スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アングロ「誰も電話をかけてこなかった」 

体調を崩して40度の熱があったアングロ。アルベルダ、カニサレスが戦力外通告を受けた当日はその高熱によって練習場に来ることは出来なかった。

まず2人が戦力外通告を受け、マスコミからは「次はアングロ」「事実上決定しているようだ」と報道された。

そして翌日、ルイスSDから代理人に電話でその連絡が入った。

そしてアングロはこう言っている。

「自分は40度の熱を出し体調を崩していたが、クラブの誰からも体調を心配する電話すらさえなかった。ただ、(翌日)代理人には電話をかけてきた。『チームを探しなさい(戦力外だ)』と」


カニサレスは昨日の会見でこう言っている。

「先週末、(体調不良の)ソレール会長の病状を心配して電話をかけたがつながらなかった。そして数日後には戦力外通告となり未だに会長からは何の連絡もない。彼から直接話しを聞くことは難しいだろう」


アルベルダも昨日の会見でこう言っている。

「会長は勿論、首脳陣もその関係者からも誰も電話をもらわなかったし、メッセージ(メール)すらなかった。何なら今自分の携帯をここにおいてその事実を実証してもいい」

そのアルベルダはスペインサッカー協会の関係者、そして自身がバレンシアで関わってきた元会長全員から連絡を受けたことを明かした。

現会長であるソレール以外、アルベルダを選手として抱えた元会長は全員が彼を心配して電話を入れている。

本当に連絡を入れるべき、説明すべきは誰だろう?などと質問するのは愚問でしかない。

その会長は表に顔を出さず、公式には体調不良で自宅療養中とのことだ。

ただ、一部記者が既に明かしているように昨夜、自身が抱えるグループ会社の夕食会には顔を出していたようだ。アルベルダ、カニサレスに戦力外通告を出す前夜はクーマン、ルイスSDを自宅に呼びミーティングしていたようだ。

勿論、電話で「もう構想外」と言うのも失礼だが、その電話すらなく「どういう理由かわからない」と3選手に言われている現状を彼はどう思っているのだろうか…。

Comments

何かできないのか??

こんにちは。書き込みさせていただくのは2度目ですが、ほとんど「はじめまして」です。(昨シーズン、ホルヘのユニをお願いしたこともあります^^;;)
FutbolLindoというサイトの管理人をやっておりますMarioです。1998年よりバレンシアを応援し続けている「オールドファン」(今のバレンシアファンの中で言えば)です。
今回の出来事は私が見てきた中でも最悪。心を痛めるどころか、心配で夜も眠れないような状況です。
そこで、何かできることはないかと思い、スーペルのHPからメールを送ってみました。「日本のファンの声を集めたら取り上げてくれるか」と。するとCalros Boschという方から「そのメッセージを送ってくれ」と一言だけですが返事が来ました。そこで思いつく限りのネットワークを使ってメッセージを集めはじめたのですが、Setsukoさんとokkuさんから、バレサカの管理人さんが何か動こうとしていると聞きました。署名活動を考えてられるということですが、小さな活動を別個にやるより、一郎さんにまとめてもらって大きな「声」にしてもらう方がいいのかな、と思っていたところです。
しかし、一郎さんはジャーナリスト。あまり偏った立場ではいられないでしょうから、選手たちやクラブに対する具体的なメッセージや批判めいた部分などは私の方でまとめて、一郎さんの方では署名を集めてもらう、とか、少し連動して動きたいな、と思って投稿させていただきました。
お忙しいとは思いますが、お返事をいただけましたら幸いです。バレンシアをこのままにはしておけない。その思いだけで、私は動いています。
よろしくお願いします。

ゾッとする。愛していたクラブが音をたてて崩れていく。今のバレンシアを牛耳ってるのは恐ろしい独裁者のようだ。
これまで選手たちがチームのために流してきた汗は何だったのか?選手が捨てられる?誰よりチームを愛し貢献してきた選手達が?影響力のある選手(チームには必要ななず)は思い通りに操るのがやっかいだから?
やっぱりダメだ!こんな事許されていい訳がないんだ。こんな横暴を涙を呑んで受け入れるだけなんて許していい訳がないんだ!
バレンシアを返してくれ!本当にチームを愛している選手やファンに返してくれ!とても残念ですと言って諦めるなんてイヤだ。地元のファン達、立ち上がってくれ。おいら達も何かしたい。署名をしてもいい。バレンシアを返せ!カピタン達を返してくれ!奇跡を起こしてくれ!

