スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拝啓、日本のスポーツ新聞さま  

2011年06月22日配信のメルマガより抜粋

 U-22日本代表の取材をするようになって、改めていろいろと日本の取材事情が見えてきた。一番強く感じることは、スポーツ新聞はあれだけ権利や人的パワーを持ちながら、大した仕事をしていないということだ。

 大きなお世話と言われるかもしれない。またこの時代、本当のサッカー好きが情報入手を目的にスポーツ新聞(※サッカー専門紙『エルゴラッソ』は除く)を購読しているとも思えない。だが、現場で肩身の狭い思いをしながら奮闘しているフリーランスの身、本当の意味で日本にサッカー文化を浸透させたいと願う人間からすると「まずいんじゃないの」と言いたくもなる。

 もちろん、スポーツ新聞の記者へのリスペクトを欠くつもりはない。私には親しい記者は全くいないが、恐らく有能な記者もいると思うので、あくまで「スポーツ新聞」という大枠での話として進めていく。

 意外に知られていない事実だと思うのでこの際、彼らの権利や取材態勢、取材現場での様子を説明しよう。まずは、サッカーの取材現場でもしっかりと「運動記者クラブ」なるものが存在する。取材会場によっては、彼ら専用のプレスルームがわざわざ用意されている。記者クラブのプレスルームではドリンク飲み放題で、一方フリーランスが入れる控え室にはそんなものがない、なんてこともある。取材申請についてもJリーグの試合などでは、紙媒体メディアは複数の人数枠が決まっているだけで、事前申請の必要はない。

 試合会場でのプレスルームが一つでフリーランスら他媒体と混合の場合でも、記者クラブに属するスポーツ新聞のようなメディアの机と椅子は用意されていることが多い。彼らの“神聖”な座席に私のような半人前のフリーランスが座ろうものなら「ここは、うちの席だ」と血相を変えて排除されることもある。取材慣れしていないフリーランスの方は気をつけた方がいい。スタンドの記者席も基本的には座席に初めから媒体名が明記されており、フリーランスは名札の付いていない席を探して座るしかない。

 代表戦のように記者席が埋まる場合はまだしも、高校選手権のような記者席がガラガラの試合で「ここ、うちの席なんですけど」と言われた時はびっくりした。思わず、「えっ、選手権の試合で、しかもこんなガラガラなのに座席決まってるんですか?」と聞き返したほど。「もちろん」とドヤ顔で返された時には、失笑するしかなかった……。

 ちなみに、スペインではリーガやCLの試合でも記者席がガラガラの場合は座席自由の早い者勝ち。バレンシアの記者席も主要媒体の座席は一応決まっているが、満席になったり見やすい前列の場所が埋まっていない限り「ここはオレの席だ」と言い出す輩はいない。だって、普通に空いているのだから。

 ただし、スペインでも代表戦などビッグゲームになれば記者席の座席指定がある。入場時に渡される首掛けのプレス証に座席が明記されていることが一般的だ。そもそも記者席が満席になる場合には、混乱をさけるため主催側の広報が座席の割り振りをしておくのが普通だ。日本はそうではないらしく、今月初めの新潟でのA代表とU-22代表の試合で会場に到着するとフリーランスの諸先輩方がせっせとスタジアムの記者席に上がり場所取りをしていた。

 最終的に記者席が満席になるようなことはなかったので、「だからフリーランスは自由席なのか」と思ったが、ある同業の方に聞くとフリーランスはいつも自由席らしい。何とも不思議というか、非効率な仕組みである。

続きはメルマガ本文にて!

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/1385-e1b2b4ae

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。