スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流経大柏高・本田監督が提案する夏のシーズンオフ導入 

2011年07月06日配信のメルマガより抜粋

(C) Ichiro Ozawa



 先週、ある媒体の連載向けに流通経済大付属柏高校の本田裕一郎監督の取材を行なってきた。今更説明するまでもないが、本田監督といえば高校サッカー界きっての名将であると同時に鬼軍曹として知られている。

 先日も、高校総体千葉県決勝で市立船橋高にPK負けした直後、17時に学校のグラウンドに戻ってから22時まで5時間に渡りPK練習をやらせたそうだ。本田監督曰く、「普通ならこれをみんな『理不尽』と呼ぶんです。でも、ここで鍛えないと次がない。このチャンスは絶対に逃しちゃいけない」とのこと。

 賛否両論あるが、スパルタ指導で徹底的に選手を鍛えあげるのが本田流の指導と呼べる。その監督から「仰天」という冠を付けてもいいほどの改革案が飛び出した。それは何かというと、日本サッカー協会主導での夏場のシーズンオフ導入だ。

「遅ればせながらなんだけど、今盛んに口にしたい、声を大にして言いたいのは、こういうスケジュールになっちゃうと現場サイドではオフを作れないということ。だから、協会主導で『この時期はサッカーはやりません』とする。協会サイドで規制をかけないと無理ですね。

 時期としては夏。7月から8月の夏休み期間は、サッカーをやっちゃいけませんと。そうするとどういうことが起きてくるかというと、指導者もさることながら、子供たちもいろんな活動、例えばスイミングだとか、山登りなどができる。子供にも、サッカー以外のことに取り組む時期がなきゃいけない」

 シーズンオフ導入という表現よりは「夏場のサッカー禁止令」という言い方の方がインパクトや強制力を持って実行できるかもしれないが、まさか本田監督からこうした提言が聞けるとは予想していなかった。さらに本田監督は、以下のように続けた。

「夏にやらなかったらガクンと落ちてしまうのではというのは、私の年代の指導者にはありますよね。『夏鍛えなきゃダメだ』という指導者が。でも、そんなの大したことない。むしろ休ませた方が元気になる。かつての指導者にとっては、365日やるのが当たり前だったんだけど、私は習志野に行って月曜日は絶対に休みにした。その頃にしては珍しくて、それがどんどん広がっていって、今では当たり前になった。

 休ませると火曜日は元気なんですよ。だから『夏休みにもやりたい』という気持ちにストップをかけて、休ませる。日本にもそういうのがあっていいんじゃないかなと。日本の7月、8月はサッカーやっていませんよと。Jリーグもストップする。そういうのを協会がやらないと手をつけられない」

続きはメルマガ本文にて!

【関連記事】
「バルサの成功は、プロセスの成功である」 イバン・パランコ氏(FCバルセロナスクール福岡校 テクニカルディレクター)インタビュー
私が会見後の囲み取材廃止、会見での質問者の公表を提案するわけ
拝啓、日本のスポーツ新聞さま
「スペインの子供たちが大人のサッカーをやる理由とは?」徳永尊信氏インタビュー(下)
「スペインの子供たちが大人のサッカーをやる理由とは?」徳永尊信氏インタビュー(上)

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/1389-dc54533b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。