スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クーマン監督解任 

クラブの公式ホームページ上で正式に発表されました。

クーマン監督とトニ・ブルインス・スロット、バケーロの現場スタッフ3名

ルイスSDと技術部門のアントニオ・フェルナンデスの2名

合計5名の解任が発表されています。

すでにクラブからはクーマン、ルイスとの「双方合意の上での契約解除」が発表されていますから、違約金の額、支払い方法で合意に達したようですね。

詳細はまだわかりませんが、恐らくクラブが当初から意図していた来季1年分までの違約金支払いで合意したのではないでしょうか。

1000万ユーロ(約16億円)の半分くらいと予想しています。


さて、後任監督はチーム代表を務めていたボロ。

OBでありクラブの勝手も知ってる人ですから選手がプレーしやすい環境を作ってくれることでしょう。当初はペジェグリーノの入閣も噂されていましたが、彼がまだレベル3のライセンス(日本のS級)を取得していないことや、ボロを建前の監督に据えること(実権はペジェグリーノが握る)は2人に失礼だという判断もあってかボロ単独体制に決めたようです。

今はあれこれ言う時ではないし、とにかく強調しますが「オサスナ戦、共に戦おう」。

でも、残留を決めたら是非、筆頭株主さんをはじめフロントは責任を取って下さい。

影の支配者(筆頭株主)のために投資家探しをしているカルボーニも今はお手上げ状態のようですね。

「今のバレンシアを買える人間がいると思う?株を買うと同時に3億ユーロの借金がついてくる。実質的には4億ユーロ程度が必要でリターンの可能性が限りなく少ない買収だ」

こんな時期に今日から少し取材でバレンシアを離れます。久々に練習に行きたい、と思う状況なのですが…。

今日、ボロ新監督が会見で何を言うかに注目しましょう。

Comments

残ったものは

虚しさだけでしたね。。。

  • [2008/04/23 22:29]
  • URL |
  • 高田ペ・ヨン・純次
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

やっとクラブは決断しましたね。でももしビルバオに勝っていたら、引き伸ばしたのでしょうか?
新監督が選手とも親しい感じの人なのでほっとしました。有名監督よりも、今のバレンシアには選手の気持を解ってくれるタイプがいいですよね。戦力外の3人も戻す考えみたいで、よかったです。これで裁判は取り下げになるんでしょうか?
でもそうなると、レンタル組も含めて、今いる分厚い戦力をどう使っていくのか、ある意味贅沢な悩みが増えた事にもなりますよね。残りわずかですが、ビジャを引き止められるようにチームが安定するのを望みたいです。

とてつもなく深刻な状況ですね…バレンシアが立て直すことを期待してます。やっぱりサッカーといえど企業。経営がちゃんとしてなければチームもダメになってしまうんですねぇ。ビッグクラブもだてに金だけではない、と思いました!

小澤さんへ

はじめまして。muskです。更新、取材お疲れ様です。footballistaでの小澤さんの記事、拝見しています。クーマン監督解任、驚きました。国王杯優勝したのに?そのクーマンは今後どうされるのか現地新聞報道レポート、楽しみに待ちたいと思います。バルセロナの可能性はありますか?

遂に解任ですか!?
違約金を支払うことはできるんでしょうか??
とにかく残り5試合、小澤さんも書かれているようにチーム全体で共に戦ってほしいです。
そして、残留を決めてから、筆頭株主には責任を取ってもらいたいものです。

  • [2008/04/22 14:57]
  • URL |
  • ゆきもも
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/1148-40d21b55

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。