スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「顔が下がった時にいかにリアクションを示せるか」本田将也監督(京都サンガF.C.∪-18)インタビュー  

2011年07月27日配信のメルマガより抜粋


(C)Ichiro Ozawa



――東京Vユースのハイプレス、圧力にやりにくそうな印象でした。

本田将也監督(以下、本田監督)「自分たちの流れの中でいかにゲームをコントロールするかという部分を大事にやってきて、全国大会、ヴェルディ相手にどれくらいできるのかというのが今日の大きなテーマでした。その中で相手の圧力というか、自分たちがボールを保持することができなかったところがこういうゲームになってきまった原因かなとは思います。

 選手たちは精神的にもまだまだ幼い部分があるので、自分たちがやろうとしていることに対して、ピッチの状態であったり、相手の圧力だったり、外的な要因に対してひ弱さが出たかなという感じがします。ヴェルディが圧力をかけてああいうサッカーをしてくるのはわかっていたんですけど、それに対して上手にボールを保持しながらゴールチャンスを作れなかったという点で納得はできなかったです」

――試合開始直後から相手のハイプレスで劣勢の展開でした。試合の入り方についてはどうご覧になっていましたか?

本田監督「立ち上がりの部分で受けて立つというか、それがゲームの中の一番の課題です。最初の10分をどのようにやるかというところは自分の中でも、チームとしても課題かなというのはあります。うまくゲームに入れていなかったのは事実としてあったと思います」

――とはいえ、プレッシャーの厳しい時は無理につなぐことなく、DFラインからロングボールを蹴っていくなど、選手が状況判断しながらやっていたのかなという印象です。

本田監督「そうですね。ゲームの序盤に関しては、チームを勢い付けるためにロングボールを敢えて入れることで前からプレッシングをかけていくこともあります」

――後半立ち上がりに東京Vユースのエース、南秀仁にとられた2点目が痛かったですか?

本田監督「その前もボールを保持できていたところで長いボールを蹴ってしまって、ボールを失っているところも正直あったので。自分たちのプレーが招いた失点でした」

――こういう結果、内容だからといって、サンガとしてやるべきこと、サッカーは変えませんよね?

本田監督「そうですね。実際、全国大会に来たから特別に新しいことをしようとか、そういうことは全くなくて。攻撃においても守備においてもコンセプトがあって、それに対してどれだけ近づいていけるか。こういう舞台、関東に来て、実際このグループに入ったことで、普段やっていないチームと試合ができるのでそういうところはすごく前向きに捉えています。相手に対してどれだけボールを保持できるか、ポゼッション率を上げていけるかというところを意識して臨んでいます」

――プレミアリーグのような長期のリーグ戦よりも、短期決戦の全国大会の方が激しさはありますか?

本田監督「一箇所集中で連続してやる大会というのは、少なくなってきています。プレミアもそうなのですが、この大会はみな強い相手だし、スケジュール的にもハード。選手たちには、よりタフさが求められます。最初に勝ち点が取れなかった場合でも、次いかに戦うかという部分でタフさが求められます。プロでやっていく上では、常に顔を上げている状態じゃないと。顔が下がった時にいかにリアクションを示せるか、この選手たちにとっても大事なことだと思います」



続きはメルマガ本文にて!

【関連記事】
5週間で「つないで勝つサッカー」を浸透させた世界基準の指導法
流経大柏高・本田監督が提案する夏のシーズンオフ導入
長友佑都の恩師が語る日本の育成 神川明彦監督(明治大)インタビュー
「バルサの成功は、プロセスの成功である」 イバン・パランコ氏(FCバルセロナスクール福岡校 テクニカルディレクター)インタビュー
私が会見後の囲み取材廃止、会見での質問者の公表を提案するわけ

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/1391-8ccaeabd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。