スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OCNスポーツの記事の最終報告 

すでにOCNスポーツのサイトに掲載されております通り、最終的な事実確認がとれました。

お詫びと訂正の記事(OCNスポーツ)

単純なミスが重なったようです。担当者の方から私にも説明がありました。

事実確認をしてもらい、お詫びと訂正をしてもらった以上、私からはもうこの件についてコメントすることは何もありません。

皆様にはご心配をおかけしたかと思いますが、今後とも宜しくお願いします。

小澤一郎

Comments

とりあえず

オザワさん、フース・ヒディングではなくヒディンクなので、訂正してください。訂正してくれなければ、これからあなたのことをオサワと呼びますよ(苦笑)。

  • [2008/07/06 23:05]
  • URL |
  • ロシアファン
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

小澤さん本人がもうコメントすることはないって言ってんだから
もうおしまいで良くね?

書き込み失礼します。
私はブログを書いております横山と申します。

http://www.oyazisaru.com/

もし、宜しければ相互リンクしていただけないでしょうか?
検討宜しくお願いいたします。

まぁ、とりあえず、フィードどうこう言い続けてる粕谷に、スペインのサッカーは、後ろからのフィードはイングランドほど必要ないんだってことを教えてあげてください。スペインのロングフィードはあれは囮なので。それ自体が戦術のイングランドサッカーとは違うのだと。イングランド基準でものを語るなと言いたいですね。

まぁ、でも、今回アップされたのは、粕谷らしいムカつく文章でした。今回の軽率なミスもあって、ますます彼を嫌いになれました。やっぱり最低の人だなぁ。

ええっと、小澤さんのブログを大騒ぎさせたことに多少反省している由比であります。おこがましいですが。
コメント欄で知らせるのではなく、メールなり何なり方法はあったかもしれませんね。

複数のコメントにありましたが、こういうミスは起こりうるとのこと。
速報性がなにより重要なスポーツ記事ですから、そういうこともあるのでしょう。
このテのミスにも責任を負うのですから、実名商売はたいへんですね。
(もちろんミスした粕谷さんが悪いんですけど。)
信念をもって書いた記事への批判なら、それにかまえる準備もできます。
しかし予想外のミスに対するののしりはこたえるでしょうね。
あらためて実名を出すキビしさを感じています。小澤さん、いつもおつかれさま(笑)

リーガに対して粕谷さんが辛辣なのは、みなさんおっしゃるとおりです。
あとはドイツなんかもケチョンケチョンにいってますね、しょっちゅう。
このあたりはさすがに元プロレス誌編集記者なのかなと(笑)
敵を設定してさんざん挑発するやり口ですから。ま、当然きらう人も多いでしょう。

ただしバレンシアに関しては粕屋さん、けっこう肯定的なんですよね。
たしかに差し替え記事ではマルチェナを酷評してました。
そして今季のバレンシアはバッサリでした(理由はいわずともわかりますよね?)。

ですがもともとバレンシアを悪く言う人ではありません。
アジャラ、マルチェナ、バラハ、アルベルダの守備ブロックにはいつも高評価。
マルチェナなんか小澤さんより絶対ホメてます(笑) 数を見てないからかもしれませんが。
プレミアを見てる方なら「ミゲルはいいですねえ」とか「アジャラなんかユナイテッドどうでしょう」なんて粕谷さんのセリフ、一度は聞いたことあるんじゃないかなぁ?
ビセンテもかなり好きそうでしたしね。最近はとんと聞きませんけど。

わたしの知ってる粕谷さんはそんな人です。
それでは小澤さん、これからもバレンシア情報よろしくおねがいします。
…暗いハナシが多いんだろうなぁ。

こんにちは

いつも拝見させて頂いております。今回の件は災難でしたね。とりあえずの解決はなされたようで何よりです。

それにしても、個人のブログ上とは言えコメントをつけている皆さんの思い込みや私情から来る極端な意見の偏りや見ていてあまり気持ちの良いものではありません。粕谷氏や小澤氏に対する一方的且つ過剰な非難は単なる「荒らし」や「叩き」にしか写りませんし、双方に必要のない溝や傷を残すだけだと思います。
今さら話を蒸し返すのも良くないとは思いますが、真にこのような事件を残念に思い、小澤氏や粕谷氏のためを思うのなら、皆さんもう少し冷静に中立の立場でこの事件を考えてコメントをするべきだったのではないでしょうか。

  • [2008/07/06 05:57]
  • URL |
  • 匿名希望
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

信じられませんね

粕谷氏の愚行、さらには今回の始末でも小澤様への謝罪もないようなので、失笑どころか軽蔑の念を禁じ得ません。

しかし、これ以上の追及はされないとのことで、上にもあるように、小澤様の態度に感心いたしました。

今後ともご活躍ください。

今回の騒動ですが、皮肉にもそれのおかげでここの存在を知って読みまくったバレンシアサポです!
ブックマークさせていただきますので、小澤さん今後も頑張って下さい!

結局

結局、粕谷氏本人からの謝罪の電話なり連絡などは無かった、という事ですか・・・。

  • [2008/07/06 01:32]
  • URL |
  • クライフェルトッタ
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

粕谷氏のお詫びと訂正を読むと
一番の被害者でいらっしゃる小澤様への謝罪の言葉がない事により憤りを感じました。が、小澤様の度量に深さに感心させられました。

  • [2008/07/06 01:18]
  • URL |
  • ( ━@Д@)
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/1177-c7ff8052

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。