スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカー的行動様式から決断した欧州取材 

2011年03月30日配信のメルマガより抜粋

 私は3・11以降の日本は、待ったなしで『サッカー的行動様式』が求められる時代に突入したと考えている。プロ野球のセ・リーグが開幕時期をめぐり国民を敵に回しながら後手を踏む間に、素早くJリーグの延期と29日のチャリティーマッチ開催を決めた日本サッカー界には、官僚思考ではないサッカー的行動様式が備わっている。誰かに何かを決めてもらうのではない。他人の指示を待つのではない。自分で判断し、動き、行動の責任を負うこと。例え監督の指示とは異なるプレーであっても、それがチームにとって、自分にとってプラスになるのであれば自らの責任で決断する。試合に負けてから、失点してから「でも、監督の指示通りやりました」と言い訳する人間は真のフットボーラーではない。


 国としての状況としてはネガティブだが、どの道この国は思考停止や責任転嫁に結びつく官僚思考のままでは立ち行かなくなっていたはず。「まだ、大丈夫だろう」と高を括って楽観視していたら、突然目の前の危機に放り込まれてしまった。こうなってしまった以上、「行政府はどうしてくれるんですか」、「どうしたらいいのですか」と怒りを抱えて待つのではなく、一人一人が今できることを粛々とやっていくしかないだろう。


 私の場合、こういう状況になったからといって仕事が減るわけでも、仕事を失う不安を抱えるわけでもない。もちろん、サッカーをしている場合でも、サッカーを楽しめる生活でもないという人が多くなっている現状であるため、仕事の総量は減るかもしれない。このメルマガの読者も、多少は減ってしまうだろう。しかし、フリーという立場で働きながら不安や危機、リスクといったものを前にずっと戦ってきた。自慢したいわけでも、過信しているわけでもなく、そうした危機に対して対策を講じて生きているということ。それはサッカーを通じて身につけた思考であり行動様式だ。


 私にできることは、サッカーを通した仕事。国内での取材を通して被災地に向けて「がんばろう」と言う声を集めることもできるが、今この段階での自分の役割ではないと考えた。だから、昨日のチャリティーマッチの取材にも行かなかった。恐らく、今自分がすべきことは、日本国内で恐ろしい地震と原発事故を経験した人間として、日本国内の状況と日本国民の心境を踏まえた上で海外(欧州)に出ていき、取材活動を通して海外の人たちにリアルな日本の現在(いま)を伝えること。それを通して、日本の皆さんに勇気と元気を与えることだと考えている。



つづきはメルマガ本文にて

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/1371-0cc0a491

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。