スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレンシアの給与体系 

ビジャロンガ体制になりトップサラリー制度の廃止となりそうですが、昨シーズンまでの給与体系は基本給の上限が180万ユーロ(約3億円)。それに出場給や選手ごとに設定されているインセンティブボーナスなどが付いて上乗せがあるシステム。ただ、国王杯優勝のボーナスは支給されていないはず。

アルベルダの裁判でクラブが明かした通り、実質的に300万ユーロ(約5億円)超えの選手がいるのも事実。ただ、問題はフロントの人間が毎年替わるので給与体系や評価方法が確立されていないこと。あと、ソレール体制になってからの異常なほどの「契約延長ラッシュ」も問題でしょうね。クーマン、カネイラのケースがいい例で、彼との個人的な関係で契約延長や年俸アップが行われてきているので。

ビジネス界で成功をおさめてきたビジャロンガですから、こうした制度改革にも着手してもらいたいものです。個人的にはトップサラリー制度の廃止は賛成。ビジャやシルバらが300万ユーロ以上の基本給を受け取ることは彼らの実力やパフォーマンスからすれば(欧州サッカー界では)当然のことかもしれませんし。

ちなみに、昨シーズンの選手ごとの年俸支給額は以下の通りとなっているようです。(年俸はボーナス付きの総額)

ビジャロンガ体制や彼の方針についての個人的見解は携帯サイトのコラムにまとめましたのでそちらをご覧下さい。

【300万ユーロ以上】

バラハ
アルベルダ
ホアキン
ビジャ

【200~300万ユーロ】

モリエンテス
カニサレス
マルチェナ
エルゲラ
アルビオル
シルバ
ビセンテ
エドゥ
アングロ

【100~200万ユーロ】

ヒルデブラント
アレクシス
モレッティ
カネイラ
ミゲル
アリスメンディ
ジギッチ

【100万ユーロ以下】

クーロ・トーレス(ムルシア)
モラ
マヌエル・フェルナンデス(エバートン)
ガビラン(ヘタフェ)
マドゥーロ
マタ
サニー
バネガ

※名前の入っていない選手(デル・オルノ、ダビド・ナバーロなど)はレンタル先のクラブが年俸の全額を支払っていたと思われます。

Comments

新体制について

この前、ビジャロンガCEOが解任されたと聞きました。けど具体的な情報が何も入ってきません。ものすごいバレンシアの将来が不安です。何か情報はありませんか?

…なんか一言ではとてもかたづかないゴタゴタが起きてるようですね。
とっちゃんぼうやのソレールくんは、引き方もうまくないようで。

たぶん現地にいても明日の風がどちらに吹くのかわからないとは思いますが、今後ともバレンシアの現状レポートよろしくおねがいします。

  • [2008/07/26 00:02]
  • URL |
  • 由比彰紀
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

賛成

トップサラリー制度は選手からの納得は得られにくいと思いますし、インセンティブは集団競技の中での個人欲を刺激しかねないので基本的には反対です。
ベースできちんと評価することで、個人としての満足感と、チームの一員としての責任感を与えることでしょうね。
もちろん、公平に。。。

  • [2008/07/17 22:43]
  • URL |
  • じぇらーるふぃりっぷ
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/1182-0085569f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。