スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足元を見られるバレンシア 

代表組は各選手いいパフォーマンスをみせてくれましたが、バレンシアに戻ってくるとなかなかいい話題がない。給料未払いもピッチ内にそろそろ影響してくる頃ですし。

まずは、シルバに対するユベントスのオファー。

オファーの経緯やマスコミの使い方からしてユベントスのしたたかさがよくわかる。

ユベントス側が現時点で考えているオファーの内容は、移籍金2500万ユーロ(固定)+500万ユーロ(インセンティブ)。最高で3000万ユーロ。シルバに対しては5年契約、450万ユーロの年俸。

このオファーをIMG所属でパロップの代理人を務めるホセ・ビセンテ・セギに託して、彼を使ってバレンシアを切り崩しにかかっている。セギ代理人はバレンシアの財政状況やシルバの代理人の思惑をよく知るスペイン人代理人のため、ユベントスの人間が直接交渉をするよりまとまりやすい。

で、バレンシアの足元をよく見ているな、と思うのはユベントスのオファーの出し方。

「もし今すぐにこのオファーを飲んでくれれば、今すぐキャッシュで移籍金を支払いますよ」

と言っている。バレンシアが給料未払いになるくらいお金に困っていることにつけ込んで、現金をちらつかせている。多分、具体的に「この移籍金で選手のお給料を支払ってもいいんじゃないですか?」くらい言ってるでしょう。

だから、バレンシアにとってシルバを2500万ユーロで売るのは安いし、シルバにとってもイタリア行きは考えものなんですが、今後具体的な話し合いに発展する可能性は十分ある。

冬の移籍市場が閉まったこの段階で突然オファーを出す気配を見せている理由はこういうこと。ユベントスはシーズン終了後の夏になれば獲得合戦が激しくなり、移籍金が釣り上がることをわかっているので、今のうちにバレンシアの弱みにつけ込んでシルバを獲得しておきたい。


さて、昨日のマラガ戦。

試合前の1週間、マラガ側の会見内容をずっと聞いていたけれど、選手も監督もみんな口を揃えて、「マラガが先制したり、バレンシアがリズムの悪いサッカーをするとマラガ有利な雰囲気になる」と言っていた。

もう昨年からこれは一緒で、どうしてもメスタージャのファンはここ数年の栄光、過去と今のチームを比較してしまう。だから、ちょっと状況が悪くなるとすぐにチーム、選手にブーイング。こうなるとホームの利なんてあってないようなもの。

確かに相手はバレンシアをリスペクトしてくれて、多少引き気味、昨日のマラガも後半に追いついてからは「勝ち点1で十分いい結果」という感覚でサッカーをしていた。でも、ファンの後押しがないとなかなかチームが乗っていかない。

チームがいい時、リズムがある時にファンが後押ししてくれるのはどこでもそう。

逆に悪い時に後押ししてくれるファン、スタジアムにならないとこの先もバレンシアは厳しいかもしれません。

正直、今は「俺たちはバレンシア。バレンシアはビッグクラブだ」という感覚が足かせになっているかな。

ソリアーノ会長もファンのそうした感覚をわかっているから、簡単に「バレンシアに絶対的選手などいない。ビジャ、シルバが欲しければ違約金を支払いなさい」と言えない。セビージャのデル・ニド会長やビジャレアルのロイグ会長はこういうこと言いますからね。レアル・マドリー、バルセロナ以外のクラブはこういう方針でいいと思うのですが…。

会見でみせるウナイの顔が日増しにけわしくなっていて、余裕のなさが伝わってくる。彼の心労はよくわかるし、多分彼の心中には選手がピッチ内のことに集中できていない状況へのもどかしさがある。選手もこの状況の中よくやっていると思うし、最近の調子はよくないけれど何とかCL圏内争いには踏みとどまっている。

とにかく今は我慢の時で、ピッチ内での修正や戦術云々よりもピッチ外での問題を少し解決しないと前進しない気もします。ソリアーノ会長が一歩前進となるような具体的解決策を披露してくれることを願うしかないですね。

Comments

こんにちは。トピックと関係ないコメントですいません。
スポナビの指宿くんのインタビュー読ませて貰いました。
しっかりとした受け答えで好感が持てる青年だなと感じました。
セグンダの情報は中々伝わって来ないのでこれからもよろしくお願いします。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/1286-79d5b3c5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。