スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネイマールの移籍報道に見るサッカー選手への投資ビジネス  

2011年09月29日配信のメルマガより抜粋

 ブラジルをはじめとする南米の多くの国では依然として選手に「保有権(パス)」なるものが存在し、サッカー選手はビジネス的な視点から投資対象となっている。選手の保有権をエージェント会社やエージェントが買い取る保有権の制度は特にブラジル、南アフリカといった国で昔から存在し、世界最高のサッカー大国かつ選手輸出大国であるブラジルには世界中のビジネスマンを惹きつけるだけの成功例が転がっている。

 例えば今回のネイマールの移籍で巨額の利益を得たディス・ソンダ社は、オーナーであるデルシル・ソンダが経営危機に陥っていたインテルナシオナルに資金提供したことからサッカービジネスに入り込むようになった。

 2008年に40万ドルで現在放火の容疑でお騒がせとなっているブレーノの保有権を買い取ると、1カ月後にサントスはバイエルンに1000万ユーロでブレーノを売却。ディス・ソンダ社は少なくとも5億円以上の利益をあげている。現在、ディス・ソンダ社はネイマールと並び近い将来高値で欧州移籍をすると見られるブラジル代表MFのガンソの45パーセントの保有権も持っている。

 また、ブラジルにおいて選手の保有権ビジネスの先駆者として有名なトラフィック社の成功例も見ておこう。同社は2007年の年末にエンリケ・アドリアーノの80パーセントの保有権を買い取る。2008年の1月にエンリケはコリチーバからパルメイラスに移籍し、2008年夏の移籍ウィンドウでバルセロナが1000万ユーロの移籍金でエンリケを獲得することになる。

 トラフィック社はエンリケを欧州ビッグクラブのスカウトの目に留まりやすいよう、会社主導でエンリケをパルメイラスに移籍させ、実際半年後にはバルセロナへの売却を成功させている。もちろん、この移籍事例のおけるパルメイラスはトラフィック社に力を貸すパートナーで、パーセンテージは不明ながらバルセロナからの移籍金のうち少なくないパーセンテージを成功報酬として得ている。

 とはいえ、ディス・ソンダ社やトラフィック社のような会社が簡単に大金を手にしているわけではない。

続きはメルマガ本文にてどうぞ!

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/1405-22e93b6b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。