スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「宇都宮徹壱さん、メルマガってぶっちゃけどうなんですか?」(上) 

2011年04月27日配信のメルマガより抜粋

宇都宮 小澤さんは育成に特化したメルマガをやっておられますが、育成というテーマはここ4~5年ぐらい非常にクローズアップされてきたと思います。これは時代の必然でもあるでしょうし、一方で紙媒体で育成専門をやっているのは『サッカークリニック』『サッカー小僧』ぐらいで、実はそう多くはないですよね。

小澤 そうですね、なかなか扱いにくい部分があります。僕はスペインに住んでいましたが、育成現場の記事が出るかというとまったく出ないんです。

――出ないんですね。

小澤 昨年の秋頃にスペインで取材したとき、A代表とU-21代表が隣同士で練習をしていて。A代表を見たあとでU-21代表を見ると、リーガでもトップレベルの選手が多いんですよ。GKのデ・ヘア(アトレティコ・マドリード)とか、バルサの選手とか、それなりに有名な選手がいる。日本でならすごく話題になるメンツなのに、記者は僕を含めて3人しかいませんでした。カメラクルーも1脚あるかないか。

――それは意外です。

小澤 結局「トップに残らないと注目してもらえない」ってことなんですね。ある意味健全なことで、「注目してもらいたいならあそこまで行け」という環境なんです。そういう意味で、育成をピックアップして、メルマガ含めたメディアに彼らをフォーカスして良いのかという気持ちはあります。

 ただ自分の書き手としてのスタンスは、「ヨーロッパに追いつけ」ではなく「追い越せ」です。いかに彼らに勝って日本サッカーが強くなり、産業として大きくなるか。僕自身そうですが、サッカーを通じてどれだけ多くの人の人生が豊かになるのか、ということを求めているので、何をやろうかと思ったときに「育成しかないな」と。

――なるほど。

小澤 なぜ「育成しかない」かというと、プロになってからでは遅い意識や習慣の部分が多々あるからです。サッカー選手という職業や人生を見たとき、日本の育成現場で行なわれていることがマイナスになっている部分もあって、彼らがサッカーを辞めたときにオール・オア・ナッシングになりかねない。月給10万や20万で食いつながないといけないプロ選手が、現にいるわけですよね。そういうところを変えていかないと、日本社会におけるサッカーの位置づけが高まらない。

 例えば中学・高校年代のサッカー少年が日頃からJリーグやA代表の試合をスタンドで見る文化ができれば、Jリーグの動員がこれほど伸び悩むことはないのでは、と思います。そのあたりを踏まえて、育成を取り組んでいるつもりです。

続きはメルマガ本文にて!

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/1376-a0695efa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。