スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月15日のAS(アス)バレンシア版 

2008年1月15日 AS(アス)紙バレンシア版の一面トップ


2008年1月15日(火)のスペイン全国スポーツ紙、『AS(アス)』バレンシア版の一面トップです!

ここまで取り上げてもらえるとは思っていませんでしたが、見事に一面トップを飾りました。

2008年1月15日 AS(アス)紙バレンシア版の14、15面


14、15面で2ページに渡り抗議行動、署名活動、そして頂いたメッセージについてが詳しく説明されております。

15面の左には頂いた7名の方(名前はなし)のメッセージが抜粋で掲載されています。

紙面の詳細についてはまた後程じっくり紹介させて頂きますね。

まだ周囲が暗く(朝8時はまだ薄暗い)、良い写真も撮れなかったので再度撮影した上でご報告させて頂きます。




14面を短く紹介。

2008年1月15日 AS(アス)紙バレンシア版の14面


 ファン・ソレールは日本でまで敵に遭遇した。何十人という日本のファンが東京でバレンシア会長に抗議するため、クーマンによって下された決定に遺憾の意を表明するために抗議行動を起こした。

 アルベルダ、カニサレス、アングロの3選手はバレンシアが日本でツアーを行って以来、多くのファンを持っている。

 この抗議デモではその3選手のユニフォームが多くみられ、彼らの名前が叫ばれていた。また、それに加えて「ソレール、ディミション(辞任)」というフレーズも叫ばれていた。

2008年1月15日 AS(アス)紙バレンシア版の15面


15面の左には7人のメッセージが短く紹介されていました。

記事は以下のような内容(抜粋)。

 日本ファンの行動は抗議デモに留まらない。同時に署名活動も行われており既に150名以上がバレンシア会長や今回の決定への抗議のために署名をしている。また、戦力外となった3選手への励ましのメッセージも送られており、その主催者の1人が近くその署名をコピーしパテルナの練習場に届ける予定にしている。

 中には、「ダビ(アルベルダ)、君はこのバレンシアのシンボルであり、魂だ」「こういうやり方で選手を戦力外にするのは恥だ」「去年レアルでベッカムがそうだったようにまた戻ってきてくれ」といったメッセージもあった。

 また、多くのファンが3選手を心配し出来ればバレンシアに来て彼らのそばにいたいという気持ちを表現していた。

Comments

今月の6日にメスタージャでレバンテ戦を観戦しました。
ここのファンはおとなしいですね。不思議なことに安い席はあまり埋まっていませんでしたが、高い席は結構埋まっていました。試合中は普通に応援し、終了の笛が鳴ってからようやくブーイングが数分続きました。彼らは白いハンカチや新聞を振り、抗議していましたが、一体感は感じられませんでした。
クラブは、フットボールをビジネスとしか考えない特権意識が強い連中の手にあるということですね。試合内容も含め、本当に残念でした。

感謝

予想をはるかに大きく上回る扱いですね!(驚)
しかし「嬉しい」「やった!」というよりは(勿論それもありますが)、感謝の気持ちで一杯です。
アス紙に、ただただ“感謝”。

  • [2008/01/15 23:31]
  • URL |
  • 高田ペ・ヨン・純次
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

凄い・・・!!(--;)
イチローさん、翻訳作業その他もろもろ、本当にお疲れ様でした。こんなに早く我らの思いを伝えて下さってありがとうございました。地元のファンももう一度何かを感じてくれればいいんだけど・・・。これからですね。
オイラも今度は笑顔でお会いしたいです。

とってもうれしいです!小澤さん、ありがとうございました!私たちもバレンシアをいつも見ている、感じている、ということをスペインの方々に知って頂けたことがなによりです。本当にお疲れさまでした。

本当にお疲れ様でございました。

次は、ぜひ!ぜひ!笑顔でお会いしたいですね!!

うああッ

大変な事とはこのことですか!

うああ、これほどまでとは!!

小澤さんおつかれさまです!!

でもこっからです!!

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/1101-f82471bb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。