スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バルセロナの「正方形の中心に入れ込むパス」「動かない技術」 

2011年10月26日配信のメルマガより抜粋

 先週末の22日、バレンシアから日帰りでバルセロナに向かい、リーガ第9節のバルセロナ対セビージャの試合を観戦してきた。試合は周知の通り、セビージャのGKハビ・バラスの活躍で0-0の引き分け。バルセロナにとっては「勝ち点2を落とした試合」となった。

 カンプ・ノウで俯瞰的にバルサのサッカーを見られるということで、今季からグアルディオラ監督が使っている1-3-4-3のシステムがどのように機能しているのかという点、バルサのポゼッションが並のチームのそれと比べてどう違うのかという2点をチェックすべく試合に臨んだ。

 セビージャ戦でのバルセロナの布陣はGKバルデス、DFアウベス、マスチェラーノ、アビダル、MFシャビ、ケイタ、イニエスタ、チアゴ、FWアドリアーノ、ビージャ、メッシ。ケガ明けのセスクはベンチ入りしたものの先発からは外れ、ダイヤモンド型の中盤の頂点にはイニエスタが入った。

 セビージャは予想通りマヌ・デル・モラルの1トップで、彼のスピードを活かしたカウンターのみがバルセロナにとっての脅威であったため、グアルディオラは前半途中でアドリアーノを左サイドバックに下げ、システムを1-4-3-3に変更した。

 4バックとはいえ、実質的には2バックで1トップのマヌを見るシステム。安定感は3バックの比ではない。やはり3バックの時はいくらスピードのあるマスチェラーノがセンターにいるといえども、相手が1トップで来た時には1対1となるため、3バックはあまりにハイリスクだった。

 ただし、前半途中からいきなりシステム変更するバルセロナの柔軟性ある戦いぶりを見ながら、改めて現代サッカーにおいてシステムを語ることに大した意味はないことを確認した。そしてグアルディオラがあえて守備バランスの崩れる1-3-4-3に挑戦している理由は、状況に応じたシステムのカスタマイズを、選手自らの判断で行なわせたいからではないかと感じた。

 システム変更というと監督が対戦相手や戦況を見ながら指示を出して行なうものだったが、おそらく今季中にバルサは流れや局面に応じたシステムの最適化能力を身につけることになるのではないか。

 前半のうちに1-4-3-3システムに変わったバルサは、メッシを右サイドに置き、ビジャがセンターフォワードに入った。セビージャがコンパクトなラインを保ちながらバイタルエリアを連動性を持って消してきたことから、通常とは異なる前線の配置にしたのだと予想するが、目についたのはセビージャが作る2ブロックの中でできる正方形の頂点に陣取るポジショニングの巧みさだ。

続きはメルマガ本文にてどうぞ!

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/1412-e4941c19

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。