スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「こいつは、化けなくてはいけない」永井謙佑のルーツを探る(2/6)  

 この原稿は、小澤一郎の「メルマガでしか書けないサッカーの話」2011年11月23日配信号(通巻第69号)を全文公開したものです。

 話者は永井謙佑の恩師である福岡大学・乾眞寛監督、九州国際大学付属高の杉山公一監督、そして小澤一郎。2011年9月23日、福岡市内のカフェ・ガレリアにて行なわれた「日本の育成が世界を変える!世界から見た日本サッカーの現在(いま)」の後半部分にあたるものです。

 ロンドン五輪での活躍により、永井謙佑が一躍世界的に注目されるようになりました。しかし、決してエリートではなかった永井のキャリアはここまで様々な紆余曲折を経ています。彼の爆発的なスピードはどこで身についたのか、「特別」な存在だった彼はどう育てられたのか? じっくりご覧ください。


==========================
(1/6)を読む

■「こいつは、化けなくてはいけない」


小澤 永井は高校3年生の時に初めて選手権に出場したのですが、当時のチームではどういう位置づけだったのでしょうか? 
 
杉山 一番下手でしたね、サッカーの技術的に見たら。スタートの11人で11番目。僕はプリンスリーグで後半勝負させるために、夏の暑いときは後半によく使っていました。彼は90分走れる選手ではなかったので、最初から出しても最後までもたなかった。だったら相手がきついときに出した方がいいな、と。90分通して戦える集中力や能力はまだまだで、技術的に上手い選手はうちの中にたくさんいたので、そいつらから怒られながらサッカーをしていました。
 
小澤 本人は「高校時代、まさか自分がプロに行くとは思っていなかった」という言葉を口にしています。杉山監督は、永井の選手としての素材をどのように評価していましたか? 
 
杉山 「こいつは化ける」というのはすごく感じていたんですけど、「化けてほしい、化けなくてはいけない」という気持ちもありました。彼が進学をする際のポイントも、そこでしたね。
 
小澤 杉山監督に以前お話を聞いた時、永井に対するアドバイスがすごくオリジナルで面白いと感じた部分があります。例えば「DFラインとヨーイドンで勝負するとオフサイドになってしまうから、事前に走るな」ということだったり。
 
杉山 そうですね。「パサーとDFラインを同一視野に入れて、いい動きをする」という、日本のサッカーのコーチングがあると思うんですが、あいつはそういった指導を受けたことがなくて、そのまま走るといつもオフサイドになっていました。
 
 だから「お前はヨーイドンで走ったら勝つんだから、ボール出てから走れば追いつくだろ」と。しかしドリブルをするといつもゴールラインを割ってゴールキックになっていましたね(笑)。そこで「まっすぐ走るからだろう、横に走ってみろ」「斜めに走れ」「切り返してみろ」とか、そういう初歩的な、小学生に教えるようなことを伝えました。
 
小澤 そういう発想ができたっていうのは、監督自身の選手としての経験もあったからではないですか? 
 
杉山 そうですね。僕もしょっちゅう同じオフサイドにかかっていましたから(会場笑)。
 
乾 この間の鳥栖スタで行なわれたマレーシア戦で2点目に絡んだとき、マレーシアのDFラインから1人だけ後ろに下がっていました。きれいにオフサイドラインの上に立って、飛び出さず我慢していました。成長しましたね。あれだけスペースがない中で、しかもオフサイドラインぎりぎりのディフェンダーの見えない位置に立っていた。実に冷静な判断だったと思います。


■1人で抜けるなら、行けばいいんだ


小澤 その永井の成長のプロセスで面白いのは、乾監督が杉山監督から「こういう選手がいる」っていうことを事前に聞いた上で、「どう育てようか」というところまで考えて獲得し、入学させている点です。その辺りのお話をお聞かせください。
 
乾 謙佑が入学してきたのは、2007年です。そして僕がユニバーシアードの代表監督を務めたのが2005年なんですね。1995年の福岡大学から12年間ぐらい日本の大学生のトップの選手たちをずっと観てきて、さらに同世代の世界の選手たちとずっと試合をしてきたので、その年代で「これぐらいできる子はこの辺まで行く」というのは見えていました。
 
 例えば岩政大樹(鹿島アントラーズ)や藤本淳吾(名古屋グランパス)、伊野波雅彦(ハイデュク・スプリト/クロアチア)とか羽生直剛(FC東京)とか坪井とか。岩政なんて、本当に30メートルボールをまっすぐ蹴れなかったですから。巻(東京ヴェルディ)なんて胸トラップしたら10メートルぐらい行っていました。それで地面スレスレのボールをダイビングヘッドするじゃないですか。なので、入団の時に「利き足は頭です」って言えっていったら本当に言っていましたからね(会場笑)。
 
 そのぐらい元はヘタクソなんです。だけど、何か秀でたものがある選手は、必ず短所を補っていって最後は大成する。例えば謙佑だったら、あとは出してもらって走ればいいわけですから。僕はすでにそういった選手を10数年見て来たので、謙佑のレベルの素材だったら、4年間でこいつは日本代表になるんじゃないか、いやならなくてはいけないと。
 
 海外で、相手を「自分で抜こう」と思って抜ける選手ってそういないんです。パスサッカーをしなくてはいけないのも、個人で抜けないから。でも、個人で抜いて点が取れる選手がいれば、個人でいけばいいのです。それが出来る、日本で数少ない選手になるんじゃないか、そういう選手にしなくてはいけない、と思い描いていましたね。
 
小澤 永井の高校時代は、全くJリーグのスカウトから声がかからなかったのですか? 
 
杉山 いや、「なんでうちの学校(九国大付属)が九州大会、プリンスに出たのか」ということで、興味を示したスカウトも何人かいたんですね。だけど、やっぱりスカウトも「速いけど荒削りだし、上手くない」という風になって、正式オファーには二の足を踏むところがありました。実際、地元のチームも追っかけて見てはくれたんですけど、まあいろいろな時期でもあったので、具体的な話はなかったですね。 



<(3/6)へ続く>

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/1465-cc349c8b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。