スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国王杯バルセロナ戦 

良い試合でした。あれだけ気持ちの入った選手、戦術的に意思統一のあるバレンシアをみたのはいつ以来だろう?というくらいにクオリティの高いゲームでした。

4-3-3=攻撃的

と単純な思考回路になりがちですが、このバルセロナ戦でようやくクーマンの目指す方向がはっきり出ましたね。

攻めに攻めたレクレアティーボ戦、守りに守ったバルセロナ戦と戦い方に柔軟性があることも示したように思います。

今後、相手によってゲームプランを変えることもできるでしょう。つまり、ホームで中下位チームとの対戦になれば圧倒的にボール支配をしチャンスを作って勝つ。逆にアウエーや上位との対戦では本来の堅いDFからカウンターで仕留める手段も使えるでしょう。

一皮向けたチームのキーマンとなっているのはバネガ、マタ。戦術理解度が高くシルバが癖でふらふらっと上がりスペースを空けても彼らとマドゥロがすぐにカバー。攻撃でもボールを持てるから味方からボールを集められるし、簡単には取られない。(最悪でもファールをもらえる)完全にチームの顔となりつつありますね。

まあ、1-1引き分けなので結果オーライですが、あのエトーのハンドはない。メッシは「意図してない」と言ってますが、誰がどう見ても意図的なハンドでしょうに。審判も目の前で見てましたけどね…。

第2戦も基本的にはこの第1戦のゲームプランをベースに戦うべきでしょう。ボール支配しながらあれだけパス回しで苦しむバルサを見たのは久々だたので。

前線でエトー以外に動きを付けれる選手、中盤から飛び出し、DFから放り込めるマルケスのような選手がいればまた怖いですが、スペースを与えず中盤3選手を複数でさっと囲い込む戦術は効きますね。まあ、チャンスは作られ、決定的なシュートも打たれましたけど、試合全体の流れや空気からしてそんなにやられそうな気配はありませんでしたね。(とはいえ、ティモは素晴らしかった)

最後にキャプテンマークをつけたアルビオル。

ようやく昨年、ズラタンやドログバとマッチアップしていた頃の彼が戻ってきましたね。この試合でもエトーにスピードでついていけていたし、やはりクリーンな守備ができる良い選手。フィード能力の低さは未だ課題ですが、無理なパスやドリブルはやめてとりあえずバネガなりに預けておけばよし。いずれにせよ、責任感も湧いてきたのか素晴らしいパフォーマンスでした。

さて、今日は早くもエスパニョール戦。相手は調子が悪いと言われていますし、ここで勝って再びCL圏内への希望を手にしたいですね。唯一残念なのはルフェテがけがで出れないことでしょうか。その代わり、昨日はバレンシアの地元ラジオに出まくってました。相変わらず良い人ですね、ルーフォは。

Comments

アルビオルがキャプテンマークを巻いた事は、凄く意味がある事のように思います。カンテラ出身の彼が巻いてくれて嬉しかったです。それによって、アルビオルに自信が芽生えたんじゃないでしょうか?よっしゃ!やったろ!みたいな。
僕は彼に一番必要なモノが自信だったと思うので、これからも良いパフォーマンスに期待したいです!


また書かせていただきます!
本当にこの試合は
面白かったですね!
しっかりDFラインが統率されて
パス回しで苦しむバルサ!
去年のいつぐらいだろうと思うくらい
いい状態な気がしました。
やっぱりビジャがカンプノウでやってくれたと!
感動!
でも、エトーあれハンドですよね?
やっぱり最後のロスタイム魔物がいますね!
シャビが最近あの時間帯に
決めるのが多いような気がしながら
「このペースやられちゃうの?」と見ていたので。。。
「やっぱり」とか一人でいってしまいました。。。

がんばれバレンシア!AMUNT!

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/1132-871c7511

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。