スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴメス、ファン・デル・ファールト、ジョー・アウベス 

地元では“明るい話題”として必死に報道してますので私もここらで来季に向けた話しを。

とりあえず、クーマンは、

GK ゴメス(PSV)

MF ファン・デル・ファールト(ハンブルガー)

を熱望していて、ラファエル・サロム副会長は

FW ジョー・アウベス(CSKAモスクワ)

を熱望。よって、この3人はよほど相手にふっかけられない限り獲りにいくでしょう。


に加えてDFの補強。

今の状況ではミゲルの放出は止むなし。つまり右サイドバックの補強は必要。また、スピード不足のエルゲラ、ビルドアップに難ありのアルビオルに代わりセンターバックも監督は欲しい。
モレッティのみの左サイドバックも当然不足中なので結局DFラインは各ポジションに1人ずつ!?

「お金がない」

という決まり文句は今や昔。欧州クラブ収益ランキングで18位のバレンシアですが、今季の補強出費は欧州3位。バルセロナ、マンUよりも出費が多いんです!「バレンシアはビッグクラブ!」であること間違いなし。(と地元では言われてますのでそのまま私も使います)

スタジアム売却による巨額の融資で羽振りはいいですから、移籍金に糸目をつけず、トップサラリーも副会長の名言通り廃止して高額オファーでビッグネーム補強にゴー。地元スーペルでは、マンUのC・ロナウドの名前もちらつくなど来季は“クラック”の獲得が待たれます。

ちなみに、存在感が薄まりつつあるルイスSDですが今の状況通り、サロム副会長がSD職的仕事を担うために技術部門スタッフの1人に格下げとなる可能性あり。ただ、本人も今のバレンシアのやり方や状況に満足していないようなので辞任の可能性も残されているとは思います。

いずれにせよ、クーマン、サロム体制で来季はいくことになるでしょう。

Comments

私も反対ですね。カンテラの良い選手をつかってほしいです。
アングロやアルベルダのような熱い気持ちを持った選手がいたからバレンシアが好きだったのですが・・・。

もう無理なんですかね。。

アルビオルまで?!

完全に“自己満”の世界に浸ってますね、彼らは。現状維持でやりくりできるだけのメンバーはそろっているはず何ですが…

確かに左SB専門はモレッティ一人じゃ可哀想ですし、モレッティに競争意欲を持たせる意味でも同程度の実力のバックアッパーは必要だと思いますが、他のポジションは…。レンタル組も含め、一体何人切り捨てられるのでしょうか↓↓

目も当てられません

  • [2008/02/17 09:42]
  • URL |
  • kazushi0607
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

拡張路線

お金がないから――
逆に事業拡大による拡張路線を続けざるを得ない、
そんな風に見えてしまいます。
ただ、その先にあるものは
一般社会でもサッカーでも同じではないでしょうか。

  • [2008/02/17 07:19]
  • URL |
  • 高田ペ・ヨン・純次
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

一郎さん、これ明るい話題じゃないですね。
私にはどん底に向けてまっしぐらって話に聞こえます。
今の体制じゃどんなにお金をかけてクラックをつれてきたって一時の夢で終わってしまいます!
そしてまた同じことを繰り返す。。。赤字は増える。。。

クラブへの思いなど微塵もない会長、副会長、監督に愛するバレンシアをあずけるなんてもういやだ!
ダビと一緒に戦う気持ちがまた強くなりました。

痛烈な皮肉ですね。
これだけ先行きの不透明な状態なら、会長や監督の未来もわかりません。
理由はそれぞれ違いますが、ソレールにもクーマンにもわたしは反対です。
この立場のわたしからすれば、今の混乱は明るい状況ですかね?

…無理のある結論ですね。

  • [2008/02/17 00:25]
  • URL |
  • 由比彰紀
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/1125-55b89aad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。