スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミカエルさんのご冥福をお祈りします。 

1月31日、以前から紹介していたシュティーリケ監督の息子さんであるミカエルさんがお亡くなりになりました。心よりご冥福をお祈り致します。

元レアル・マドリーの選手ということでレアルの公式ホームページでもお悔やみの言葉が出ています。

23歳。あまりに若すぎます…。




2008年1月9日 マルカ紙に掲載されたシュティーリケ前コートジボアール代表監督の記事
【9日のマルカ紙に掲載されたシュティーリケ前コートジボアール代表監督の記事】

アフリカ選手権前となりましたが、こんなニュースをご存知ですか?

コートジボアール代表、大会直前で監督交代

2人目の息子であるミカエルさんが5日昏睡状態となりました。生き延びるためには臓器提供(肺)しかなく、その期間も「2週間以内」と言われています。

そうした状況の中、「今はサッカーは二の次」と言って監督を退任し息子を支える決心をしたシュティーリケ監督。

そんな彼とミカエルさんのためにもコートジボアール代表には頑張ってもらいたい。

妻、2人の息子、そしてあなた共に闘うことを決めた親父(シュティーリケ監督)のためにも、
「アニモ、ミカエル!!」

Comments

4位

ガーナにも敗れ4位、シュティーリケ父子に捧げる優勝、とはなりませんでしたね。
子供の死という現実に、不本意な成績に終わった責任の一端も恐らく感じているであろう彼の心境、察するに余りあります。。

  • [2008/02/10 18:47]
  • URL |
  • 高田ペ・ヨン・純次
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

ご冥福をお祈りします。

ずっと気にはなっていましたが、情報もなかなか得られず…ただ何となく、状況は厳しいのだろうなとは感じていました。23歳、僕より一回り近く下ですよ。儚い。

  • [2008/02/02 18:02]
  • URL |
  • 高田ペ・ヨン・純次
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

理由が何であれ…

何よりも初めに、御冥福をお祈りさせて頂きます。

小澤さんの以前のブログでも、余りにも哀しい『死』を知り、心が痛みました。改めて『命』の持つ、重みと『生きる』意味を考えさせられます。

『死』理由が何であれ、残された者達は、言葉に出来ない想いを叩きつけられ、逝く方々の冥福を願う事しか出来ないの… 死なないで下さい。心から、願うこと。

この声は届かないかもしれないけど、ミカエルさん、シュティーリケさんとご家族、コートジボアール代表のみなさん、頑張って下さい!

絶句しました…

選手達にはシュティーリケを励ます意味でも奮起を!
それにしてもアフリカ選手権というと、なぜか悲しいニュースがつきまとう印象を持つのは僕だけでしょうか。
思えば“ジャンルカ・トト富樫”こと富樫洋一さん、アフリカ選手権の取材先だったエジプトからの訃報を聞き、悲しみに暮れたのは、もう2年も前になりましたか…

  • [2008/01/10 21:38]
  • URL |
  • 高田ペ・ヨン・純次
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/1096-93d2b18e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。