!ワールドサッカーのコラムでこの出来事、会見について少し触れています。クラシコ前でクラシコ展望を書こうと準備していたんですけどね…。会見を聞いていると駄目でした。

原稿書きながら泣くなんて情けないライターですが、アルベルダの涙を見て泣けなくなる時、怒れなくなったらおしまいかな、とも思います。

自分もまだ諦めていません。彼の涙がバレンシアを救うきっかけになると信じています。

No te llores, Capi!! Lucharemos contigo hasta la muerte!!

Comments

ほんとうに残念でなりません。このクラブは選手を人として扱っていない気がします。完全に代えの利くものとしか思ってないんではないかと。。。。正直今のチームが勝ってもうれしくないですが、まだ僕はあきらめていません。小沢さんのコメントにもあったようにアルベルダの涙が奇跡を起こしてくれるんじゃないかと僕は信じています。向こうのファンの胸にはアルベルダの涙、声が響かないのでしょうか?少なくとも僕の胸にはしっかりと響いています。奇跡を信じましょう。

はじめまして

今回のような事になってほんとに残念です。
今のフロント陣のままではこの先バレンシアを見てられなくなるでしょう。
一刻も早くソレールを追い出さないと・・・
年明けのメスタージャで地元のファンがなにかやってくれる事を期待します。

なぜバレンシアはこんなことになってしまったのか…全く信じられない。
カニサレス、アルベルダ、アングロ。
みな「今」のバレンシアを作ってきた選手たち。栄光も挫折もチームとともにしてきた選手たち。
なぜこんなことが起こってしまうのだろう?

アルベルダの涙はあまりにつらい。
ファンには痛みすら感じさせる。
今起こっていることは全て悪い夢なんだと、現実ではないのだと、そう言ってほしい。

こんにちは。初めて書き込みをします。00からずっとバレンシアファンしてます。
本当に強くなって、いつも魅了してくれたチームが、今崩壊に向かっている状態を自分は本当に見れません。
ソレールの動向が本当に嫌いで、ついにここまでしてしまったかと。。。
アルベルダ、カニサレス、アングロ!
今はいないけど、アイマール、ミスタ、そして、今残るシルバ、ビジャたくさんいい選手が自分を魅了してくれてありがとう!

ずっとブログを拝見してきましたが、はじめて書き込みします。
今回ばかりは書き込まずにはいられませんし、我々のようなファンが届く届かないに関わらず声をあげるべきだと思ったからです。

今回の件で「気持がバレンシアから離れてしまう。」というファンのご意見が多いようです。
個人のお考えは尊重しますが、ここでファンの気持が離れてしまっては、バレンシアは本当に駄目になってしまうかも知れません。
私はクーペル時代からのファンですが、バレンシアが試合に勝てば喜び、不甲斐ない試合をすれば怒り、クラブに貢献してくれた選手が去れば悲しみ、心底バレンシアというクラブを楽しんで来ました。
私は決してバレンシアを見捨てません。いや、見捨てることなど考えもつきません。
クラブはファンのものです。
ファンの声がひとつになって、バレンシアを救うことを心から願うばかりです。
いや必ずできると信じています。

  • [2007/12/21 12:35]
  • URL |
  • 名前記入無し 
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

チームのために誰よりも走り、キャプテンとしてチームを鼓舞し、数多の巨額のオファーを固辞し続けた男に対する評価が、これか。
つらすぎる。。

もう

チームに貢献してくれた監督、選手達を次々とこのような形で放出するこのフロント陣がいる限り、
チームがこの荒療治(療治なのか疑問ですが)で調子を取り戻したとしても、
今まで通りに応援することはできません。

大好きな選手たちをそっと見守るだけにしようと思います。


・・・でもまだあきらめられない!!!あきらめたくない!!!

