スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

李済華監督(國學院久我山)「単純に勝つ確率が高いから」 

30日に開幕した第90回全国高校サッカー選手権大会。開会式後に国立競技場で行われた開幕戦のカードは、國學院久我山(東京B)対東海大五(福岡)。
試合は、2-1で國學院久我山が勝利した。

以下、試合後のミックスにて筆者が國學院久我山の李済華監督に質問をした箇所。




――根本的なことを聞きます。こういう大舞台、一発勝負の中で久我山が開始からつなぐ理由について。例えば、開始1分で自陣ゴールキックからGKがショートでDFにつなぎました。ああいうサッカーを貫く理由は?

李監督 
単純にそちらの方が勝つ確率が高いから。それだけです。よく一発トーナメントだから「その(つながない)戦い方がある」と言うけど、それは間違いだと思いますよ。負ける時もあるけれど、ボールコントロールをした方が絶対に勝つ確率が高まるということです。

――そういうサッカーを信念として持ち始めたのはいつ頃ですか?

李監督 
私が高校時代ですから40年くらい前からかな…(笑)

――バルサに先駆けて、ですね?(笑)

李監督 
1970年のメキシコW杯でペレが活躍するのを見てからです。

――そういうサッカーを貫けば「タレント不足」と言われるような今の高校サッカー界でもきっちり勝つ確率の高いチームを作れるということでしょうか?

李監督 
その通りだとは思いますけど、うちの選手たちを一つの例にとると、渡辺夏彦とか平野佑一。彼たちはタレント性があるのか、ないのか、と。Jのスカウトが一つ特徴的な何かを持っている選手のことを何とかという言葉で表現していたのですが、夏(渡辺)とか平野、富樫といった選手は1年生で出ているので「久我山の1年生いいね」と言われるんですけど、違うチームであの子たちをスカウティングした人間は誰もいないわけですよね。華奢だし、うちのチームに来たと。

あの子たちにとっては本当にうちのチームが合ったんだと思うんですよ。勉強もサッカーもやるという。サッカーのスタイルにおいても自分たちに合ったんでしょう。そしてあの子たちが違う学校に行った時に1年生として試合に使っているかどうかもわからないですよね。うちのチームだから使ったのかもわからない。

違うチームに行ったら、「お前パワー不足だよ」とか「まだフィジカルが弱い」といって使われていないのかもしれない。うちのチームだから使われたと。だから私はタレント性で一番大切なのは、ボールコントロールと状況判断だと思ってます。

イニエスタ、シャビなんかを見ていればわかることですよね。それを高校サッカーでも貫くのか。上の人間がそれを評価できるのか。うちのチームは大したことないんでしょうけど、渡辺夏彦という選手を見て、カテゴリーの上の人間たちがどうやって評価するかは面白い問題だと私は思います。

少なくとも私にとってはすごいタレントだと。ただ、違う人間から見たら「これはタレントじゃない」と言うのかもしれない。まあ、イニエスタがJリーグにいたら最初からレギュラー獲っているかどうかわからないですよね。

――都大会決勝の後、「渡辺のような選手がアンダー代表に入ってもらえれば」というようなことを仰っていました。

李監督 
そうですよ。私は彼をタレントだと思っていますから。ただ、上の人間が彼のタレント性をどう評価しているのかはわからない。

――これからの日本サッカー界において、そういうタレントをしっかり評価していくことは重要ですよね?

李監督 
私がそういうことを言うのはおこがましいので(苦笑)

――監督の口からそういうことを聞きたいのですが(苦笑)

李監督 
そうなってほしいですね(笑)

(了)




ePub配信開始 小澤一郎メルマガ

メルマガePub2メルマガePub

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/1436-1c1eeff8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。