スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選手権予選から見えた、育成現場の硬直性 

2011年11月30日配信のメルマガより抜粋


(c)Ichiro Ozawa



さて試合後、0-1で敗れた流経柏高の本田監督に囲み取材の形式で話を聞いた。「もう負け慣れていますから大丈夫ですよ」と気丈な態度で話してくれていたが、本田監督は敗戦の弁をこう述べていた。

 「らしさは2回くらいしか出なかった。らしさ、というのはタンタンタンタンとつなぐシーン。それをもっと出してほしかったですけど、とにかくよく研究されて両サイドを封じられた。これが敗因ですね」。

 確かに前半にあった、簡単に蹴らずに相手陣内で素早いワンツーを決めたシーンなどではいい攻撃になっていたし、高速ワンツーを連続で決めるシーンもあった。戦力的な格差から見れば、流経柏高がつなぐ意識を高めてきっちりサッカーをしていれば7、8割ほどの確率で勝利していただろう。

 あくまで個人的な印象ではあるが、本田監督ほどの指導者、名将と呼ばれる監督といえども、未だに選手権のような一発勝負の戦いではつなぎを封印して縦に早くロングボールを入れ、守備ではとにかくセーフティーにボールを相手陣内に蹴り込む方が「勝つ可能性が高い」と信じきっている。

 昨年の選手権でも「サッカーの多様性」を口にした上で、つなぐサッカーが主流になりつつある高校サッカー界で、ゴールに直結したプレーを優先する縦に早いサッカーを選択していることの正当性を述べていた。
 
 しかし、個人的には流経柏高ほどの戦力、選手層を持ったチームがきっちりと1年をかけて「マイボールの優位性」を最大限に求めた効率的なサッカーを実践した時に、どれほどの勝率と強さを見せてくれるのだろうと、皮肉ではなく期待感を持って想像する。

(c)Ichiro Ozawa



 申し訳ないが今年の個々の力で比較すると、市立船橋高と流経柏高の戦力格差は歴然。流経柏高はU-18プレミアリーグでも安定した力と結果を出しており、宮本拓也、古波津辰希といった昨年の選手権ベスト4の主力を擁する。1部とはいえ関東プリンスの市立船橋高では、個々の集合体としても差があったように思う。結局、相手に合わせて蹴り合ってしまったことが流経柏高にとっての最大の敗因ではなかったか。

続きはメルマガ本文にてどうぞ!

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/1431-a890d131

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。