初めてコメントさせていただきます。
バレンシア在住で、時々メスタージャに足を運んでいますが、ここ最近の出来事は本当に残念です。メスタージャに行く気も失せてしまいますが、ファンとしては選手を応援する為に、やはりこれからも足を運んだ方が良いのか迷うところです。。

それにしても、彼ら(カニサレス、アルベルダ、アングロ)を切って、バレンシアが強くなるのか、どういうロジックなのか全く理解できない。。。自分の職場のサッカーファンの間でも「あれはおかしい」という声が多いですが、バレンシアの人たちも意地を見せないといけないと思います。

  • [2007/12/23 20:47]
  • URL |
  • きんちゃん
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

情けない

酷いです、酷すぎます。
情けなくて泣けてきました。

こんなことをしていて良いクラブ運営が出来るのでしょうか?
選手たちはのびのびプレーできるのでしょうか?
チームの心はまとまるのでしょうか?

kazushi0607さんが書かれたアングロのこと、私だって、あの一言が嬉しかったことを覚えているんです。地元のファンが忘れるわけないですよね!?

アルベルダやカニサレスだって、今までの働きを考えたら、こんな扱いをされる選手たちではないはずです。

せめて一緒に戦ってきたチームメイト、ファンから彼らに温かい声をかけてあげて欲しいです。

この大騒動の最中に何気にバラハがゲーム(国王杯)復帰してますね。
それにしても狙いすましたかのような絶妙なタイミングの復帰だなあ。
3日前のホームバルサ戦を欠場した意味がわからない。
というかこれもプラン通りですか…。

自分はこの"やり方"の汚い独裁政権のうちは心から応援できませんが、バラハを中心に既存のベテラン選手のこれからに注目していこうと思います。

あと、年内最後の試合がメスタージャだったらこの卑劣な計画は先送りする予定だったのでしょうか?
ブーイングとハンカチより、地元ファンには自宅観戦していただいて、ガッラガラのメスタージャをソレールに見せつけてほしい。

  • [2007/12/22 22:39]
  • URL |
  • マイケル
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

私は受験生なので18日辺りからパソコンもテレビも絶っていたのですが、息抜きで久しぶりにバレンシアサッカーライフを見ましたが驚きました。アルベルダが戦力外通告、開いた口が塞がらないことが本当にあるとは思ってもみませんでした・・・。
こんな理不尽な事があっていいのでしょうか?余所からやってきて数年資金提供しただけの金の亡者がバレンシアの命と言っても過言ではないアルベルダやカニサレスを切ってしまうなんて。心の奥底から憤りを感じます。さらにいらいらさせるのはソレールの仮病。目の前にいたらぶん殴ってやりたい。
私はHNの通りモリエンテスが大好きでして、現役時代は彼のスパイクを履いていました。私の一番好きなチームであるバレンシアに移籍が決まった時はとても嬉しかったですね。なのに・・・。
バレンシアはこれから立ち直れるのでしょうか?それともこのまま堕ちて行くだけなのでしょうか・・・。

一郎さん、僕なら電話番号さえ知っていれば間違いなく励ましの言葉を送ります。

悲しいです。誰もチームメイトが彼等を励まさないなんて。それほど選手達も戸惑っているということなのでしょうか?

あのアーセナルからのオファーを蹴ったときのアングロの名言「俺の心がバレンシアに残れと言った」を地元ファンに思い出して欲しいです。彼がいかにバレンシアを愛しているかを。そしてそれがバレンシアファンのためであったことを。

今の地元ファンの心理状況等を伝えてもらえれば幸いです。

ガンバレ一郎さん!!ガンバレ地元ファン!!

酷すぎますね。私は、バレンシアファンではないですけど、そういう「部外者」からしてもこれはちょっと度が過ぎているように思います。

バレンシアファンは立ち上がるべきです。バレンシアファンじゃない人間でさえそう思います。フットボールファンとしてこんなことは許しちゃならないと思いますよ。

  • [2007/12/22 10:55]
  • URL |
  • 酷いですね。
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

ソレールはまともに話もできないのか…。

早く「いちばん自分が不要」ってことに気づいてほしいです。(「自分が正しい」って思ってるから気づく訳ないか…)

もう何を聞いても、何を読んでもこのクラブに幻滅して行く一方です。
このクラブには良心がないのか!
そういう職員のひとりくらいいてもいいんじゃないか?
情けなさ過ぎる。

アングロさん、ダビ、サンティにごめんなさいと私が謝りたい気分だ。

いや、それを彼に今さら言ってもせんないでしょう。
ソレールだってバカじゃない。
いくらクーマンにやらせたといっても、これだけのことを自らのクラブに起こせばファンから石を投げられることぐらい気付いてるはず。
そんな時、小心者なら当事者との接触はロックするでしょうね。
ひきょうな方法かもしれませんが、人間心理としては理解できます。
だからこそメスタージャのファンに期待しているんです。
彼が耐えられなくなるプレッシャーを与えてほしいと。
これだけのことをしたんです。一つ二つ負けて、ファンから憎悪を浴びせられればソレールもクラブにさして未練はないでしょう。
日本にも少なからず心を痛めてる人たちがいます。メッセージを送り続けています。
バレンシアでそれができないわけがないでしょう。あなたたちのカピタンのために。
二年でも三年でもかけて、しぶとくたくましいバレンシアを取り戻してください。だいじょうぶですよ。

なんてったってバレンシアなんですから。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/1087-afa5c3bb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。