  • [2007/12/21 09:35]
  • URL |
  • みぐるみ
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

一郎さん、
私もダビのファンと胃sて
「なぜこんな質問するんだ!ダビは泣くに決まっているのに。」
と思ったんです。
でもルイスさんがダビを昔からご存知の方で、彼の悔しさ、無念さを誰よりもわかっているのだと知ってなんとなく彼がこの質問をした意味が理解できました。
きっとルイスさん自身もバレンシアニスタなんですよね。彼もバレンシアをずっと見て来てこの日ほど、この会見ほど辛いものはいままでなかったんじゃないでしょうか。

ルイスさんは
「アルベルダ、我慢しなくていい。
 悔しいなら悔しいと、悲しいなら悲しいと言えばいい。
 涙が出るほど悔しい気持ちを正直に話せばいい」
って思っていたのではないでしょうか。
そして今、腐ったバレンシアをもしかえることができるならそれはダビのこの姿、この涙をみたファンの力だけだと思っていたのではないでしょうか。

バレンシアファンとして本当に情けない思いでいっぱいでしたがきっと地元のファンは立ち上がってくれる、自分たちのカピタンたちを守ってくれると信じています。
それがバレンシアという彼等が愛するクラブを守ることにつながるのですから。


選手たちに言ってあげたいです…
「バレンシアから逃げて」と。

①選手補強(ビジャ・モリエンテス・ホアキンなど)
②若手育成(アルビオル・シルバ・ガビランらのレンタルバック)
③主力と契約延長(アルベルダ・バラハ・アングロ・シルバ)
④新スタジアムの建設
上記事例からソレールは功績の大きい会長だと思っていました。けどそれは表面上の事で、裏があったとは気がつきませんでした。自分は勉強不足でした。アルベルダ・カニサレス・アングロが戦力外通告を受ける前とはいえ、先日ソレールを支持する書き込みをしてしまい、本当に情けなく恥ずかしい限りです。大いに反省する次第です。申し訳ありませんでした。

もう駄目ですね。

ファンが一番愛情を注いでいるアルベルダが【こんな理由】で泣いてるなんて。

自分はリバプールファンなのですが、ジェラードが同じ処遇をされるなら、狂ってしまうと思います。

ビジャも彼自身をもっと大切にしてくれるクラブに移籍してほしいです。

シルバについても…こんなことで彼の輝かしい未来を犠牲にしてほしくない。

リーガではバレンシアファンでしたが、、

ソレールがいる限り好きにはなれません。

【バレンシアフットボールクラブ】は好きだけですけど。

ソレールは大嫌い。

[絵文字:v-63]涙がとまりません… 悔しい非常に悔しいです。

悔しいです。
冬休みにスペインに行って、バレンシアの試合みに行こうと思ってたんですけどアルベルダの大大ファンの私にはショックが大きく立ち直れません。
人生の楽しみが1つ減りました…
アルベルダ……

こんにちは&はじめまして

こんなときに1番声を上げなければならないのはファンでしょう
私も中学から8年間バレンシアのファンですが、声も出ない状態ですね
orangeさんも言ってますが、バレンシアは崩壊した、無くなった
チームが低迷しようと応援できますが、今回はもう無理ですね
個人的にモリエンテス大好きですが、さっさと移籍して欲しいなぁ

  • [2007/12/21 00:54]
  • URL |
  • snowfullmoon
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

そうですね。メスタージャのみなさんに期待しましょう。
キケにブーイングしてた時は、なんだこんちくしょうども、と思ってましたが今はあなたたちにかかってます。
バレンシアが負けたらハンカチでもなんでも振っちゃってください。
あなたたちのカピタンを助けてください。

はじめてバレンシアの敗戦(=ソレール、クーマンのトンズラ)を祈ります。

これだけひどい仕打ちを受けながら彼等は会長、監督に対して不満の一言も出さなかったのですね。

一番ファンに愛され一番チームに必要な存在なのに…。

涙が決して無駄になりません様に。

ラジオは聞き逃してしまいましたがTVEの映像でみました。
泣いてました、ダビが。


ダビの涙がバレンシアのファンを動かしてくれる。
あの涙を見たファンはきっと何かしてくれる。
そう信じたいです。

もうぐしゃぐしゃで何も見えない。
もうバレンシアは存在しない。自分の中に存在しない。
チームを愛して愛して愛し続けて闘い続けた選手を地獄に突き落とすようなクラブは消えてしまえ!!
バイバイ

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/1086-fd6c811d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。