スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『世界のサッカー応援スタイル』の紹介 

『世界のサッカー応援スタイル』表紙

先ごろ発売となった、

『世界のサッカー応援スタイル』(『サッカー批評』編集部 著、編集)

にてバレンシアの応援ページを担当させてもらいました。

ヨーロッパ、中南米、アジア・アフリカと世界中のスタジアムで鳴り響くチャントをここまで網羅した本は日本はおろか、世界でも例がないのではないでしょうか。

しかも、担当ページの依頼当初から、はっきりと
「差別用語&放送禁止用語は原則掲載OK」と提示されていました。

本の冒頭「はじめに」のページの最後で、以下のように説明があります。

 なお本文中に蔑称や差別表現が出てくるが、それもまたその国の応援のリアルな部分であるため、そのまま掲載している。それらを避けて紹介しては真実を伝えることはできず、ありのままに伝えることを最優先した。



今夏、『サッカー批評』編集部の皆様とお話しする機会があったのですが、
思った通りの“熱”と“気概”を持っていらっしゃいました。

僕らライター、記者は、案外メディア・編集部のスタンスを
敏感に感じ取っています。

外部の人間も含めて全員で“モノ作り”しているメディアは、
そうでないメディアと比べて確実に面白い。

だから、僕のような外部のフリーライターでも、気概あるメディアに対しては、
「あんなことやりたい、こんなことやれるのでは」と提案したくなる。

いいとこどりをして、それを美化して、物語を作っても、煽っても、
それは一過性のブームにしかならない。
つまり、消費されて終わり。

でも、いいところも悪いところも全てひっくるめて、
書き手や編集者のフィルターを通しながら読者に訴えかける文章が存在し、
読者が自分で判断し、吸収してくメディアは相互に何かが残る。

その積み重ねが大切であり、
そんな積み重ねがもしかすると文化という形のないものに繋がっていくのかもしれない。

この先残っていく、支持されていくメディアって、
“ありのまま”を伝えようとする、
そんな気概が感じられるメディアなのかなと思います。

そうした気概を持つ『サッカー批評』編集部が作った今回の本。
見かけ同様、内容も骨太になってます。
機会があれば是非、手に取ってみて下さい。

Comments

相互リンクお願い

突然のコメント失礼致します。
失礼ながら、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://sirube-note.com/soccer/

もしよろしければ、こちらのページから相互リンク登録していただけましたら幸いです。
http://sirube-note.com/soccer/link/register/
今後ともよろしくお願い致します。
8BSwfJBD

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/1311-ff84969d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。