スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソレール会長が株売却へ 

この動き(あくまで動きのみですが)でわかったこと。

「本当にこの会長はチームはどうでもいいんだな」

ということ。

理由は2つ。

1.「今季最も重要な試合」と言われる国王杯バルセロナ戦前日に売却交渉を行っていること。
 (ソレールがソリアーノ氏に声をかけての交渉です。なぜあと2日、試合が終わるまで待てない?)

2.売却相手が「クーマンはすぐに解任する」と公言しているビセンテ・ソリアーノ氏であること。
 (この動きだけでどれだけ現場が動揺するかは小学生でもわかるはず)


地元でも賛否両論はありますが、自分はここまでソレールが動きを見せているのなら状況は明らかだし、すんなり売却してくれることを望みます。

ただ、実際にこのオペレーションは難しい。もう、沈没しかけている(=財政破綻している)大型船の船長を任されるようなものだから。

ソレールは株売却に伴い、

・ホアキン獲得時の移籍金(分割払いの残り分)の支払い責任引継ぎ

・メスタージャの土地売却で最初の区画として売れ残った土地(9000万ユーロ)の支払い責任引継ぎ

・Bancaja(メインバンク)からの融資に対する8000万ユーロ分の担保保証

の3つの条件を付けている模様。

つまり、「もう俺はここまでの赤字は返済できないから後は頼む」と言っているようなもの。前にも言った通り、現在バレンシアは3億ユーロ以上の赤字債務を抱えている模様。

メスタージャの土地売却資金をあてに借金、借金を繰り返してきましたが、バレンシア市内の土地が下落傾向にあり最初に売り出した区画に買い手がつかなかった。だから、ソレールが9000万ユーロで買うはめになったが、まだその15%分しかお金を入れられていない。返済できるかどうかわからない。

という現状であります。

ソレール・ファミリーとしては「もうソレール・バレンシアは火の車で経済的にもスポーツ的にもどうしようもないから株券を売るしかない」という状況。

ソレールの父親がはっきり、「買い手がいるなら売るよう息子に言った」と発言しております。

そして、ソリアーノ氏は「ソレール父から株の買い取りオファーを受けた」と認めております。


そんなわけで単なる株の買い取りだけではないから、ソリアーノはバックにビジャロンガというスペインきってのビジネスマンを連れて来た。

地元では「バレンシアで一儲けするために来やがった」と批判がありますが、いいんじゃないですか、本物のビジネスマンですから。世界を相手に成功しているビジネスマンらしいので。

サッカーチームを買ってビジネスしたいなら一番重要なのは「スポーツ部門での結果。タイトル」です。それが上手くいかなければどんなマーケティングをやっても同じ。

そのビジャロンガ氏、さすがはやり手ビジネスマンですね。今日(27日)に入って「バレンシアを買う意思などない」と声明を出しています。

そりゃそうでしょう。「買いたい」なんて言ったら株券も高くなるし、余計な条件もたくさん付けられる。足下を見れる状況なのはビジャロンガ氏の方です。ソレールはもう「売るしかない」ような苦しい立場なので、本物のビジネスマンなら昨日の交渉で出されたような条件を撤回させる、或いは株券の価格を下げさせるために「興味ないよ」というのが普通でしょう。

ソレール側が譲歩しなければ実際に買ってくれないでしょう。ビジャロンガ氏にとっては別に買わないなら買わないでいい。別のクラブに興味を持てばいいだけですから。

今のソレール・バレンシアの運営では新スタジアムの工事が中断する可能性もあるそうです。債務返済計画が立てられていないようなので…。だから、先日、新スタジアム横の土地に高層ホテルを建設する案を出した。つまり、新たな融資を受けるための口実ですね。1つはっきりしておきますが、例えば数年前に新練習場の計画が発表されました。覚えている方いらっしゃいます?

結構遠い郊外の土地を市の協力を得て譲り受け練習場建設計画を立てたものですが、今、その練習場の建設なんてこれっぽっちもないですから。いつから始まるのか?いつからその練習場を使うのか?

「誰もわからない」

というのが現状です。裏を返せば資金繰りに困っていたからそれを口実に融資を受けたまで。目先の現金が計画よりも大切だったということ。今後、色々とその件でも問題が出てくるでしょう。

こうした背後には政治もしっかり絡んでいて、市側がバレンシアに協力しています。まあ、バレンシアのソシオの票というのは大きな%を占めるのでレバンテやバレンシアにあるどのスポーツチームよりバレンシアに肩入れしますよね。

