スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決勝後の久御山MF二上浩一のコメント 

1月10日に国立競技場で行われた第89回全国高校サッカー選手権大会の
決勝、久御山(京都府)対滝川第二(兵庫県)

結果は、3-5で滝川第二の勝利。初優勝おめでとうございます。


以下、試合後の久御山のMF二上浩一のコメント。


――試合の感想を聞かせて下さい。

 そうですね、最初の方の出足は良かったのですが、そこでちょっとした(気の)緩みで点をとられてしまって。まだいけるかなと思ったんですが、後半僕もボールをとられることが多くなってしまって3点目をとられてしまいました。その後、交代なんかで流れが変わって終盤に2点とれたのはよかったですけど、やっぱり……。

―滝川第二が開始から引いてきて激しくプレスをかけてこなかったですが、あの辺は予想していましたか?

 前の試合を見てもそんなにきていなかったので、予想通りで前の試合よりはやりやすかったです。でも、崩し切れなかったのでそこは反省しなければいけない点だと思います。

――ただ、序盤はDFラインからボールをつけてもらい、前を向いて23番(林祥太)や14番(足立拓眞)にいいパスを供給し、中盤の3人で上手くゲームを作っていたと思います。あの時間帯で先制できなかったのは痛かったですか?

 そうですね。点がとれたらもうちょっといい展開になったかなと思うのですが、後半それを続けられなかったのでその点は反省しています。

――短期間での連戦でコンディションとしては良くなかったですか?

 リフレッシュして良い状態で臨めてはいたのですが、やっぱりボールをとられてしまって流れを悪くしたかなという感じです。

――まだ2年生で来年もありますが、今後に向けての意気込みは?

 ボールを絶対にとられない選手になりたいですし、そこから、そこプラス前にいいパスを出せる選手になりたいです。

――松本監督が会見で久御山の選手は身体能力は高くないけれど、サッカーはボールゲームなのでボール扱いの上手い選手で戦っていきたいと話していました。二上君はそういうチームのスタイルに合っている選手に見えますが?

 そうですね、はい。

――久御山に入ったからこそ技術的に成長したと実感していますか?

 はい。ゲーム中心の練習で、ボールの扱いは上手くなりますし、久御山に入ってよかったなと思っています。


<了>



メルマガでも選手権コラム書いてます。

小澤一郎の「メルマガでしか書けないサッカーの話」
サンプル号

まぐスペインタビュー 小澤一郎




Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/1353-97e3342a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。