スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シーズン中の監督交代に伴うフィジコ交代 

2008年12月10日 エスタディオ・デポルティーボ紙一面トップ
【12月10日のエスタディオ・デポルティーボ紙 一面トップ】

セビージャのスポーツ紙『エスタディオ・デポルティーボ』の一面トップはなかなか強烈ですね…。

「金の亡者が戻ってきた」

との大見出し。

ただ、セビージャ・ファンは案外冷静で、foroなんかを観ると「なんで、ファンデのニュースがうちのページに入ってくるんだ?」という声が多い。トッテナムで監督解任された時にも速報がforoに掲載され、「セビージャと関係ないでしょ?」という声が多かった。foroだけを比較するならバレンシアの方が罵声が多いかな。


今日の話題はこれじゃなくてフィジコ交代の話。

ファンデ・ラモス監督の就任で彼はトッテナムの時と同じようにフィジコのマルコス・アルバレスを連れてきました。トッテナムに唯一帯同したファンデの右腕ですね。

そこで、マドリーのメディアは現フィジコで医療システムの統括者であるイタリア人フィジコのディ・サルボが「次の解任候補」と噂しています。

ファンデとすれば選手のフィジカルトレーニングは信頼しているアルバレスに任せたいだろうし、残ったとしてもディ・サルボの実権はなくなり、死に体となることが簡単に予想されます。また、ファンデの左腕でもあるエスクリバーノ医師を招いて食事からサプリメントまで彼に任せる手法を採るでしょう。

シーズン中の監督交代については仕方ない面もありますが、シーズン中のフィジコや医療体制の交代は反対。白組さんのこととですが、心配ですね。

ケガ人が多発していることで確かにディ・サルボの仕事ぶりに懐疑的な目が向けられていますが、監督交代以上にシーズン中のフィジコの交代はリスクが大きい。

昨年のバレンシアもそうですが、やはりフィジカルトレーニングのメソッドはプレシーズンでしっかりプランニングされ、一貫性あるトレーニングを積まなければ最終的なシワ寄せが選手に来てしまう。

バレンシアの選手からもフィジコの交代には批判的なコメントを出していましたし。

要するに言いたいことは、「フロントには選手を第一に考えてもらいたい」ということ。

そこまで考えて監督交代しているのか?ということ。ましてや、今季のレアル・マドリーは大量のケガ人が出ているので、このテーマについては本当に慎重に専門家の意見を取り入れながら取り組む必要がある。

どうも、ミヤトビッチ、カルデロンがそこまで考えて動いているとは思えないので。

選手の体やコンディションは在籍クラブのみならず、サッカー界の宝なのでやはり彼らの体を守るような取り組みが尊重されるべきでしょう。

先週、バレンシアがバルセロナ戦を戦う前にウナイがUEFAの試合から中1日でバルセロナ戦を戦わなければいけないことに苦言を呈して、「UEFAは自分たちでこの大会の価値を下げている」と言っていました。バルサのペップも「ウナイの発言に同意する。今のサッカー界ではこうしたテーマは一番優先度が低く扱われる」と批判してました。

以前、アルベルダも「今のサッカー界では選手は単なる商品だ」なんて的を得た発言をしてましたっけ。

どんなチームであれケガ人が出ることは残念なことですし、サッカー界はそれを回避できるようなシステム、体制を作っていかなければいけません。

そういう意味で、白組の会長、フロントには慎重に考えてもらいたいですね。

Comments

ファンデ・ラモスにもセビージャファンは存外冷静ですか。
なんでしょう。出て行かれることに慣れっこなのかな?
バレンシアのそれと比べると、いい意味でドライなんですかね。

フィジコに関する小澤さんの指摘を加味しても、今季のR・マドリーはしんどそうですね。
それにしても前記事に対する84さんの痛烈なコメント。
ぐうの音もでないというか、もう笑うしかありませんでした。

ところでバレンシアとR・マドリーと言われて思いだしたのですが…。
小澤さん。2001年のメンディエタの移籍について裏話はありますか?
今となっては過去のことですから、現地にはこぼれ話のひとつもあるかと…。

わたしがこの件について知ってることといえば。

・シーズン終了後、メンディエタのR・マドリー移籍がウワサされ始めたこと。
・当時はまだ、マドリーのペレス会長が支持されていたこと(なんせジダン獲得直後)。
・バレンシアファンからは、例によってブーイングが飛んでいたらしいこと。
・騒動のさなかにバレンシアのコルテス会長が辞任し、オルティ新会長が就任したこと。
・結局マドリー行きはかなわず、メンディエタはラツィオへ売られたこと。
・そしてこの移籍が結果として、彼のキャリアを暗転させたこと。

以上です。
どうもこのときのことも、バレンシアならではの事情があったような気がしてなりません。
ミドルスブラ以後は消息もわからないメンディエタ。
いまや彼の名を知らぬサッカーファンも多いことでしょう。
あのとき彼をめぐって何が起きたのか?
知ってることがあればぜひおしえてください。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/1270-ff4b4a51

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。