スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼らの笑顔がまた見たい。 

やっぱり彼らには魂の抜けた、腑抜けの顔は似合わない。

ピッチの上で闘うイカツイ顔も見たいけれど、何よりまずは人間らしい笑顔が見たい。

ということで今年のチャリティー・カレンダーで久々に見た彼らの笑顔を少し紹介。

2008年バレンシア チャリティー・カレンダー3月(アルベルダ)


2008年バレンシア チャリティー・カレンダー6月(カニサレス)

2008年バレンシア チャリティー・カレンダー表紙(モリエンテス)


2008年バレンシア チャリティー・カレンダー1月(ホアキン)


2008年バレンシア チャリティー・カレンダー4月(ビジャ・アルビオル)


2008年バレンシア チャリティー・カレンダー5月(シルバ)


2008年バレンシア チャリティー・カレンダー9月(ビセンテ・ミゲル)

Comments

見るほどにむなしい

ホント、むなしいの一語に尽きます。
しかし時間は流れ、サッカー界も流れていきます。
彼らだけが時間が止まっている現状が
一日も早く終わりますように。
そのとき初めて、笑顔を取り戻せるのでしょうから。

  • [2008/01/13 18:25]
  • URL |
  • 高田ペ・ヨン・純次
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/1098-38b62856

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。