スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

必見、footballista(フットボリスタ)1月14日発売号(NO.104) 

footballista(フットボリスタ) 2009.01.14発売号(NO.14)表紙
【footballista(フットボリスタ) 2009.01.14発売号(NO.14)表紙】

一時帰国した年末年始もせっせと原稿書きました。でも、楽しかったなぁ、ウナイの原稿。

明日(1月14日、一部では本日夕方)発売となるfootballista(フットボリスタ)でご確認下さい。

footballista(フットボリスタ)の定期購読、バックナンバー購入はこちらから


①今号に、ウナイ・エメリ監督(バレンシア)のインタビューが掲載されております。

バレンシアが前半から調子がよかったことで、年末年始にかけてもウナイ・エメリ監督のインタビューやコラムが日本の媒体でバンバン出てましたが、今回私が担当したインタビューはっきり言って自信ありです!

読んでもらうとわかると思いますが、彼の戦術眼やシステム論をかなり引き出せているはずです。

なぜか?

理由1:インタビュー前に関係作りをして、自分が指導畑の人間であることを理解してもらったから。

加えて、自分がいつも指導で使っている戦術ノートにバンバンイメージ図を書いて質問しました。

理由2:自分が日本人記者だから。

理由2について説明しますが、他媒体のウナイ・インタビューを拝見すると、どれも僕が知っているバレンシアの番記者でした。大体、『スーペル・デポルテ』紙の記者でしたね。

確かに自分は彼らに対して、言葉の面やインタビューの雰囲気作り(彼らの方がもっと密接に関係作りをしているから)では勝てないと思います。

ただ、スペインの番記者に決定的に欠けているのが分析力。基本的に彼らの仕事にサッカーを分析する、という項目はありません。スペインのスポーツ紙をご覧になったことがある人なら、是非、フットボリスタと見比べてもらいたいと思います。例えば、自分もマッチレビューを書きますが、試合を観ればわかるようなこと、「誰が点をとった」、「何分に点が入った」といった記述は意外に少ない。それよりも、「どうしてこのゲームがこの展開になったのか」、「何が勝ち負けを分けたのか」といった視点を持って書いています。

スペインの記者は基本的に新聞記者ですから、試合後1時間、2時間で試合のレビューを書く。当然、ビデオを使って分析もできないし、見たものをそのまま列挙して事実を伝える報道になる。そうした訓練はされているし、本当に彼らが試合のレポートを書くスピードは速い。

一方、自分の例で言うと、試合後4、5時間を頂いているため、冷静に分析したり、ビデオを使って気になったプレーを抽出・確認したりできる。速報性はないけれど、それなりに問題提起できる内容に仕上げることができます。

だから、意外にスペインの記者と話していると戦術やシステムについて知らない人が多い。もちろん、ベテラン記者でもの凄く洞察力、分析力の深い人もいますが、ごく僅か。

よって、記者会見などでの質問は戦術的なものが少ないし、監督もそういう質問がないとわかっているから記者にそうしたことを答える習慣がない。

まあ、スペインの場合、戦術を語る前に自然とサッカーのセオリーや構造を理解しているという面はあると思うのですが、戦術を語る、議論するということでは日本の方が活発な気がします。世界各国のサッカーを熱心にみて日々勉強しているのも日本人ですし。

ということで、今回初めてシステムや戦術に偏ったインタビューを担当させてもらいましたが、意外にスペイン人記者より「できるんじゃないの?」と思いました。まあ、それを判断してもらうのは読者の皆さんですが。


②現地メディアでは追求されなかった『Valencia Experience』問題

これまで散々ソレール体制を批判してきた以上、責任を持ってこの問題を追いました。現地メディアはどこもこの問題を取り上げていませんし、追求の意図もありません。

ただ、私も限界がありましたし、ある程度推測せざるを得ない部分もありました。

とはいえ、こういう悲劇(喜劇?)を繰り返さないためにも、しっかり事実を見ていくことは大切だろう、とむしろ現地(地元)メディアの方々に読んでもらいたいくらいです。

ちなみに、この問題の主役、ヘスス・ウォルステインは、今ブラジルに逃げ、のんびりビーチで豪遊生活しています。今も続く、バレンシアの財政破綻問題をここまで悪化させておきながら、自分は多額の契約解除金を持っていい生活をしているみたいです。これが、ソレール体制の真実ですから。

僕の知人に取材した内容の大筋を伝えたら、

「何で日本人記者が知っていて、スペイン人記者が知らないんだ!ありえない!」

と憤ってました。スペイン人記者も知ってる人は知ってますが、書かないだけです(笑)。


その他、バレンシアファンにはたまらないミチェルを取り上げたコラムやマッチレビュー、12月ベストイレブンなど私個人的にも盛りだくさんの内容です。(ワンマンプレーですみません)是非、お手にとってご覧下さい。

Comments

買いました!

昨日、さっそく購入しました。
エメリ監督の戦術に対する考え方、コラムのミチェル、バレンシアダービーそして、メインスポンサー問題、読み応えありました。
ミチェルはコパ・デル・レイで先発フル出場しましたね。今後の活躍が楽しみです。

ハ~イ!

買います。ぜったい、買います!
しかし、ウォルステインの現況を聞いて
ますます怒りが込み上げてきました。
まぁ、悪党というのはこういうものだという
その典型とも言えますが・・・

  • [2009/01/13 20:55]
  • URL |
  • じぇらーるふぃりっぷ
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/1278-4fbd0d34

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。