これ以上ややこしい話しはやめておきますが、もうソレールの独裁運営ではクラブの行く末は見えています。

とはいえ、再建するのは相当難しい。なんせ、クラブにはプロフェッショナルな人間がほとんど残っていませんから。

お金も失ってきたけれど、それ以上に人財を失ってきたバレンシア。

でも、ここで彼が会長職、筆頭株主を退かないとチームが云々とか来季CLに出れるとか出れないとかじゃなく、本当にレバンテと同じ悲劇が起こってしまいそうです。

自分は3選手の戦力外通告以降、バレンシアに対する思考や思い入れの一部をストップしています。

この現状でとても「まあ、サッカーをやるのは選手、監督なので」なんて言えない。結局、ソレールはクーマンさえも裏切っている現状ですから…。

バルセロナ戦当日の今日午前、複数の代理人が慌ててバルセロナにいるラファエル・サロム副会長の下に駆けつけたそうです。

「うちの選手はどうなるんだ?ソレールは続けるのか?ソリアーノが来るのか?」

バレンシアの番記者には昨日、選手から携帯メールが頻繁に届いたようです。

「何が起こっているんだ?どうなるんだ?」

といった類の質問メールが。勿論、ある選手は「明日(27日)大事な試合を戦うっていうのに、コーニョ!」と怒っていたそうな。

正直、自分もソリアーノ、ビジャロンガ体制のバレンシアがどうなるのかわかりません。ただ、こうした状況下で残された選択肢が1つしかないのも事実でしょう。

今後数日以内に再び株売却に向けた交渉が行われると思うのでまたその動きがあればお伝えしたいと思っています。

Comments

なんにしても

虚しさだけが残りますね。
良い方向に動いたとしても…僕自身、もうバレンシアに気持ちが戻ることはないでしょうし、そのつもりもさらさらないですが(たとえソレールが辞めても、小澤さんを恫喝するオフィシャルカメラマンが辞めても)、もはやあの時のような“アツさ”を持つことを、自分自身想像すら出来ないのが、淋しくもあります。

  • [2008/02/29 07:31]
  • URL |
  • 高田ペ・ヨン・純次
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

これはどういうこと?ソレールさんが辞めたらクラブ財政はヤバくなって、そのままクラブに存在してたら財政は何とかなるがクラブ内部が崩壊する、ということですか?
僕はソレールさんが辞めて悪徳スタッフ全員辞めたらそれでいい。クラブ内に平穏が訪れるならそれでいい。名前だけのチームなんて応援できないし好きになれん。実際、例の戦力外から試合見てないし、見る気も起こらん。どうせこのまま続けばいずれ内部崩壊するだけだしこれ以上成長は望めない。今期みたいに良い選手そろってても勝てない。だからチームに平穏が訪れるなら2部だろうが2部Bだろうが我慢できる。

  • [2008/02/28 14:53]
  • URL |
  • ハルちゃん
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

とにもかくにも
早く選手がサッカーだけに打ち込める環境になって欲しいです。

私も同じですね

久しぶりにコメントさせていただきます。

>自分は3選手の戦力外通告以降、バレンシアに対する思考や思い入れの一部をストップしています。
私は、キケ監督の解雇がプラスですね。
正直、解任後、試合を一切見ておりません。勝敗ぐらいはネットでみておりますが、現在の順位やスタメン、フォーメーションさえもチンプンカンプンです。

最近は、BSでプレミアの放送が始まったので、もっぱらプレミアばっかり(苦笑)。アーセナルのサッカーが楽しくてしょうがないですよ。

会長が変われば、今年も観に行ってみたい気持ちが沸くかもしれないです。

ソレール体制崩壊による影響は?

有り得ないです。ソレールは、いわゆる巷で人気の‘空気を読めない’人ですね。現場の。バルサ戦ですよ!!バルサ戦!!サッカーちょっと知ってる人ならどれだけ選手にとって重要な試合かわかろうというものですが…。まぁこれに伴い今後ソレールの内部での悪業が浮彫りになってくるのでは?とりあえず‘膿’が出てくれてホッとしてます。問題は山積みですが。

ソレール体制崩壊と共にソレールのイエスマンも切られるのか。裁判に同影響するのか。3人の扱いに変化があるのかないのか。借金がどの程度まで影響し、レバンテのようになってしまうのか否か(まさか財政破綻で三部落ちとかないですよね?リーズみたいに)。現選手の去就への影響があるのか。
気になること盛り沢山です。

  • [2008/02/28 08:21]
  • URL |
  • kazushi0607
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

とりあえずひと息つかせてください。
やっとあの人がクラブから去るメドがついたんですから。
オフに向けて腹をくくらにゃなりません。

もっとも、選手の放出でどうなる財政ではないですね。
買い手がつかなければ破産。2部B行きでしょう、普通のクラブなら。
マドリーやバルサじゃないんだからもしかして…。

とりあえず、冬に移籍できなかったジョーには良かったねと言いたいです。
カオスに放り込まれずにすみましたからね。
自業自得かもしれないけど、バネガは気の毒に…。

  • [2008/02/28 02:47]
  • URL |
  • 由比彰紀
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/1131-d3809f63

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。