スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原さんの責任問題浮上は必至なのか? 

本日配信(21時予定)のメルマガ『小澤一郎の「メルマガでしか書けないサッカーの話」』の内容は、

■酷暑のSBSカップを見て

■リアルな現実を知らない内向きな人たち

のコラム2本立て。

特に、2本目のコラムは昨日行われた原博実 強化担当・技術委員長の
次期代表監督選考についての会見ネタを扱っています。

一部スポーツ紙などで原さんを糾弾するような記事が目立っていますが、
監督が決まっていない原因は本当に原さんの能力不足、協会の迷走によるものなのか?
についての持論を述べています。

若干ネタバレしますが、原さんの責任問題について質問した記者さんとか、
別の意味で「凄い!」と感心しますね。
よくぞまあ、そこまで世界のマーケットを知らないもんだな、と。

そういう人って知る気もないんでしょうが、
もう読者もサッカーファンもわかっているよね、という点についても書いています。

登録は以下から↓(当月無料です)
小澤一郎の「メルマガでしか書けないサッカーの話」

Comments

初めて、書き込みをさせて頂きます。
よろしくお願いします。

「日本に大物監督を連れてくるのは難しい」ことは分かっていたのだから、始動のタイミングや交渉のやり方の部分は、批判されてしかるべきかなと思います。

また高名な監督を招聘出来れば素晴らしいですが、国際的な知名度が無くても、しっかりと能力のある人物がリストアップされず、有名処の監督ばかりを責めているように感じ、情報や調査の部分でも物足りなさを感じます。

原さん個人の責任ではないと思いますが、原さんが現職を続投することには、やや抵抗を感じます。
原さんの能力を最大限生かせるのは、広報担当や選手のマネージメント担当だと思うのですが、どうなんでしょうか?

  • [2010/08/30 17:45]
  • URL |
  • デュース
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/1344-6489d17a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。