スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

U-17欧州選手権、スペイン決勝進出 

昨日行われた準決勝スペイン対オランダ。

スナイデルの弟に決められ先制されたスペインですが延長で2-1と勝利し決勝進出。決勝はフランスと対戦。

システムはチアゴをトップ下に置く4-2-3-1、スタメンは以下の通り。

GK:アレックス(バルセロナ)

DF:モントーヤ(バルセロナ)、プリード(A・マドリー)、オリオル(バルセロナ)、プラナス(バルセロナ)

MF:ケコ(A・マドリー)、シエルバ(エスパニョール)、カナレス(ラシン)、カルモナ(バルセロナ)

FW:チアゴ(バルセロナ)、ロッチーナ(バルセロナ)


バルセロナ主体のチームですが、個人的にはラシンのボランチ、カナレスが気に入りました。数年後、間違いなくリーガかプレミアのトップクラブでプレーしていることでしょう。ボランチには珍しいレフティでプレービジョンが広い。パスセンスもあって、判断力もいい。すでにビッグクラブからオファーが殺到しているそうですが、どこに行こうが順調に成長してもらいたいですね。

バレンシアからはFWセルジ1人がメンバー入りしていますが、初戦のみで昨日も出番はなかったですね。ロッチーナがいるからまあ決勝も出場はないでしょう。ロッチーナも楽しみな選手です。

ちなみに、チアゴは以前のビジャレアル対バルセロナのユースゲームで紹介した選手。

あと、90年生まれなのでこの大会には出れませんが、カマーチョ(A・マドリー)、ボージャン(バルセロナ)もほぼ同年代なんですよね。今では普通にリーガでプレーしていますが…。

改めてスペインの育成年代の競争力、個の力を持つ選手の輩出力を思い知らされますね。是非ともフランスに勝って2連覇してもらいたいものです。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/1160-89004d3b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。